牡蠣の旬の時期・季節はいつ?種類や産地で違う?選び方やレシピのおすすめも紹介!

牡蠣の旬の時期を知っていますか?今回は、牡蠣の旬の時期・季節を産地別に比較し、主な産地・生産量なども紹介します。美味しい牡蠣の選び方や栄養価のほか、捌き方や食べ方・レシピのおすすめも紹介するので、参考にしてみてくださいね。

目次

  1. 牡蠣の旬の時期・季節はいつ?種類で違う?
  2. 真牡蠣の旬の時期・季節は冬
  3. 岩牡蠣の旬の時期・季節は夏
  4. 牡蠣の主産地・漁獲量
  5. 牡蠣とはどんな食材?食中毒は避けれる?
  6. 牡蠣の特徴・生態
  7. Rが付かない月はあたりやすい?
  8. 牡蠣の食中毒を避ける調理法
  9. 牡蠣の選び方や栄養価は?
  10. 牡蠣の選び方のポイント
  11. 牡蠣の栄養価・効能
  12. 牡蠣の捌き方
  13. 牡蠣の旬の食べ方・レシピのおすすめ
  14. ①簡単牡蠣のぽん酢和え
  15. ②ぷりぷり牡蠣のバター焼き
  16. ③きのこたっぷり牡蠣チャウダー
  17. ④ジューシーな牡蠣の天ぷら
  18. ⑤牡蠣の炊き込みご飯
  19. 牡蠣を旬の時期に美味しく食べよう

牡蠣の旬の時期・季節はいつ?種類で違う?

牡蠣は、日本人に馴染みが深い食材ですが、一般的に日本で消費される牡蠣は真牡蠣と岩牡蠣の二種類です。種類によって旬があり、旬の違いは産卵方法や育ち方が関係します。冬・夏の季節や旬の時期、主な産地を種類別で紹介するので、牡蠣をおいしく食べるための参考にしてください。

真牡蠣の旬の時期・季節は冬

冬が旬の主な真牡蠣の産地は、以下の通りです。

・北海道(サロマ湖/ 厚岸/ 仙鳳趾)
・岩手県(三陸海岸)
・宮城県(松島湾)
・三重県(生浦湾/的矢湾)
・岡山県(日生)
・広島県(広島湾)
・香川県(さぬき市)
・長崎県(諫早湾)


真牡蠣は、磯など海水温の高い浅瀬で育つため養殖が盛んに行われ、北海道や岩手・三陸から九州まで真牡蠣の産地が多く存在します。真牡蠣の産卵期は夏で、産卵後は栄養価が低下して味や旨味も落ちるので、美味しく食べられる真牡蠣の旬は10月から翌年3月までの冬の季節です。特に冬の1月〜3月が身が締まり美味しいと言われています。

岩牡蠣の旬の時期・季節は夏

夏が旬の主な岩牡蠣の産地は、以下の通りです。

・秋田県(象潟)
・山形県(庄内浜)
・新潟県(村上市、糸魚川市)
・石川県(すずや輪島、高浜)
・福井県(若狭湾)
・京都府(丹後半島から久美浜)
・兵庫県(香住)
・大分県(国東半島から日豊海岸沿岸)

岩牡蠣は天然ものと養殖ものがあります。岩牡蠣の天然ものは海の深い場所で育つため、収穫する海女さんの潜れない冬場は禁漁期となり、あまり出回ることがありません。岩牡蠣の産卵期も夏ですが、数回に分けて産卵することで栄養を使い果たすことなく蓄えられた状態ですので、岩牡蠣は6~9月の産卵期の夏が栄養分たっぷりで食べ頃の旬になります。

牡蠣の主産地・漁獲量

日本のさまざまな地域で牡蠣が生産・収穫されていますが、真牡蠣や岩牡蠣の主産地は太平洋側や日本海側に多くあります。ここでは、主産地と漁獲量のTOP5を紹介します。


順位   都道府県   漁獲量        
1位   広島県   103,454トン
2位   宮城県   24,417トン
3位   岡山県   13,545トン  
4位   兵庫県    8,881トン   
5位   岩手県    6,420トン   

平成29年のカキの収穫量は全国で17万3900トンあり、トップは広島県の10万3454トンでシェアでは59.5%となっています。2位は宮城県で2万440トンでシェアは14.0%です。平成26年以前は三重県や北海道もランクインしていましたが、以降は4位、5位の兵庫と岩手の入れ変えはありますが現時点までTOP5の産地は変わりません。

牡蠣とはどんな食材?食中毒は避けれる?

