パンの消費期限切れはいつまでOK?3日後はNG?腐敗の見分け方や保存方法も紹介!

パンの消費期限の目安を知っていますか?今回は、パンの消費期限が切れても何日後までなら食べられるかを経過日数に口コミを参考にして紹介します。パンが腐ったらどうなるのかや日持ちする保存方法、アレンジレシピも紹介するので、参考にしてみてくださいね。

目次

  1. パンの消費期限はどのくらい?長い?
  2. パン屋さんのパンの消費期限は4日〜5日程度で短め
  3. パンの消費期限切れはいつまで食べられる?1日・2日後はNG?
  4. 消費期限・賞味期限の定義
  5. 賞味期限切れでも腐っていなければ食べられはする
  6. 腐りやすい種類のパンの消費期限切れは食べない方が良い
  7. パンの消費期限が切れて腐るとどうなる?
  8. ①匂い
  9. ②見た目
  10. ③味
  11. パンの日持ちする保存方法は?
  12. 長期間の日持ちさせたい時は冷凍保存がおすすめ
  13. 解凍方法
  14. パンの消費期限内に使い切るアレンジレシピ
  15. ①フレンチトースト
  16. ②パングラタン
  17. ③パンプディング
  18. ④肉まん
  19. ⑤ラスク
  20. ➅パン粉
  21. パンの消費期限に注意しよう

出典:https://recipe.rakuten.co.jp/recipe/1620023435/

レシピとは少し違いますが、冷凍した食パンやバゲットか、固くなったパンでパン粉を作れます。食パンをすりおろすので、既製品のパン粉とは違った風味の良いパン粉が作れ、フライなども美味しく出来上がります。消費期限が近づいていて、とにかく急いで消費したい場合は、夕飯にパン粉を使った料理を作って消費するのも良いでしょう。

自家製!冷凍パンでパン粉をつくる! レシピ・作り方 by むぎ4603|楽天レシピ

パンの消費期限に注意しよう

パンは食パンのようなシンプルなパン以外に、さまざまな具材が含まれたパンが販売されています。元々パンは腐りやすいため、消費期限内でもカビが生え出す事があります。特に夏場は高温多湿で菌の繁殖が早いので、冷凍保存などをうまく活用して無駄をなくすようにしていきましょう。

関連する記事