パンの消費期限切れはいつまでOK?3日後はNG?腐敗の見分け方や保存方法も紹介!

パンの消費期限の目安を知っていますか?今回は、パンの消費期限が切れても何日後までなら食べられるかを経過日数に口コミを参考にして紹介します。パンが腐ったらどうなるのかや日持ちする保存方法、アレンジレシピも紹介するので、参考にしてみてくださいね。

目次

  1. パンの消費期限はどのくらい?長い?
  2. パン屋さんのパンの消費期限は4日〜5日程度で短め
  3. パンの消費期限切れはいつまで食べられる?1日・2日後はNG?
  4. 消費期限・賞味期限の定義
  5. 賞味期限切れでも腐っていなければ食べられはする
  6. 腐りやすい種類のパンの消費期限切れは食べない方が良い
  7. パンの消費期限が切れて腐るとどうなる?
  8. ①匂い
  9. ②見た目
  10. ③味
  11. パンの日持ちする保存方法は?
  12. 長期間の日持ちさせたい時は冷凍保存がおすすめ
  13. 解凍方法
  14. パンの消費期限内に使い切るアレンジレシピ
  15. ①フレンチトースト
  16. ②パングラタン
  17. ③パンプディング
  18. ④肉まん
  19. ⑤ラスク
  20. ➅パン粉
  21. パンの消費期限に注意しよう

パンの消費期限はどのくらい?長い?

パンの消費期限はどれくらいでしょうか。パンと言っても販売の形はさまざまで、スーパーとパン屋さんでは消費期限はかなり違うイメージです。それぞれの消費期限を紹介します。

パン屋さんのパンの消費期限は4日〜5日程度で短め

パンの販売は、スーパーやコンビニなどで販売されるものと、パン屋さんの店で製造販売されるものがあります。スーパーで販売されるものは保存料が添加されるため、消費期限は比較的長くなります。しかし、クリームやウィンナーなど、他の食品が含まれたパンはできるだけ早く食べるようにしましょう。

対して、パン屋さんのパンは保存料を含まないため日持ちせず、長くても4〜5日ほどで消費期限切れとなります。生クリームやマヨネーズが入ったパンは当日中、その他の惣菜パンは次の日には食べ切るようにしましょう。

パンの消費期限切れはいつまで食べられる?1日・2日後はNG?

パンを食べようとしたら消費期限が切れていた場合、いつ頃までなら食べられるでしょうか。消費期限の他に賞味期限が表示されている食品もあり、違いを知っておくと食べても良いかどうかの目安にもなります。

消費期限・賞味期限の定義

食品には消費期限と賞味期限があり、それぞれ表示される基準が違います。賞味期限はその食品が美味しく食べられる期間を指し、5日以上日持ちする食品に表示されています。対して消費期限は、その食品が安全に食べられる期間を表示したもので、パンの場合、商品によって消費期限・賞味期限どちらもつくことがあります。

消費期限は、日持ちせず傷みやすいものに表示されており、賞味期限よりも細かく時間まで表示されています。消費期限や賞味期限は、厚生労働省と農林水産省が定めた試験を行い、その最大日持ち日数に安全係数である0.8をかけたものが表示されているため、正しく保存すれば多少過ぎても問題ないことが多いです。

賞味期限切れでも腐っていなければ食べられはする

乾パンなど、消費期限ではなく賞味期限が表示されている場合、美味しく食べられる期間のことなので、賞味期限切れでも食べられはします。以下は賞味期限切れになった、パンの1週間の状態の目安です。

・1日後:品質に問題ないことが多い
・2〜3日後:品質に問題はないが、味は落ちる
・4〜5日後:場合によっては腐りはじめる
・6日〜1週間後:腐っている可能性がある
・1週間以上:腐っている可能性が高く食べられない

賞味期限は各定められた試験の最大日数に0.8をかけていることから、日数にかなり余裕を持って表示されている事がわかります。しかし、食べられなくなる時も迫っていることになるので、早めに食べるようにしましょう。

腐りやすい種類のパンの消費期限切れは食べない方が良い

スーパーなどのパンでも腐りやすいパンはあります。サンドイッチなど、コンビニのチルドの棚で販売されるようなパンは、具材に含まれる水分で腐りやすくなります。そのようなパンの消費期限は当日・翌日中となっていることも多いので、買ったらその日のうちに食べ切るのがいいでしょう。

また、生クリームなどの乳製品が乗っている場合も傷みやすいので消費期限内であっても、早めに食べるようにしましょう。安全係数により、消費期限が本来の可食期間よりも短く表示されているとはいえ、食べる場合は自己責任で食べましょう。

パンの消費期限が切れて腐るとどうなる?

パンは消費期限切れになると、どうなるのでしょうか。カビが生えたりカラカラに乾くことはよくありますが、腐った場合は見た目や匂い、味の変化も大きく変わります。消費期限切れのパンは、気づかずに食べると健康被害が出る可能性もあるので、見極められるようにしておきましょう。

①匂い

関連する記事