牡蠣は食用を目的での養殖が最も多い二枚貝です。濃厚な旨味から「海のミルク」といわれる栄養豊富な牡蠣はどんな食材でしょうか。牡蠣の生態や食中毒は避ける食べ方を紹介します。

牡蠣の特徴・生態

牡蠣は二枚貝で下側の殻がへこんで深くなっていて、上側の殻が平らで薄いことが特徴です。見た目は、殻がゴツゴツして波を打ったような模様があります。真牡蠣と岩牡蠣の違いは殻の大きさや厚みと身の大きさです

牡蠣は、メスが産み落とした卵にオスの精子が海中で受精して幼生となり、浮遊して生活をしながら気に入った場所を見つけ、一生付着して過ごすそうです。牡蠣は昼も夜も一日中、海水と餌となる植物プランクトンなどを取り込み続け、牡蠣1個が吸い込む海水の量は1日400リットルとも言われています。

Rが付かない月はあたりやすい?

「牡蠣はRのつく月に食べろ」と聞いたことありませんか、昔からよく言われている言い伝えです。Rのつく月とは9月septembeR,10月decembeR~4月apRilの間のことで、 各月に英語のアルファベット文字Rが使われ、おいしく食べらる月とされています。実際この時期の牡蠣は産卵前で栄養が豊富で美味しいです。

反対にRが付かない5月(May)~8月(August)に牡蠣を食べない方が良い理由は毒があり、あたりやすいからでは無く、オフシーズンは、産卵によって味が落ちて美味しくないからです。ただし、日本には夏に旬を迎える岩牡蠣があるので、Rのつかない夏の時期にも牡蠣を美味しく食べることができます。

牡蠣の食中毒を避ける調理法

牡蠣の食中毒の大半はノロウイルスが原因です。牡蠣などの二枚貝は大量の海水と共にプランクトンを餌として体内に吸い込むのですが、海水中のノロウイルスも取り込まれ蓄積されてしまいます。人の細胞内でのみ増殖するノロウイルスが、下痢や吐き気、腹痛、発熱などの食中毒の症状を引き起こす原因です。

冬場に繁殖しやすいノロウィルスによる食中毒の発生を減らす方法として、牡蠣を85℃以上沸騰したお湯で1〜2分程度茹でたり、180℃前後の油で4分以上揚げるなどの調理法があります。また、夏場に繁殖しやすいビブリオ菌を防ぐ方法は、60℃で10分以上加熱することです。

(*牡蠣の食中毒を避けるために必要な調理法・加熱時間について詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

牡蠣の加熱時間は何分必要?ノロウイルス・食中毒を防ぐには?電子レンジ・フライパンなど方法別に解説!

牡蠣の選び方や栄養価は?

ここからは、牡蠣の殻付き・むき身を選ぶ際のポイントや、牡蠣の栄養価について解説します。

牡蠣の選び方のポイント

下記が鮮度がよく健康で美味しい牡蠣を選ぶための重要なポイントです。

【殻付き】
・殻がふくらんでいる  
・平たく全体的に丸いかたちをしている
・殻に厚みがあり、重い
・殻のキズが少ない
・口が閉じている


【むき身】
・出荷日が新しい
・ふっくら丸みがある
・ハリがある
・きれいな乳白色か黄色みを帯びいる
・貝柱が透き通っている
・黒い部分の色が濃い

牡蠣は生食用と加熱用として売られていますが、鮮度で区別されているわけではありません。牡蠣が生息する海域の水質が食品衛生法等の基準で、生食用と加熱用に分けられます。

美味しい牡蠣を食べるためには、まず初めに収穫時期かどうかの確認が重要です。 その上で、殻付きやむき身の状態で販売されている牡蠣を選びましょう。牡蠣は出荷日などを確認して、可能な限り新鮮なものを選ぶことがポイントです。

牡蠣の栄養価・効能

牡蠣に含まれる主な栄養価や効能は、以下の通りです。


・亜鉛:タンパク質の代謝促進・女性ホルモンの生成
・グリコーゲン:活動の際のエネルギー源・スタミナ維持・脳の活性化
・タウリン:スタミナ増強・疲労回復・生活習慣病予防
・ビタミンB12:肝臓の機能を強化・疲労回復
・カルシウム:ストレス緩和・精神安定
・鉄分:貧血予防・疲れにくい体づくり
・セレン:アンチエイジングが期待できる


