イサキの旬の時期・季節は?栄養価や選び方は?捌き方や食べ方のおすすめも紹介!

イサキの旬の時期を知っていますか?今回は、イサキの産地別の旬の時期・季節や、主な産地・生産量などを紹介します。イサキの生態・特徴や、イサキの選び方や栄養価のほか、さばき方やレシピのおすすめも紹介するので、参考にしてみてくださいね。

目次

  1. イサキの旬の時期・季節はいつ?主産地は?
  2. イサキの旬の時期・季節は夏(5月〜8月)
  3. イサキの主産地・漁獲量
  4. イサキとはどんな魚?
  5. イサキの生態・特徴
  6. イサキのブランドの種類
  7. イサキの選び方や栄養価は?
  8. イサキの選び方のポイント
  9. イサキの栄養価
  10. イサキのさばき方
  11. イサキの旬の食べ方・レシピのおすすめ
  12. ①イサキの塩焼き
  13. ②イサキのカルパッチョ
  14. ③イサキのフライ
  15. ④イサキと野菜のトマト煮込み
  16. イサキを旬の時期に美味しく食べよう

イサキの旬の時期・季節はいつ?主産地は?

イサキは寿司のネタや刺身などにも使われることが多く、生で食べても美味しい魚です。スーパーなどに行くと通年を通してイサキを見かけますが、イサキの旬の時期や季節とはいつなのでしょうか。イサキの旬の季節やイサキの主産地、漁獲量についても解説します。

イサキの旬の時期・季節は夏(5月〜8月)

イサキは年間を通して漁獲されていますが、5月から8月頃の夏に産卵期を迎え、旬の季節もこの時期と重なります。旬の季節が初夏であることから「麦わらイサキ」や「梅雨イサキ」と呼ばれることもあります。

旬のイサキは脂が乗っていて美味しい一方で、水温の低くなる冬のイサキは脂肪分が少なく身が乾燥しているものがほとんどです。旬のイサキとそれ以外の季節のイサキは、味にかなりの差があるとも言われています。

イサキの主産地・漁獲量

日本におけるイサキの主な産地や漁獲量は、以下の通りです。

1位 長崎 1,184t
2位 福岡 644t
3位 島根 393t
4位 山口 312t
5位 静岡 171t

※農林水産省の海面漁業生産統計調査を参照しています

上記は、2018年におけるイサキの主産地と漁獲量を、多い順に記載したものです。イサキは九州地方や中部地方を中心に漁獲されています。イサキの全国の合計漁獲量は3,988tなので、長崎県がおよそ30%ものシェア率を占めていることになります。

イサキとはどんな魚?

イサキはどのような場所に生息しており、どのような特徴があるのでしょうか。ここからは、イサキの生態や特徴のほか、イサキのブランドの種類についても解説します。

イサキの生態・特徴

イサキはスズキ目スズキ亜科の磯魚です。本州中部より南側の暖流が流れる沿岸を好み、海藻が多い岩礁地帯に生息しています。昼間は海藻付近に潜んでいますが、夜になると群れをつくって水面の近くで補食をします。イサキの全長は40cmほどで重さは約1kgあり、細長い紡錘形をした体形が特徴です。

幼魚は体に黄色の縞模様がありますが、成長するにつれて縞が消え、瀬背面にはあずき色、顔面とエラ部分には黄色の発色が現れます。また、イサキの値段は旬の夏の季節に最も高くなります。旬のイサキは1kgあたり900円から1,700円ほどの値段が相場で、大きいものほど値段が高く、特に活け締めのものはより値段が高騰します。

イサキのブランドの種類

イサキのブランドは主に2種類あります。

・値賀咲(ちかさき)
・せと一先(いっさき)


値賀咲は長崎県の上五島小値賀町のブランドイサキで、魚体や鱗の状態、重量などが一定の基準を満たしたものだけが選別されています。撒き餌を使わずに漁師が一本釣りしているため、締りのある身と臭みが少ない特徴があります。

一方、せと一先は長崎県の大瀬戸町で獲れたブランドイサキです。せと一先は、夜間に水中ライトで魚をおびき寄せ、漁師が釣り上げる漁法で漁獲されます。漁獲後は腹に餌を残さないため、鮮度が長持ちします。せと一先の魚体にはハリがあって身が白く、脂が乗っているのが特徴です。

イサキの選び方や栄養価は?

