しいたけの白い粉はカビ?見分け方は?正しい保存方法や腐って食べられない状況など紹介!

しいたけにカビが生えていたことはありますか?カビが生えても食べられるのでしょうか?今回は、〈白・黒・緑〉など、しいたけのカビの種類を見分け方とともに紹介します。腐って食べられない状態やカビを防止する保存方法・賞味期限も紹介するので、参考にしてみてくださいね。

目次

  1. しいたけにカビが生えてる…?
  2. しいたけの白い粉はカビ?見分け方は?【画像あり】
  3. しいたけの白カビは気中菌糸
  4. 緑・青・黒色はカビ
  5. しいたけが腐って食べられない状況とは?
  6. ①臭い
  7. ②見た目
  8. ③感触
  9. しいたけの正しい保存方法・賞味期限は?
  10. 常温保存はNG
  11. 冷蔵で保存する方法
  12. 冷凍保存する方法
  13. 乾燥させて保存する方法
  14. しいたけにカビが生えないよう保存しよう

しいたけにカビが生えてる…?

しいたけはまつたけ科のきのこの一種で、シイやクヌギ、カシなどの落葉広葉樹に自生しています。そんなしいたけにカビが生えると、どのような状態になるのでしょうか。しいたけのカビの見分け方について解説します。

しいたけの白い粉はカビ?見分け方は?【画像あり】

しいたけの表面に白や緑、黒色などの粉が付着していることがありますが、これらは全てカビなのでしょうか。しいたけのカビの見分け方について説明します。

しいたけの白カビは気中菌糸

出典:https://kotobano.gift/siitake-kabi-haeta/

しいたけに付いている白くてふわふわした形状のものは、気中菌糸と呼ばれるものです。気中菌糸とはしいたけを栄養として成長した菌糸のことで、しいたけの一部とも言えます。気中菌糸がついているしいたけは、口にしても害はありません。気になる人は、キッチンペーパーなどで拭い取ってから使うと良いでしょう。

緑・青・黒色はカビ

出典:http://kinokofield.blog.fc2.com/blog-entry-85.html

しいたけに付着している白い粉の中に、緑色や青、黒色の粉が混じっていることがありますが、これはカビである可能性が高いです。気中菌糸とカビの区別は、見た目や臭いなどで判別することができます。気中菌糸は綿のような形状ですが、しいたけのカビはさらさらとした粉っぽさが特徴です。

しいたけが腐って食べられない状況とは?

しいたけが腐るとどのような状態になるのでしょうか。ここからは、腐ったしいたけ特徴について解説します。

①臭い

腐ったしいたけの臭いは、以下のような特徴があります。

・酸っぱい臭い
・アンモニア臭


新鮮なしいたけはほぼ無臭ですが、腐ると独特な臭いを発生します。しいたけから酸っぱい臭いやアンモニア臭を感じたら、それは腐っているサインです。少しでもしいたけから嫌な臭いを感じたら、食べずに廃棄しましょう。

②見た目

しいたけが腐ると、見た目には以下のような変化が現れます。

・傘が濃い茶色に変色する
・傘の裏側が黒く変色する


しいたけの傘は元々薄い茶色をしていますが、日が経つにつれて次第に濃い茶色へと変色します。また、新鮮なしいたけは傘の裏部分が白色ですが、腐ると黒っぽい色に変わっていきます。傘や傘の裏の色が変わったしいたけは、口にしないように気を付けてください。

③感触

しいたけが腐っているかどうかは、触った感触でも判断することができます。

・ぬめりがある
・水っぽい


しいたけを触ってみてぬめりや水気を感じたら、それは腐っていると考えて良いでしょう。新鮮なしいたけの表面には水気がありません。実際にしいたけを手で触れて触ると、腐っているかどうかを判別しやすくなります。

(*しいたけが腐った状態について詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

しいたけが腐るとどうなる?見分け方は?臭い・色の変化や保存できる期間も紹介!
しいたけがすっぱい原因は?腐ってる?見分け方や傷みにくい保存法など紹介!

