無添加で安全なソーセージのおすすめ10選!スーパー・市販で買える商品を紹介!

無添加で安全なソーセージ(ウインナー)は市販で買えるか知っていますか?今回は、〈成城石井・コープ〉などスーパーで買える無添加で安全なソーセージの市販商品おすすめ10選を、ソーセージに含まれる添加物の種類とともに紹介します。無添加で安全なギフト用ソーセージのお取り寄せ商品についても紹介するので参考にしてみてくださいね。

目次

  1. 無添加で安全なソーセージ(ウインナー)は?スーパーなど市販に売ってる?
  2. そもそも添加物入りのソーセージが危険視されてる理由って?
  3. 添加物①リン酸塩
  4. 添加物②調味料(アミノ酸など)
  5. 添加物③発色剤
  6. 無添加で安全なソーセージの市販商品おすすめ7選【スーパーで買える】
  7. ①国産ポークあらびきウインナー|コープ(198円)
  8. ②WHITE SMOKE 無添加スモークソーセージ |コストコ(1248円)
  9. ③ポークウインナー|生協宅配(218円)
  10. ④Free From ポークあらびきウインナー|イオン(278円)
  11. ⑤無塩せきあらびきウインナー|ライフ(198円)
  12. ⑥成城石井自家製 ポークウィンナー|成城石井(453円)
  13. ⑦無塩せき 皮なしポークウインナー|OKストア(‐円)
  14. 無添加で安全なソーセージのお取り寄せ商品のおすすめ3選【ギフト・贈り物用】
  15. ①詰め合わせ ギフトセット |仙台勝山館 ラパーチェ(3600円)
  16. ②十勝の無添加豚 5種のソーセージセット|うらがみミート(10000円)
  17. ③鹿児島黒豚「短鼻豚」無添加ソーセージ詰め合わせ|鹿児島ますや(10000円)
  18. 無添加で安全なソーセージを買ってみては?

無添加で安全なソーセージ(ウインナー)は?スーパーなど市販に売ってる?

子供に人気のソーセージは、朝食やお弁当などにも人気のおかずです。しかし、ソーセージは「添加物のデパート」と呼ばれるほどの添加物が含まれており、子供に与えるには心配になってしまうかもしれません。ここではスーパーで販売されている、幼児にも安心して与えられる安全な無添加のソーセージを紹介します。

そもそも添加物入りのソーセージが危険視されてる理由って?

ソーセージには危険な添加物がたくさん含まれていると言われていますが、具体的にはどのようなものが挙げられるでしょうか。ここではソーセージに含まれている危険な添加物と、問題視されている理由について説明します。

添加物①リン酸塩

ソーセージにはリン酸塩と呼ばれる添加物が含まれており、これはソーセージの保水性を高める効果があります。ソーセージを齧ったときに肉汁が溢れる食感が感じられるのは、リン酸塩の働きによるもので、乾燥も防ぐ効果もあることから見た目においても商品価値も高くなります。

リン酸塩が危険な添加物である理由は、過剰摂取することでカルシウムの吸収が阻害され、骨がもろくなってしまうことがあるようです。ソーセージだけで過剰摂取されることはありませんが、リン酸塩は他の加工肉やお菓子にも使われることがあり、お弁当やおやつなどでこれらを食べることが多い子供には影響がある危険も考えられると言えるでしょう。

添加物②調味料(アミノ酸など)

ソーセージにはアミノ酸などの化学調味料が含まれており、体に悪影響を及ぼすとされています。たんぱく加水分解物と呼ばれる物質はソーセージ以外の加工肉やさまざまな食品に含まれていますが、たんぱく質を加水分解する過程で、発がん性物質を生産することがわかっています。

EUなどでは基準値が設けられていますが、現在日本では設けられておらず、さまざまな食品に含まれているため避けることは困難です。また、うまみ成分の一つであるアミノ酸も含まれており、美味しく感じることからつい食が進んでしまいます。

しかし、ソーセージなどの加工肉には塩分も多く含まれており、過剰摂取すると糖尿病や高血圧などの生活習慣病や肥満の危険も指摘されています。

添加物③発色剤

ソーセージには色味を良くする、発色剤が使用されていることがあります。保存性も高くなるため、賞味期限が倍近く長くなる効果もあるようです。具体的な添加物は亜硝酸ナトリウムとして表示されていることが多いようですが、肉の中のアミンと呼ばれる物質と結合する性質があります。

亜硝酸ナトリウムとアミンが結合することで、ニトロソアミンと呼ばれる物質に変化し、発がん性物質を作る危険があるとされており、加工肉は避けた方が良いと言われています。また、亜硝酸ナトリウムは保存料として使用されることの多い、ソルビン酸とともにソーセージやそのほかの加工品に含まれていることが多いようです。

この二つを組み合わせて加熱することで、DNAの損傷物質が生産されることがわかっているので、両方含まれている場合は避けた方が安心です。また、ソルビン酸は単体でも接触性蕁麻疹を引き起こすため、注意が必要と言えます。

無添加で安全なソーセージの市販商品おすすめ7選【スーパーで買える】

無添加で安全、安心なソーセージは、スーパーでも購入できます。消費者の声に合わせてプライベートブランドとして販売されていることが多いので、大きめのスーパーを覗いてみましょう。ただし、以下のお店には販売されていると言った情報はなかったので注意してください。

・業務スーパー
・カルディ

①国産ポークあらびきウインナー|コープ(198円)

出典:https://goods.jccu.coop/lineup/4902220120215.html

コープのウインナーは安全性が高いと言われており、こちらはアミノ酸系の調味料は含まれてはいますが、発色剤となる亜硝酸ナトリウムが含まれていません。粗びきの食べごたえのある食感で、無添加でも美味しく食べられます。価格は85g198円で、比較的購入しやすく、大きさも子供のお弁当や朝食にも入れやすいのもメリットです。

CO・OP 国産ポークあらびきウインナー 85g(標準6本入)|商品情報|コープ商品サイト|日本生活協同組合連合会

②WHITE SMOKE 無添加スモークソーセージ |コストコ(1248円)

出典:https://item.rakuten.co.jp/cc21/591527-costco/

関連する記事

×