新鮮で脂の乗ったイサキには、どのような特徴があるのでしょうか。イサキの選び方のポイントや、イサキの栄養価とその効能について調べてみました。

イサキの選び方のポイント

鮮度の良いイサキを見極めるポイントは、以下の通りです。

・腹部に張りがある
・色つやが良い
・ふっくらとした丸みがある
・切り身は薄いピンク色のもの
・エラの色が鮮やかな赤色をしている
・目の色で選ばない


新鮮なイサキは、魚体がふっくらとしていて腹部に張りがあるのが特徴です。エラブタを持ち上げた時に見えるエラが鮮明な赤色をしているものも、鮮度の良い証拠です。また、イサキの切り身を買う際は、淡いピンク色を帯びているものを選びましょう。

一般的に、魚は目の色が綺麗なものが新鮮だと言われていますが、イサキは鮮度に関係なく目が白く濁る性質があります。イサキを選ぶ際には、目で判断しないようにしましょう。

イサキの栄養価

イサキに含まれている主な栄養価は、以下の通りです。

・DHA・EPA
・ビタミンD
・ビタミンE
・ビタミンA


イサキの脂身には、DHAやEPAと呼ばれるオメガ3脂肪酸が多く含まれています。これらの脂肪酸には、血液内のコレステロールの低下や動脈硬化の予防のほか、血液をサラサラにして血栓を予防する働きなどがあります。

イサキに含まれるビタミンDはカルシウムの吸収率を高め、ビタミンEは体の脂質の酸化を防ぎ老化の予防にも効果的です。また、ビタミンAは目や皮膚の健康を維持する作用があります。

イサキのさばき方

イサキのさばき方の手順は、以下の通りです。

【やり方】

1.包丁やばら引きを使って鱗を引く
2.両側のひれの下に包丁を入れて頭を切り落とす
3.肛門に包丁を入れて頭と内臓、血合いを取り除く
4.鱗と血合いを洗い流す
5.腹から中骨に沿って包丁を入れる
6.背面から中骨に沿って包丁を入れる
7.尾から中骨に沿って包丁を入れ、片身を剥がし取る
8.裏返し同様に片身を剥がし取る
9.腹骨をすいて完成


イサキをさばく下準備として、はじめに鱗を引いて頭を切り落とし、内臓を取り除きます。イサキの腹には真子や白子が入っていることがあるので、捨てずに味噌汁や煮物などに使ってください。イサキをさばく際は、包丁を引くように動かすのがコツです。

イサキの旬の食べ方・レシピのおすすめ

ここからは、旬のイサキを使ったおすすめのレシピを紹介します。シンプルな塩焼きや、フライ、煮物などのレシピもピックアップしました。

①イサキの塩焼き

出典:https://cookpad.com/recipe/6300649

定番のイサキの塩焼きのレシピです。イサキに塩を振って一晩寝かせてから焼くことで、イサキにしっかりと塩味がついて美味しく仕上がります。

↓詳しいつくり方・手順はこちら↓

フライパン用ホイルで!イサキの塩焼き by ✿❀お〜ちゃん❀✿ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが333万品

②イサキのカルパッチョ

出典:https://cookpad.com/recipe/4165756

3枚におろしたイサキを炙り、野菜と共に盛り付けてソースをかけたカルパッチョです。イサキのたんぱく質と野菜のビタミンが摂取できる栄養価の高い一品です。

↓詳しいつくり方・手順はこちら↓

イサキで和風カルパッチョ by ヤスッティ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが333万品

③イサキのフライ

出典:https://cookpad.com/recipe/315579

おろしたイサキに梅としそを乗せ、衣をつけて揚げたフライのレシピです。梅の風味でイサキの生臭さが緩和されるので、魚が苦手な人にも食べやすいおかずです。

↓詳しいつくり方・手順はこちら↓

イサキ☆梅しそフライ!! by takerumama 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが334万品

④イサキと野菜のトマト煮込み

出典:https://cookpad.com/recipe/1153150

イサキと旬の野菜を煮込んだトマト煮のレシピです。たくさんの種類の野菜を使うことで彩が良く仕上がり、パーティの主食にも最適です。

↓詳しいつくり方・手順はこちら↓

イサキと旬の野菜のトマト煮 by 103sun 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが333万品

イサキを旬の時期に美味しく食べよう

イサキは、5月から8月の初夏に旬を迎えますが、旬のイサキは身が締まり脂が乗っているので、生でも美味しく食べられます。刺身のほかにも、塩焼きや煮つけ、フライなどで食べる方法もあります。イサキの旬の季節には、色々なレシピを試してイサキを美味しく食べましょう。

関連する記事

×