しいたけの正しい保存方法・賞味期限は?

しいたけは水分量が多いため、賞味期限が短いのが特徴です。しいたけを日持ちさせるには、どのような方法で保存したらよいのでしょうか。

常温保存はNG

スーパーなどでは、しいたけは青果コーナーの常温で陳列されているケースがほとんどですが、しいたけは常温保存には向きません。しいたけは水気や湿気に弱い性質があるため、常温で放置するとすぐにカビが生えたり腐ったりしてしまいます。

気温や湿度が低い春や秋、冬の場合は、短時間であればしいたけを常温で保存することが可能です。一方で、気温や湿度が上昇する夏の時期においては、しいたけを常温で保存しないように注意しましょう。

冷蔵で保存する方法

しいたけを冷蔵庫で保存する方法は、以下の通りです。

1、パックからしいたけを出して新聞紙やキッチンペーパーで包む
2、ビニール袋に入れて冷蔵室または野菜室で保存する


しいたけは、表面に水分がついていると腐敗の原因になるため、吸水性の高い新聞紙やキッチンペーパーで必ず包んでください。しいたけをビニール袋に入れる際は、しいたけの軸部分を上にすると傷みにくくなります。しいたけを冷蔵で保存した場合の賞味期限は、1週間程度です。

冷凍保存する方法

続いて、しいたけを冷凍保存する方法を見ていきましょう。

1、軸と共に石づきを切り落とし、食べやすい大きさに切る
2、保存用の密閉袋に入れて冷凍室で保存する


しいたけを冷凍する場合は、用途に応じて薄切りやひと口大の大きさに切ってから密閉袋に入れてください。調理の際は解凍せずそのまま使うことができ、料理の時短にもつながります。

しいたけを冷凍すると、細胞壁が壊れてアミノ酸が増えるため、調理の際に旨みや香りが引き立ち栄養価も高くなります。冷凍したしいたけの賞味期限は、およそ1か月が目安です。

(*しいたけの冷凍保存方法などについて詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

しいたけは冷凍できる!保存方法や日持ち期間は?作り置きレシピのおすすめも紹介!

乾燥させて保存する方法

しいたけを長期保存する場合は、乾燥して保存する方法がおすすめです。

1、しいたけの石づきを取り、キッチンペーパーで拭いて使いやすい大きさに切る
2、しいたけを新聞紙やザルの上に重ならないようにして広げる
3、太陽の当たる場所に置く
4、夏場は1日、冬場は数日天日干しにして完了


しいたけを新聞紙やザルに並べる際は、軸の部分を下にすることで保存期間が延ばせます。天日干しが難しい場合は、室内で窓ガラス越しに置いても同じように乾燥させることができます。乾燥させたしいたけは、乾燥材と共に密閉袋に入れ、風通しの良い冷暗所で保存してください。

しいたけを乾燥させると、旨み成分であるグアニル酸やビタミンD、葉酸などの栄養素が増加し、旨みや栄養成分が高まります。しいたけの栄養を効率よく摂取するなら、乾燥保存がおすすめです。乾燥させたしいたけの賞味期限は、1年ほどです。

(*しいたけの賞味期限について詳しく知りたい方は、こちらの記事を読んでみてください。)

しいたけの賞味期限はどれくらい?見た目でわかる?日持ちする保存法も紹介!

しいたけにカビが生えないよう保存しよう

しいたけは湿気に弱いためカビが生えやすく、傷みやすいきのこです。常温で保存すると、すぐにカビが生えたり腐ったりしてしまいます。早めにしいたけを使い切る場合は、冷蔵や冷凍で保存しましょう。乾燥させると長期間保存ができ、しいたけの旨みや栄養成分も高まります。しいたけにカビが生えないように、正しい方法で保存しましょう。

関連する記事