野菜炒めは冷凍保存できる?日持ち期間は?解凍法や作り置きレシピを紹介!

野菜炒めは冷凍保存できるか知っていますか?冷凍保存できると便利です。今回は、野菜炒めを冷凍保存する方法・コツや日持ち期間の目安や解凍方法を紹介します。野菜炒めの冷凍向きの作り方やアレンジレシピも紹介するので、参考にしてみてくださいね。

目次

  1. 野菜炒めは冷凍保存できる?
  2. 野菜炒めを作り置きする際は冷凍保存がおすすめ
  3. 野菜炒めを冷凍用に作る際のポイントは?
  4. ①食べ方によって味の濃さを変える
  5. ②火を通しすぎない
  6. ③冷凍に向いていない食材は避ける
  7. 野菜炒めの冷凍での保存方法・期間は?コツはある?
  8. 野菜炒めを冷凍保存する方法
  9. 保存のコツ①空気に触れないように密閉する
  10. 保存のコツ②小分けして冷凍する
  11. 保存のコツ③急速冷凍する
  12. 保存のコツ④冷ましてから冷凍庫に入れる
  13. 冷凍野菜炒めの日持ち期間は1ヶ月くらい
  14. 野菜炒めを解凍する方法は?
  15. 電子レンジを使って解凍する
  16. 冷凍向け野菜炒めの作り置きレシピ
  17. 材料
  18. 作り方・レシピ
  19. 野菜炒めを冷凍保存してうまく使おう

野菜炒めは冷凍保存できる?

野菜炒めはたくさんの野菜を取れる便利なレシピです。冷蔵庫の残り野菜を使い切る時は、あれもこれもと作りすぎ余ることも良くあります。そんな時冷凍できると助かります。野菜炒めが冷凍保存できるか説明しましょう。

野菜炒めを作り置きする際は冷凍保存がおすすめ

野菜炒めは中華料理にも洋風料理にも使えるので、あらかじめ作り置きしておける冷凍保存がおすすめです。冷蔵保存は水分が出て野菜が傷みやすくなるので作り置きには向きません。使う分を小分けにして冷凍保存しておくと焼きそばの具や八宝菜などにすぐ使え、お弁当作りなど時間の無いときでも助かります。

野菜炒めを冷凍用に作る際のポイントは?

野菜はたくさんの種類があるので、野菜炒めを冷凍用に作る際に抑えておきたいポイントは何でしょうか?それぞれの野菜の特徴や作り方を紹介します。

①食べ方によって味の濃さを変える

野菜炒めを冷凍保存した後、どのようにアレンジして食べるのか食べ方によって味の濃さを変えることはポイントの1つです。電子レンジで解凍して食べるなら濃い目に味付けすると良いでしょう。水分が出て味が薄くなるためです。他の食材と合わせて食べるときは野菜炒めの味付けは薄めにしておくと様々な料理に使いやすくなります。

②火を通しすぎない

野菜はシャキシャキ感が大切なので、野菜炒めは火を通しすぎないこともポイントです。野菜によっては火が通りにくいものからすぐ火が通るものまであります。特に冷凍用の野菜炒めは炒めてから冷凍保存して再加熱するので、火を通しすぎると食感が変わるものもあります。

時短のための冷凍保存とは言え、やはり食べる時は美味しく食べたいので再加熱してちょうど良い食感にとどめておきましょう。

③冷凍に向いていない食材は避ける

残念ながら冷凍に向いていない食材があります。冷凍に向いていないので避けたほうが良い野菜を紹介しましょう。

・レタス
・トマト
・もやし
・人参
・大根
・ごぼう

水分の多い野菜は、べちゃっとした食感に変わってしまうので冷凍保存には向いていません。また繊維質が多いものは冷凍することで臭いがきつくなり、筋っぽい食感が残ります。このような野菜は冷凍に向いていないので避けたほうが良いでしょう。

逆に冷凍に向いている野菜にキャベツがあります。キャベツは水分が少ないですが繊維があるので食感が気にならないように刻んで野菜炒めに加えましょう。

野菜炒めの冷凍での保存方法・期間は?コツはある?

野菜炒めは冷凍しておくと忙しいときは時短になり、あと一品欲しい時も加熱ですぐ食べられます。便利ではありますが最適な野菜炒めの保存方法は何があるでしょうか?保存期間やコツも知っておいたほうが良いので紹介します。

野菜炒めを冷凍保存する方法

野菜炒めを冷凍保存するポイント・手順を紹介します。

【ポイント・手順】
・あくの出る野菜は下茹でしておく
・使い切る量ずつ小分けして保存袋に入れる
・出来るだけ空気を抜いて密封し冷凍庫に入れる
・冷却効率を上げるために平らに保存する
・急速冷凍で一気に冷凍する
・冷凍保存日を記入して保存期間をわかりやすくする


野菜炒めを冷凍保存し、仕上げの再加熱で美味しく食べられる状態で保存することが大切です。

保存のコツ①空気に触れないように密閉する

関連する記事

×