野菜炒めは冷凍保存できる?日持ち期間は?解凍法や作り置きレシピを紹介!

野菜炒めは冷凍保存できるか知っていますか?冷凍保存できると便利です。今回は、野菜炒めを冷凍保存する方法・コツや日持ち期間の目安や解凍方法を紹介します。野菜炒めの冷凍向きの作り方やアレンジレシピも紹介するので、参考にしてみてくださいね。

目次

  1. 野菜炒めは冷凍保存できる?
  2. 野菜炒めを作り置きする際は冷凍保存がおすすめ
  3. 野菜炒めを冷凍用に作る際のポイントは?
  4. ①食べ方によって味の濃さを変える
  5. ②火を通しすぎない
  6. ③冷凍に向いていない食材は避ける
  7. 野菜炒めの冷凍での保存方法・期間は?コツはある?
  8. 野菜炒めを冷凍保存する方法
  9. 保存のコツ①空気に触れないように密閉する
  10. 保存のコツ②小分けして冷凍する
  11. 保存のコツ③急速冷凍する
  12. 保存のコツ④冷ましてから冷凍庫に入れる
  13. 冷凍野菜炒めの日持ち期間は1ヶ月くらい
  14. 野菜炒めを解凍する方法は?
  15. 電子レンジを使って解凍する
  16. 冷凍向け野菜炒めの作り置きレシピ
  17. 材料
  18. 作り方・レシピ
  19. 野菜炒めを冷凍保存してうまく使おう

野菜炒めは冷凍保存できる?

野菜炒めはたくさんの野菜を取れる便利なレシピです。冷蔵庫の残り野菜を使い切る時は、あれもこれもと作りすぎ余ることも良くあります。そんな時冷凍できると助かります。野菜炒めが冷凍保存できるか説明しましょう。

野菜炒めを作り置きする際は冷凍保存がおすすめ

野菜炒めは中華料理にも洋風料理にも使えるので、あらかじめ作り置きしておける冷凍保存がおすすめです。冷蔵保存は水分が出て野菜が傷みやすくなるので作り置きには向きません。使う分を小分けにして冷凍保存しておくと焼きそばの具や八宝菜などにすぐ使え、お弁当作りなど時間の無いときでも助かります。

野菜炒めを冷凍用に作る際のポイントは?

野菜はたくさんの種類があるので、野菜炒めを冷凍用に作る際に抑えておきたいポイントは何でしょうか?それぞれの野菜の特徴や作り方を紹介します。

①食べ方によって味の濃さを変える

野菜炒めを冷凍保存した後、どのようにアレンジして食べるのか食べ方によって味の濃さを変えることはポイントの1つです。電子レンジで解凍して食べるなら濃い目に味付けすると良いでしょう。水分が出て味が薄くなるためです。他の食材と合わせて食べるときは野菜炒めの味付けは薄めにしておくと様々な料理に使いやすくなります。

②火を通しすぎない

野菜はシャキシャキ感が大切なので、野菜炒めは火を通しすぎないこともポイントです。野菜によっては火が通りにくいものからすぐ火が通るものまであります。特に冷凍用の野菜炒めは炒めてから冷凍保存して再加熱するので、火を通しすぎると食感が変わるものもあります。

時短のための冷凍保存とは言え、やはり食べる時は美味しく食べたいので再加熱してちょうど良い食感にとどめておきましょう。

③冷凍に向いていない食材は避ける

残念ながら冷凍に向いていない食材があります。冷凍に向いていないので避けたほうが良い野菜を紹介しましょう。

・レタス
・トマト
・もやし
・人参
・大根
・ごぼう

水分の多い野菜は、べちゃっとした食感に変わってしまうので冷凍保存には向いていません。また繊維質が多いものは冷凍することで臭いがきつくなり、筋っぽい食感が残ります。このような野菜は冷凍に向いていないので避けたほうが良いでしょう。

逆に冷凍に向いている野菜にキャベツがあります。キャベツは水分が少ないですが繊維があるので食感が気にならないように刻んで野菜炒めに加えましょう。

野菜炒めの冷凍での保存方法・期間は?コツはある?

