味噌汁は冷凍保存できる?日持ち期間は?解凍方法や味噌玉の作り方・レシピも紹介!

味噌汁は冷凍保存できるか知っていますか?今回は、味噌汁を冷凍保存する方法・ポイントや、日持ち期間の目安に加えて解凍方法を紹介します。味噌汁の賞味期限が切れた場合の特徴や保存向きの作り方・レシピも紹介するので、参考にしてみてくださいね。

目次

  1. 味噌汁は冷凍保存できる?日持ちする?
  2. 味噌汁の長期保存は冷凍がおすすめ
  3. 冷凍味噌汁の保存期間の目安
  4. 味噌汁を冷凍保存する際の注意点は?
  5. 冷凍に向いていない具材を使わない
  6. 味噌汁の冷凍での保存方法・ポイントは?
  7. 味噌汁を冷凍保存する方法
  8. ポイント①小分けして冷凍保存する
  9. ポイント②冷ましてから冷凍する
  10. ポイント③密閉して保存する
  11. ポイント④塩分濃度を高める
  12. 味噌汁を解凍する方法は?
  13. ①冷蔵で自然解凍する
  14. ②電子レンジを使って解凍する
  15. ③鍋を使って解凍する
  16. 味噌汁の賞味期限が切れた時の見分け方は?
  17. 味噌汁の賞味期限が切れた場合の特徴
  18. 冷凍できる味噌玉の作り方・レシピも紹介
  19. ①乾燥わかめの味噌玉
  20. ②えのき氷の味噌玉
  21. ③冷や汁用味噌玉
  22. 味噌汁を冷凍保存して美味しく食べよう

味噌汁は冷凍保存できる?日持ちする?

味噌汁は日本の食卓には欠かせない料理の一つではあるものの、作ることを負担に感じる場合もあるでしょう。ここでは、味噌汁は冷凍保存できるのか、日持ちするかどうかについて説明します。

味噌汁の長期保存は冷凍がおすすめ

味噌汁は冷凍での長期保存が可能で、解凍にも手間がかかりません。味噌汁は常温保存では6~24時間、冷蔵保存でも1~2日程度しか日持ちしない上に、風味が落ちるといった問題もあります。一方で、冷凍保存は風味も落ちない上に長く日持ちさせることができるため、すぐに味噌汁を食べる予定がない場合などにもおすすめです。

冷凍味噌汁の保存期間の目安

出来上がった味噌汁を作り置きとして冷凍する場合、保存期間は2週間程度です。密閉容器やジッパー付きの保存袋に入れて保存していても、期間が長くなれば冷凍焼けすることで風味が落ちます。上記の保存期間に関わらず、冷凍した味噌汁はなるべく早いうちに解凍して飲みきるようにしましょう。

(*味噌汁の日持ちについて詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

味噌汁は日持ちする?冷蔵庫だと何日?腐敗の見分け方や保存方法も紹介!

味噌汁を冷凍保存する際の注意点は?

味噌汁は冷凍保存ができますが、解凍後も美味しく食べるためには作る時点でいくつか注意すべき点があります。ここでは、味噌汁を冷凍保存する際の注意点を紹介しましょう。

冷凍に向いていない具材を使わない

味噌汁を冷凍保存する場合、以下の具材は使わないようにしましょう。

・豆腐
・人参
・じゃがいも
・こんにゃく
・卵


上記の食材は、冷凍することで組織が壊れて解凍後の食感が悪くなってしまうため、使用は避けた方が良いでしょう。なお、豆腐に限っては解凍後の食感が高野豆腐のようになるので、気にならない人も少なくないようです。

豚汁のように、こんにゃくやじゃがいもなどが入った具沢山の味噌汁を保存する時には、冷凍に向かない具材だけ取り分けてから冷凍するのが基本です。ただし、じゃがいもは潰しておくことで解凍後の食感の悪さが気にならなくなるので、一度取り出して潰してから冷凍するのも良いでしょう。

味噌汁の冷凍での保存方法・ポイントは?

