オクラの旬の時期・季節はいつ?種類は?栄養価・選び方やレシピを紹介!

【野菜ソムリエ監修】オクラはその独特の食感がおいしい野菜ですが、オクラの旬の時期はいつごろなのか知っていますか?今回は、オクラの旬の時期・季節や主な産地・生産量、オクラの種類を紹介します。オクラの栄養価や選び方、レシピのおすすめも紹介するので、参考にしてみてくださいね。

専門家監修 |野菜ソムリエ 福光佳奈子
HP Instagram Twitter Facebook
野菜ソムリエプロ・睡眠コンサルタント・お酒&家飲みグッズの店『イエノミライフ』主宰/札幌市生まれ。食から睡眠まで、...
HP Instagram Twitter Facebook
野菜ソムリエプロ・睡眠コンサルタント・お酒&家飲みグッズの店『イエノミライフ』主宰/札幌市生まれ。食から睡眠まで、おうち時間を充実させるメソッドを様々なカタチで提案している。著書『体にうれしい果実酒・野菜酒・薬用酒200』(秀和システム)は、台湾など世界5か国で翻訳版も出版している。

目次

  1. オクラの旬の時期はいつ?
  2. オクラの旬の時期・季節は夏
  3. オクラの主産地・生産量
  4. オクラの種類・品種は?
  5. ①角オクラ
  6. ②丸オクラ
  7. ③赤オクラ
  8. ④花オクラ
  9. ⑤白オクラ
  10. オクラの選び方や栄養価は?
  11. オクラの選び方のポイント
  12. オクラの栄養価・効能
  13. オクラの旬の食べ方・レシピのおすすめ
  14. ①オクラの豚肉巻き
  15. ②オクラの甘酢和え
  16. ③オクラの味噌汁
  17. ④アボカドと納豆と合わせたオクラのサラダ
  18. オクラを旬の時期に美味しく食べよう

オクラの旬の時期はいつ?

オクラはスーパーなどでは季節に関係なく見かますが、旬の時期はいつなのでしょうか?ここからは、オクラの主要な生産地や収穫量とともに旬の時期について解説します。

オクラの旬の時期・季節は夏

オクラの露地栽培の旬の時期は6月〜9月で、最も多く出回っているのは7月中旬から8月末ごろの夏の時期です。オクラは輸入ものや栽培ものも多く、スーパーでは旬の時期に関係なく、年間を通してオクラを見かけることが多いでしょう。ただし、元々オクラは夏野菜なので、旬である夏の時期に食べた方が美味しい傾向にあります。

オクラの主産地・生産量

オクラの主な生産地と生産量の県別の順位は以下の通りです。

・1位:鹿児島県/5408t
・2位:沖縄県/1723t
・3位:高知県/1683t
・4位:熊本県/821t
・5位:福岡県/596t


オクラの生産量は上位5県だけで全国の生産量の8割近くを占めており、特に鹿児島県産のオクラの生産量が突出して多いのが特徴です。鹿児島県の中でも指宿市は、生産地面積・生産量ともに日本一を誇っています。

福光佳奈子

野菜ソムリエ

国内生産量が減る冬の時期はタイ、フィリピンなどの輸入品が出回ります。 オクラの原産国はアフリカで日本にはアメリカから導入されました。

オクラの種類・品種は?

オクラは単に「オクラ」とだけ表示されて販売されていることが多いですが、オクラには種類や品種があるのでしょうか?ここでは、オクラの主な種類と品種について紹介します。

①角オクラ

角オクラは、輪切りにしたときの切り口の断面が五角形で、種類によって六角形や八角形の場合もあります。品種としては以下のようなものがあります。

・アーリーファイブ
・平城グリーン
・ダビデの星
・ベターファイブ

アーリーファイブは実の色が濃くて食感が柔らかく、真っ直ぐに育ちやすいうえに収穫量も多い品種です。一方の平城グリーンは、15cm位の大きさでも実が真っ直ぐで柔らかいのが特徴ですが、10cmほどで収穫してサラダ用として食べることもできます。

ほか、ダビデの星は実の切り口が八角形になっているのが特徴的で、他のオクラとは異なり7〜8cmくらいの小さ目な大きさが食べごろです。また、ベターファイブは育てやすく収穫量も多い、家庭菜園でも人気の品種です。

②丸オクラ

丸オクラは、切ったときの断面が丸い形をしているのが特徴です。丸オクラには以下のような品種があります。

・エメラルド
・まるみちゃん


丸オクラの味は角オクラと同じですが、角オクラより柔らかく、大きくなってもあまり硬くならないのが良い点です。沖縄では丸オクラの方が一般的に食べられており、別名「島オクラ」とも呼ばれています。

③赤オクラ

赤オクラは、含まれているアントシアニンの影響で見た目が赤い色をしているオクラで、以下のような品種があります。

・ベニー
・レッドサン


ベニーとレッドサンは、いずれも五角形をしたオクラですが、普通の角オクラと違ってさやが紫紅色なのが特徴です。生でサラダに添えると華やかな彩りになりますが、茹でると緑色になるので、色合いを活かしたい場合は加熱せずに使いましょう。

関連する記事

×