野菜炒めは冷凍しておくと忙しいときは時短になり、あと一品欲しい時も加熱ですぐ食べられます。便利ではありますが最適な野菜炒めの保存方法は何があるでしょうか?保存期間やコツも知っておいたほうが良いので紹介します。

野菜炒めを冷凍保存する方法

野菜炒めを冷凍保存するポイント・手順を紹介します。

【ポイント・手順】
・あくの出る野菜は下茹でしておく
・使い切る量ずつ小分けして保存袋に入れる
・出来るだけ空気を抜いて密封し冷凍庫に入れる
・冷却効率を上げるために平らに保存する
・急速冷凍で一気に冷凍する
・冷凍保存日を記入して保存期間をわかりやすくする


野菜炒めを冷凍保存し、仕上げの再加熱で美味しく食べられる状態で保存することが大切です。

保存のコツ①空気に触れないように密閉する

野菜を保存袋に入れたら、出来るだけ空気に触れないように密閉してください。空気に触れると酸化が進み食材が傷みやすくなります。冷凍庫内で他の食材の臭いを移さない為にも密閉しましょう。

保存のコツ②小分けして冷凍する

冷凍した野菜を使うときに、食べる分だけ使って再冷凍するのは劣化するのでお勧めできません。使う分だけを小分けにして冷凍しておけば再冷凍での野菜の劣化を防げます。美味しく食べるためのコツです。

保存のコツ③急速冷凍する

野菜を急速冷凍することで味や食感が悪くなることを防げます。冷凍庫に急速冷凍の機能がなくても、熱伝導の良い金属のトレイに保存袋を置くことで急速冷凍の効果を出せます。金属のトレイなども無いときは保存袋をアルミホイルで包むのも良いでしょう。

保存のコツ④冷ましてから冷凍庫に入れる

野菜炒めを作った後、粗熱を取り冷ましてから冷凍庫に入れましょう。熱い状態で冷凍庫に保存すると庫内の他の食材の劣化を招きます。冷凍庫に入れたら冷凍温度を強にして一気に冷凍しましょう。

冷凍野菜炒めの日持ち期間は1ヶ月くらい

冷凍野菜炒めの日持ち期間は最大1か月位は大丈夫と言われています。この期間は野菜炒めの冷凍保存方法と冷凍庫内の環境が最適な場合です。一般の家庭で調理した食材は大体1~2週間のうちに食べるほうが良いでしょう。冷凍庫の開け閉めで温度が変わったり日にちが経つと風味や味、香りまで変わります。冷凍庫は万全ではないので早めに食べるようにしましょう。

野菜炒めを解凍する方法は?

冷凍した野菜炒めの解凍にはどんな方法があるでしょうか?野菜炒めは様々な食材が冷凍されているので調理しやすい最適な解凍方法を紹介します。

電子レンジを使って解凍する

野菜炒めの解凍は電子レンジを使ってするのが一番です。すでに加熱調理されている食材は電磁波を使った電子レンジ解凍が向いています。

【方法・手順】
1、冷凍庫から取り出した状態のまま電子レンジに入れる
2、目安は1食分600Wで3分程度加熱する

【ポイント】
・完全に解凍できてなくても次の調理行程で加熱できる

急速解凍が美味しく食べられるポイントなので、電子レンジで一気に解凍します。生鮮食品とは違い、時間をかけて徐々に解凍すると水分が出て味や食感が落ちます。

冷凍向け野菜炒めの作り置きレシピ

冷凍保存するための野菜炒めの作り置きレシピを知ることは、冷凍野菜炒めの基本なので紹介します。参考にしてください。

材料

野菜炒め5食分の材料です。

・キャベツ   1/4
・人参     1本
・豚肉     1パック
・きくらげ   お好み
・海老     お好み
・塩コショウ  各少々

作り方・レシピ

出典:https://cookpad.com/recipe/6059584

一度に5食分作って小分けにして冷凍します。中華丼、焼きそば、回鍋肉などの料理に使うとよいでしょう。肉は火を通しきるようにしてください。

【作り置き】野菜炒め5食分【冷凍保存】 by ミランダ・ガー 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが335万品

野菜炒めを冷凍保存してうまく使おう

野菜炒めを冷凍保存しておくと調理時間を短縮出来て助かります。あと一品欲しいときやメインの食材の肉や魚の付け合わせに解凍するだけなので便利です。紹介したよう冷凍保存してうまく活用し野菜不足を解消しましょう。

関連する記事