解凍後にも美味しい味噌汁を飲みたいなら、ポイントを守って保存することが大切です。ここでは、味噌汁の冷凍での保存方法と保存する際のポイントを紹介します。

味噌汁を冷凍保存する方法

味噌汁を冷凍保存する方法は、以下の通りです。

①味噌汁の粗熱をとる
②味噌汁を密閉容器またはジッパー付きの保存袋に入れる
③金属バットの上に置いて冷凍庫に入れる


味噌汁を冷凍する際は、電子レンジでの加熱に対応している、蓋がついた密閉容器を活用するのがおすすめです。保存袋で保存する場合は、口がしっかりと閉まっていないと解凍中に漏れ出てしまう場合があるので注意しましょう。

上記の手順では金属バットの上に置いて冷凍していますが、このようにすることで凍結までの速度が早まって味噌汁の具材の組織が壊れにくくなるため、味や食感を保つことができます。

ポイント①小分けして冷凍保存する

味噌汁を冷凍保存する際には、1回に必要な量に小分けするのがポイントです。作った分をまとめて冷凍保存して解凍し、残った分を再冷凍すると風味が落ちるなどの劣化の原因となります。また、解凍と再冷凍を繰り返すと雑菌が繁殖しやすくなり、食中毒のリスクも高まるので注意が必要です。

小分けにしておくことで、解凍時間も短くなり、味や質の良い味噌汁を飲むことが出来るでしょう。なお、離乳食用などに味噌汁を少量ずつ冷凍したい場合には、製氷皿を使うのもおすすめです。その場合は、製氷皿で味噌汁が凍った後に取り出して、ジッパー付きの保存袋に移し替えてください。

ポイント②冷ましてから冷凍する

味噌汁を冷凍保存する時には、必ず冷ましてから冷凍庫に入れましょう。粗熱を取っておかないと、冷蔵庫に入れた際の温度差によって結露が生じ、傷みやすくなります。

また、冷めていない味噌汁を冷凍庫に入れることで庫内の温度が上がり、他の食材に悪影響を及ぼすリスクも高まります。さらに、何度も温かい食品を冷蔵庫に入れると、冷蔵庫の故障につながることもあるので注意してください。

ポイント③密閉して保存する

味噌汁を冷凍保存する際には、蓋つきの密閉容器またはジッパー付きの保存袋に入れるのが基本です。これは、冷凍庫にある他の食材のニオイがつかないようにすると共に、空気に触れて風味が落ちるのを避けるためです。

ポイント④塩分濃度を高める

冷凍保存した味噌汁の風味は、作る際に塩分濃度を高めておくのもポイントの一つです。塩分濃度を高めておくことで雑菌が繁殖しにくくなり、劣化を防いで長く日持ちさせることができます。濃さが気になる場合は、解凍時にお湯を加えるなどして調整すると良いでしょう。

(*味噌汁の保存方法について詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

味噌汁の保存方法・期間は?常温NG?冷蔵・冷凍で日持ちのコツや容器のおすすめも紹介!

味噌汁を解凍する方法は?

正しい手順を守って冷凍保存した味噌汁は、解凍方法にも気を付けることで美味しく食べることができます。ここでは、冷凍保存した味噌汁を解凍する方法を3つ紹介します。

①冷蔵で自然解凍する

冷凍した味噌汁を冷蔵で自然解凍する方法は、以下の通りです。

①食べる12時間前に冷凍庫から冷蔵庫に移す
②解凍されたら鍋または電子レンジで温める


冷凍した味噌汁は、自然解凍させただけでは冷たいので、電子レンジや鍋で温めてから食卓に並べましょう。自然解凍で長い時間をかけて解凍すると、風味が落ちにくいのがメリットです。

