れんこんの皮は剥く?剥かない?栄養面のメリットや剥き方など紹介!

【管理栄養士監修】れんこんの皮はむきますか?皮ごと食べられるのでしょうか?今回は、れんこんの皮を剥く・剥かないメリットや皮の剥き方〜アク抜きの仕方など下処理についても紹介します。皮ごと食べた事がない方も、皮ごとレシピのおすすめも紹介するので、参考にしてみてくださいね。

専門家監修 |管理栄養士・栄養士 秋山 嘉代
Ameba
1997年管理栄養士免許取得。 大手企業で15年間、バイオ・発酵生産の研究に従事。腸内細菌について知見を深めました。 2児の子育て中、主食としてのお米の大切さを改めて実感し、...
Ameba
1997年管理栄養士免許取得。 大手企業で15年間、バイオ・発酵生産の研究に従事。腸内細菌について知見を深めました。 2児の子育て中、主食としてのお米の大切さを改めて実感し、ごはんと味噌汁を基本とした日本型の食事・健康理論を学びました。一般社団法人日本健康食育協会認定 健康食育シニアマスター取得。 2019年よりSalon Warm Beautyで食サポートを担当しています。 しっかり食べる事は自分を大切にする事、セルフケアに繋がる事をお伝えしたいです。

目次

  1. れんこんは皮ごと食べられる?
  2. 皮ごと食べても問題ない
  3. 栄養豊富で花粉症にも効果がある
  4. れんこんの皮はむく?むかない?
  5. れんこんの皮を剥くメリット
  6. れんこんの皮を剥かないメリット
  7. れんこんの下処理の仕方【皮剥き・アク抜き】
  8. れんこんの皮の洗い方
  9. れんこんの皮の剥き方
  10. れんこんのアク抜きの仕方
  11. れんこんの皮が黒い場合は危険?安全?
  12. 皮に黒い斑点がついていても大丈夫
  13. 黒いれんこんは食べられる
  14. 皮も中身も黒い場合は危険
  15. れんこんの皮ごとレシピのおすすめ
  16. ①厚揚げとれんこんの甘酢炒め
  17. ②れんこん味噌スープ
  18. ③れんこんチップス
  19. れんこんは皮ごと楽しめる食材

薄くスライスしてアク抜きもせずそのまま揚げるだけの簡単お手軽にできて美味しいれんこんチップスです。シンプルな料理なので幅広く使え、おやつとして出しても良いですし、おつまみにもサラダにもピッタリです。

↓詳しい作り方・手順はこちら↓

意外に簡単!れんこんチップスのレシピ/作り方:白ごはん.com

秋山 嘉代

管理栄養士

れんこんは切り方や調理の仕方によって食感が変わります。きんぴらやサラダなどのシャキシャキ感、煮物のホクホク感、すりおろしてれんこん餅などにした時のモチモチ感、すり流しのとろみ感などがあります。お気に入りのレシピを見つけて食感も楽しんでください。

れんこんは皮ごと楽しめる食材

れんこんの皮は花粉症対策やインフルエンザ対策にも有効な栄養素が含まれているので、皮を剥かずに食物繊維やデンプンが豊富な中身と一緒に頂きましょう。大きめにカットすると皮の歯触りが気になる場合もあるので、スライスしたりすりおろしたりして調理するのがおすすめです。

関連する記事