カメノテ(亀の手)はどんな味?美味しい食べ方・料理や毒など注意点も紹介!

カメノテの味を知っていますか?初めて聞く人もいるでしょう。今回は、カメノテの味や旬の時期、さばき方・茹で方・だし汁の取り方を紹介します。カメノテの味噌汁などのレシピや食べる際の注意点、フジツボとの違いも紹介するので、参考にしてみてくださいね。

目次

  1. カメノテとは?
  2. カメノテの特徴・生態
  3. カメノテの旬の時期
  4. カメノテの味は?
  5. カニとエビの中間のような味
  6. カメノテの食べ方は?
  7. カメノテのさばき方
  8. カメノテの茹で方・だし汁の取り方
  9. カメノテを使った料理・レシピのおすすめは?
  10. ①カメノテの味噌汁
  11. ②カメノテの酒蒸し
  12. ②カメノテの炊き込みご飯
  13. ③カメノテのガーリックパスタ
  14. ④カメノテの佃煮
  15. ⑤カメノテのかき揚げ
  16. カメノテを食べる際の注意点は?
  17. ①食中毒になる可能性がある
  18. ②カニやエビのアレルギーがある人は食べるのを避ける
  19. カメノテとフジツボの違いは?
  20. ①味
  21. ②値段・価格
  22. カメノテを美味しく食べよう

カメノテとは?

カメノテは亀の手のような形をした生物で、海の浅瀬の岩肌や、テトラポットなどに付いている固着動物です。かなりグロテスクな見た目ですが、食べることもできるようです。馴染みの薄いカメノテですが、どのような生物なのかカメノテについて調べてみましょう。

カメノテの特徴・生態

カメノテの見た目は貝に似ていますが、エビやカニ、フジツボなどの仲間で甲殻類に属しています。ただし、移動することができない固着動物で、海が満ちてくると亀の手のような部分が開き、海水の中のプランクトンなどを取って食べています。

北海道の一部をのぞいて日本の海辺ではよく見かける生物ですが、日本ではあまり流通していないために、馴染みが薄く食べたことがある人は少ないようです。しかし、スペインではペルセベスと呼ばれ、塩茹でやワイン蒸しなどにしてよく食べられ、高級食材として扱われています。

カメノテの旬の時期

カメノテは時期を問わず、いつでも食べることができますが、その旬は5月初旬から8月下旬の海水温の温かい時期になります。カメノテは6月下旬に産卵を行い、それに向けて5月頃から栄養を体内に蓄積し始めます。そのため、この時期は味が濃く美味しいカメノテが食べられます。

カメノテの味は?

カメノテを食べたことがある人は少ないかもしれませんが、見た目に反して風味は絶品と言われています。特に、カメノテを茹でた茹で汁には出汁が出て美味しいです。

カニとエビの中間のような味

カメノテは甲殻類なので、味はカニやエビに似ています。この2つの中間のような風味で、食感は貝に似てコリコリとした歯ごたえがあります。可食部は亀の手のような形のところではなく、茶色い根元の部分で、ここの皮を剥いて食べます。

手のような部分を食べる人もいるようですが、この部分には身がほとんどなく、食感がグジャグジャとしていて、味も美味しくありません。

カメノテの食べ方は?

カメノテを買ったり、海辺で採取したりした後、どうやって食べたらいいのか、詳しく説明します。どんな食べ方であっても、カメノテはよく洗って加熱してから食べましょう。また、カメノテには鋭い爪がありますので、洗うときには十分注意してください。

カメノテのさばき方

カメノテの身は堅い殻に覆われています。それを簡単に外す方法を紹介します。

・カメノテをよく洗って塩茹でをしたら水洗いします。
・水をよく切ってから、手の部分と根元の部分を持ちます。
・根元の部分をくるくる回したり、引っ張ったりすると皮が外れますので、剥いてください。


中からホタテの貝柱のような見た目の筋肉部分が出てきます。ここが可食部になり、歯で噛むと簡単に殻から外れます。

カメノテの茹で方・だし汁の取り方

関連する記事