②電子レンジを使って解凍する

冷凍した味噌汁を電子レンジを使って解凍する場合は、以下の手順で行います。

①電子レンジ対応の容器に入った味噌汁を電子レンジに入れる
②解凍モードで温める
③解凍されたら、適温まで加熱する


解凍モードを使わずに加熱することもできますが、解凍時の温度変化が激しいと風味が落ちることがあるので、解凍の際は温度変化の少ない解凍モードを活用するのがおすすめです。解凍し終わった後に、適宜加熱しましょう。

③鍋を使って解凍する

冷凍した味噌汁を鍋を使って解凍する方法は、以下の通りです。

①冷凍した味噌汁を鍋にあける
②蓋をして加熱する


鍋を使った解凍方法は、解凍から加熱までを一気に進めることができますが、温度変化が急激なため風味が落ちてしまいがちです。美味しく食べたい場合には、自然解凍させた上で鍋で温めるようにしましょう。

味噌汁の賞味期限が切れた時の見分け方は?

冷凍した味噌汁は、賞味期限が切れて傷んでしまうことがあり、誤って飲むと危険なので見分け方を理解しておく必要があります。ここでは、味噌汁の賞味期限が切れた時の見分け方について説明します。

味噌汁の賞味期限が切れた場合の特徴

味噌汁の賞味期限が切れた場合の特徴として、以下のものがあげられます。

・酸っぱい臭いがする
・納豆のような臭いがする
・口に含むと酸味がする
・苦味を感じる
・粘り気がある
・白カビが浮いている


上記のうち一つでも当てはまるものがある場合は、賞味期限が切れている可能性が高いので食べてはいけません。誤って食べると食中毒を起こし、吐き気や嘔吐、下痢などの症状が起こることがあります。

味噌汁を冷凍する場合も、冷凍前に長時間にわたって常温に放置したことなどが原因で、傷んだまま冷凍してしまう場合があります。そのような味噌汁は、解凍時に上記のような臭いや味の変化が表れるので、その場合にも食べずに廃棄してください。

(*賞味期限切れの味噌汁について詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

味噌汁が酸っぱい原因は?腐ってる?傷みにくい保存法や作り方のコツを紹介!

冷凍できる味噌玉の作り方・レシピも紹介

ここまで、味噌汁の冷凍保存の方法などについて紹介しましたが、そのほかにもお湯を注ぐだけで味噌汁ができる味噌玉を作って冷凍しておく方法もあります。ここでは、おすすめの味噌玉の作り方やレシピを紹介します。

①乾燥わかめの味噌玉

出典:https://cookpad.com/recipe/6083608

乾燥したわかめとねぎ、小海老やちりめんじゃこなどの具材を味噌と混ぜるだけの、調理器具をほとんど使わずに作れる味噌玉です。出汁代わりに昆布茶を加えても良いでしょう。

冷凍作り置き☆味噌玉で簡単美味しい味噌汁 by earlybirdk 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが335万品

②えのき氷の味噌玉

出典:https://cookpad.com/recipe/6332590

冷凍することで旨味と栄養価が増すえのき氷を解凍し、刻んだ油揚げと味噌を合わせた味噌玉のレシピです。好みで乾燥わかめやネギを加えることで、より栄養バランスがよくなります。

えのき氷のみそ玉 by JA中野市 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが335万品

③冷や汁用味噌玉

出典:https://cookpad.com/recipe/5172671

ツナ缶や大葉、みょうがを使った冷や汁用の味噌玉は、暑い夏に重宝します。お椀に入れて少量の熱湯を入れて味噌を溶かし、そこに氷を入れれば即席の冷や汁が出来上がります。食べる直前に豆腐や納豆を加えると、より食べ応えが増すでしょう。

簡単★夏の味噌玉〜冷や汁かけご飯にも by shihokit 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが335万品

味噌汁を冷凍保存して美味しく食べよう

今回は、味噌汁を冷凍保存する方法・ポイントや解凍方法などを紹介しました。味噌汁を一度に作って冷凍保存すれば、調理の手間が大幅に軽減されます。味噌汁や味噌玉を冷凍保存して、美味しい味噌汁を手軽に楽しみましょう。

関連する記事