生ハムの冷凍での保存方法や賞味期限は?解凍法や食べ方・レシピのおすすめも紹介!

生ハムは冷凍で保存できるのでしょうか?方法を知れば実践したい人も多いはずです。今回は、〈開封後・未開封〉別に、生ハムを冷凍保存する方法や日持ち期間のほか、解凍のコツも紹介します。生ハムの賞味期限が切れた時の見分け方も紹介するので、参考にしてみてくださいね。

目次

  1. 生ハムは冷凍保存できるのか?
  2. 生ハムは冷凍で長期保存できる
  3. 生ハムを冷凍保存する方法・賞味期限は?
  4. 開封後の生ハムの冷凍での保存方法
  5. 未開封の生ハムは真空パックであればそのまま冷凍保存できる
  6. 保存期間・賞味期限の目安
  7. 生ハムを冷凍保存するポイントは?
  8. 冷凍の生ハムを解凍する方法は?
  9. ①冷蔵庫での自然解凍
  10. ②電子レンジでの解凍はNG
  11. 生ハムの賞味期限が切れた時の見分け方は?
  12. 賞味期限が切れた生ハムの特徴
  13. 冷凍生ハムの食べ方・レシピ
  14. ①生ハムサラダ
  15. ②生ハムの春巻き
  16. ③生ハムのパスタ
  17. 生ハムを正しく保存して日持ちさせよう

生ハムは冷凍保存できるのか?

生ハムは、開封したらすぐに食べきるものと思っていませんか。実は生ハムも正しく保存することで、日持ちさせることが可能です。ここでは、生ハムは冷凍保存できるのかについて説明します。

生ハムは冷凍で長期保存できる

未開封の生ハムだけでなく、食べて残ったものも正しい方法を用いれば、冷凍で長期保存できます。特に生ハムを塊で購入した際には、冷凍することで切りやすくなるというメリットもあるのです。

生ハムを冷凍保存する方法・賞味期限は?

生ハムを冷凍できるとわかっても、賞味期限が短いのではと不安に思うこともあるはずです。ここでは、生ハムを冷凍保存する方法と、それによる賞味期限について説明します。

開封後の生ハムの冷凍での保存方法

開封後の生ハムの冷凍での保存方法する方法は、以下の通りです。

①生ハムを一度に使う量に小分けする
②小分けしたものをラップで空気が入らないようにラップで包む
③②をアルミホイルで包む
④さらにジッパー付きの保存袋に入れて空気を抜く
⑤冷凍庫に入れる


こうした手順で冷凍保存することで、生ハムの乾燥が防げるので、解凍後に美味しく食べられます。

未開封の生ハムは真空パックであればそのまま冷凍保存できる

真空パックされた生ハムで未開封のものであれば、そのまま冷凍保存が可能です。しかし、より保存状態をよくしたいと考えるなら、真空パックをアルミホイルで包んでから冷凍庫に入れるのがおすすめです。急速冷凍させることで生ハムの鮮度を保ち、解凍後も風味を楽しめるようになります。

保存期間・賞味期限の目安

生ハムの保存期間や賞味期限の目安は、開封したか否かで変わります。

・開封後に冷凍保存した場合/3ヶ月程度
・未開封で冷凍保存した場合/1年程度


生ハムを小分けして冷凍保存する際に素手で触ると雑菌がつきやすくなるため、ビニールの手袋をする、あるいは清潔な菜箸を使うのがポイントです。衛生面に注意することで、保存期間や賞味期限を最大限に延ばすことができます。

生ハムを冷凍保存するポイントは?

生ハムを冷凍保存するポイントは、急速冷凍することです。急速冷凍とは食材の細胞を破壊させずに短時間で凍結させることを指し、鮮度や食感、風味を保つ方法です。生ハムをアルミホイルで包むのも金属の方が冷えるスピードが速いからで、急速冷凍を促しています。

冷凍の生ハムを解凍する方法は?

鮮度や風味、食感にこだわって急速冷凍させても、解凍に失敗すると味が落ちてしまいます。ここでは、冷凍の生ハムを美味しく解凍する方法について説明します。

関連する記事

×