カメノテ(亀の手)はどんな味?美味しい食べ方・料理や毒など注意点も紹介!

カメノテの味を知っていますか?初めて聞く人もいるでしょう。今回は、カメノテの味や旬の時期、さばき方・茹で方・だし汁の取り方を紹介します。カメノテの味噌汁などのレシピや食べる際の注意点、フジツボとの違いも紹介するので、参考にしてみてくださいね。

目次

  1. カメノテとは?
  2. カメノテの特徴・生態
  3. カメノテの旬の時期
  4. カメノテの味は?
  5. カニとエビの中間のような味
  6. カメノテの食べ方は?
  7. カメノテのさばき方
  8. カメノテの茹で方・だし汁の取り方
  9. カメノテを使った料理・レシピのおすすめは?
  10. ①カメノテの味噌汁
  11. ②カメノテの酒蒸し
  12. ②カメノテの炊き込みご飯
  13. ③カメノテのガーリックパスタ
  14. ④カメノテの佃煮
  15. ⑤カメノテのかき揚げ
  16. カメノテを食べる際の注意点は?
  17. ①食中毒になる可能性がある
  18. ②カニやエビのアレルギーがある人は食べるのを避ける
  19. カメノテとフジツボの違いは?
  20. ①味
  21. ②値段・価格
  22. カメノテを美味しく食べよう
1kgあたり 値段
カメノテ 4,000円~4,500円
フジツボ 6,000円~7,000円

カメノテはあまり流通量がないため、食べたい人は海辺に行って採取することが多いです。量は少ないですが、一部の産地で採れたものをネットで購入することもできますが、かなり高額になるようです。

一方のフジツボは養殖も行われており、市場では高級品として販売されています。また、フジツボにはいくつかの種類があり、食用とされるのは大きめの品種のミネフジツボになります。値段はこちらもかなり高額で取引されています。

カメノテを美味しく食べよう

カメノテは見た目がかなりグロテスクですが、食べると驚くほどに美味しい甲殻類の生物です。エビやカニのような風味がして、特に茹でると美味しい出汁が取れるので、お味噌汁やお吸い物がおすすめです。ただし、ほとんど流通していないため、海辺で採取することになりますが、固着動物は大きくなるのにかなり時間がかかるので、乱獲しないようにしましょう。

関連する記事