牡蠣には、旨味と栄養が詰まっています。とくに、風邪の予防に不可欠といえる栄養素の亜鉛を多く含んでいるのが特徴です。現代人に不足が懸念されている鉄分やグリコーゲン、アミノ酸の一種のタウリンやビタミンB12など、牡蠣は体に必要な栄養分がバランスよく含まれている食材です。

(*牡蠣の栄養価・効能について詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

牡蠣は栄養満点!効果・効能を高める食べ方は?食中毒や食べ過ぎの注意点も解説!

牡蠣の捌き方

牡蠣の捌き方の手順は、以下の通りです。

・平らな面を上、膨らんでいる面を下に向ける
・殻の細い方(蝶つがい)を左にして持つ
・殻の縁に沿って右の合わせ目に斜め上から刃先を当て、切り込みを入れる
・上の殻に沿って、ゆっくりと先端を動かして貝柱を殻から切り離す
・殻をゆっくりとこじ開け、右手前の底にある貝柱を切り離す


牡蠣を捌く前に、軍手と刃先が鋭くないナイフを用意します。動画にはありませんが、牡蠣の殻の汚れをたわしなどで洗い流して下さい。取り出した牡蠣の身はそのままでも食べられますが、気になるようなら冷水や塩水で洗いましょう。

牡蠣の旬の食べ方・レシピのおすすめ

旬の時期に牡蠣が手に入った時は、旬の味わいを活かせる食べ方やレシピを試して見ましょう。ここでは、牡蠣を使ったおすすめのレシピを紹介します。

①簡単牡蠣のぽん酢和え

旬の美味しい牡蠣をそのまま味わうには、あまり手をかけずに簡単に調理するのが一番です。蠣のぽん酢和えは、下処理に手間をかけますが、簡単で時短の美味しい1品になります

牡蠣のぽん酢和えです☆一番簡単?パッと作る牡蠣料理 レシピ・作り方 by ゆんゆんゅん|楽天レシピ

②ぷりぷり牡蠣のバター焼き

新鮮な牡蠣をバターで炒めて、醤油で味つけしたシンプルで簡単な牡蠣のバター焼きです。牡蠣に片栗粉をまぶすと縮みを防ぎ、ふっくら焼き上がります。

絶品☆カキのバター焼き(片付けレシピ付) by B型☆チョ~シ人 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが334万品

③きのこたっぷり牡蠣チャウダー

チャウダーというとハマグリやあさりなどで作るイメージがありますが、今回はきのこと旬のふっくらとした牡蠣が入ったヘルシーな牡蠣チャウダーです。牡蠣の旨味ときのこやベーコンからの出汁に昆布を加え、コクのある美味しいだしが取れています。

寒い日には!きのこたっぷり牡蠣チャウダー - 暮らしニスタ

④ジューシーな牡蠣の天ぷら

出典:http://recipe.suntory.co.jp/recipe/005812

今回は、牡蠣料理の定番カキフライにしがちな大粒かきを使った牡蠣の天ぷらレシピです。フライより手間がかからず、さくさくしたの衣に中がジューシーな美味しい牡蠣の天ぷらができます。揚げたての熱々をぽん酢醤油や塩で食べてください。

かきの天ぷら | サントリー レシピッタ - あなたにぴったり、お酒に合うかんたんレシピ

⑤牡蠣の炊き込みご飯

牡蠣は下煮して旨みを閉じ込め、牡蠣の旨味たっぷりな煮汁とだし汁で炊きあがったご飯を蒸らす時に戻すことで、牡蠣は縮まずふっくら仕上がります。ショウガの風味が口の中いっぱいに広がる牡蠣の炊き込みご飯のレシピです。

❁牡蠣と生姜の炊き込みご飯❁ by rie-tin 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが334万品

牡蠣を旬の時期に美味しく食べよう

牡蠣の旬の季節は種類によって夏・冬と異なります。旬の牡蠣は特別な調理をしなくても旨味を味わうことができますが、煮る・焼く・蒸す・揚げる・ご飯物など幅広く活用できる「海のミルク」といわれる栄養豊富な牡蠣を旬の時期を逃さずに食べ比べてみてはいかがですか。

関連する記事