ウインナーは冷凍保存できる?賞味期限はいつまで?解凍のコツや作り置きレシピも紹介!

ウインナーを冷凍保存できるのでしょうか?今回は、ウインナーの冷凍保存する方法やポイント・賞味期限や解凍のコツを紹介します。ウインナーの腐った時の見分け方や冷凍して作り置きできるレシピも紹介するので、参考にしてみてくださいね。

目次

  1. ウインナーやソーセージは冷凍保存できる?
  2. 開封後は冷凍保存がおすすめ
  3. すでに賞味期限切れのウインナーは保存せず食べるのが無難
  4. ウインナーの冷凍での保存方法・ポイントは?
  5. ①1回分ずつ小分けにして保存する
  6. ②短時間で冷凍したい場合は薄くスライスする
  7. ③空気に触れないようにする
  8. ④急速冷凍する
  9. 冷凍ウインナーの解凍方法は?
  10. ①凍った状態のまま調理する
  11. ②ボイル時間はどれくらい?
  12. ③自然解凍させても問題ない
  13. 冷凍ウインナーの賞味期限・保存期間はいつまで?
  14. 日持ちして2ヶ月程度
  15. 冷凍ウインナーが腐った・傷んだ時の見分け方は?
  16. ウインナーを冷凍して作り置きできるレシピ
  17. ①アメリカンドッグ
  18. ②ピーマンとウインナー炒め
  19. ③冷凍ナポリタン
  20. ウインナーを冷凍保存で長持ち

ウインナーやソーセージは冷凍保存できる?

ウインナーやソーセージは冷蔵で保存するのが一般的ですが、冷凍でも保存できるのでしょうか。ここでは、ウインナーやソーセージを冷凍保存できるかどうかについて解説します。

開封後は冷凍保存がおすすめ

肉を味付け加工したウインナーやソーセージの賞味期限は、冷蔵で2〜3週間程です。開封前はガス封入などによって酸化や菌の増殖を止めていますが、開封するとすぐに劣化が始まり、冷蔵で保存できる期間は3日程度になります。

ウインナーやソーセージは冷凍保存すると食感と旨味が若干減るため、あまり推奨しないメーカーもありますが、ハムに比べると解凍しても旨味が流出しにくいようです。

すでに賞味期限切れのウインナーは保存せず食べるのが無難

賞味期限は品質が保たれ美味しく食べられる期限を表すもので、メーカーは余裕を持った期限の設定をしているため、数日過ぎても食べることはできます。ただし、期限を過ぎると味や風味が落ちる上に腐りやすくなるので、期限を過ぎてからの冷凍保存はせずに食べたほうが無難です。

(※ウインナーの賞味期限について詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

ウインナーは賞味期限切れでも食べられる?1ヶ月後は危険?未開封・開封後でも比較して紹介!

ウインナーの冷凍での保存方法・ポイントは?

ウインナーは、冷凍保存の方法に気を付けることで、美味しさを逃さずに保存期間を延ばすことができます。ここでは、冷凍保存の方法・ポイントを詳しく紹介します。

①1回分ずつ小分けにして保存する

ウインナーを冷凍保存する際は、1回分ずつ小分けにして保存するのが基本です。多くのウインナーをまとめて保存すると、何度も冷凍庫から出し入れをしなくてはならず、そのたびに劣化が少しずつ進んでしまいます。美味しい状態で食べるためにも、ラップや保存袋などを上手に活用して小分けしておきましょう。

②短時間で冷凍したい場合は薄くスライスする

ウインナーの美味しさを保ちながら冷凍するためには、短時間で手早く冷凍させるのがコツです。1本丸ごと冷凍するよりも薄くスライスした方が短時間で冷凍できるので、スライスして調理すると分かっている場合には、あらかじめ薄く切ってから冷凍しましょう。また、スライスして冷凍したウインナーは解凍せずに調理でき、忙しい時に手早く一品が作れて便利です。

③空気に触れないようにする

ウインナーを保存する際は、空気に触れないようにラップでしっかり包んだ上で、密閉できる袋や容器に入れて保存するのがおすすめです。ウインナーに関わらず、食品は空気に触れた箇所が乾燥や酸化を起こし、保存期間が長くなるにつれて味や食感が悪くなります。密閉できる袋を活用する場合には、口を閉じた後にストローなどで空気を抜いておくのもおすすめです。

④急速冷凍する

ウインナーは時間をかけて冷凍すると、凍結するまでの間に細胞が破壊され、味や食感が悪くなってしまいます。この細胞の破壊は、食品内の水分が凍る-5℃~-1℃の温度帯で起こりやすいため、この温度帯にとどまる時間をなるべく短縮することが大切です。

ウインナーを冷凍する際は、冷蔵庫の急速冷凍の機能を活用するか、熱伝導率の良い金属製のトレーなどを活用すると短時間で冷凍させることができるでしょう。

冷凍ウインナーの解凍方法は?

関連する記事

×