野菜炒めは冷凍保存できる?日持ち期間は?解凍法や作り置きレシピを紹介!

野菜炒めは冷凍保存できるか知っていますか?冷凍保存できると便利です。今回は、野菜炒めを冷凍保存する方法・コツや日持ち期間の目安や解凍方法を紹介します。野菜炒めの冷凍向きの作り方やアレンジレシピも紹介するので、参考にしてみてくださいね。

目次

  1. 野菜炒めは冷凍保存できる?
  2. 野菜炒めを作り置きする際は冷凍保存がおすすめ
  3. 野菜炒めを冷凍用に作る際のポイントは?
  4. ①食べ方によって味の濃さを変える
  5. ②火を通しすぎない
  6. ③冷凍に向いていない食材は避ける
  7. 野菜炒めの冷凍での保存方法・期間は?コツはある?
  8. 野菜炒めを冷凍保存する方法
  9. 保存のコツ①空気に触れないように密閉する
  10. 保存のコツ②小分けして冷凍する
  11. 保存のコツ③急速冷凍する
  12. 保存のコツ④冷ましてから冷凍庫に入れる
  13. 冷凍野菜炒めの日持ち期間は1ヶ月くらい
  14. 野菜炒めを解凍する方法は?
  15. 電子レンジを使って解凍する
  16. 冷凍向け野菜炒めの作り置きレシピ
  17. 材料
  18. 作り方・レシピ
  19. 野菜炒めを冷凍保存してうまく使おう

野菜を保存袋に入れたら、出来るだけ空気に触れないように密閉してください。空気に触れると酸化が進み食材が傷みやすくなります。冷凍庫内で他の食材の臭いを移さない為にも密閉しましょう。

保存のコツ②小分けして冷凍する

冷凍した野菜を使うときに、食べる分だけ使って再冷凍するのは劣化するのでお勧めできません。使う分だけを小分けにして冷凍しておけば再冷凍での野菜の劣化を防げます。美味しく食べるためのコツです。

保存のコツ③急速冷凍する

野菜を急速冷凍することで味や食感が悪くなることを防げます。冷凍庫に急速冷凍の機能がなくても、熱伝導の良い金属のトレイに保存袋を置くことで急速冷凍の効果を出せます。金属のトレイなども無いときは保存袋をアルミホイルで包むのも良いでしょう。

保存のコツ④冷ましてから冷凍庫に入れる

野菜炒めを作った後、粗熱を取り冷ましてから冷凍庫に入れましょう。熱い状態で冷凍庫に保存すると庫内の他の食材の劣化を招きます。冷凍庫に入れたら冷凍温度を強にして一気に冷凍しましょう。

冷凍野菜炒めの日持ち期間は1ヶ月くらい

冷凍野菜炒めの日持ち期間は最大1か月位は大丈夫と言われています。この期間は野菜炒めの冷凍保存方法と冷凍庫内の環境が最適な場合です。一般の家庭で調理した食材は大体1~2週間のうちに食べるほうが良いでしょう。冷凍庫の開け閉めで温度が変わったり日にちが経つと風味や味、香りまで変わります。冷凍庫は万全ではないので早めに食べるようにしましょう。

野菜炒めを解凍する方法は?

冷凍した野菜炒めの解凍にはどんな方法があるでしょうか?野菜炒めは様々な食材が冷凍されているので調理しやすい最適な解凍方法を紹介します。

電子レンジを使って解凍する

野菜炒めの解凍は電子レンジを使ってするのが一番です。すでに加熱調理されている食材は電磁波を使った電子レンジ解凍が向いています。

【方法・手順】
1、冷凍庫から取り出した状態のまま電子レンジに入れる
2、目安は1食分600Wで3分程度加熱する

【ポイント】
・完全に解凍できてなくても次の調理行程で加熱できる

急速解凍が美味しく食べられるポイントなので、電子レンジで一気に解凍します。生鮮食品とは違い、時間をかけて徐々に解凍すると水分が出て味や食感が落ちます。

冷凍向け野菜炒めの作り置きレシピ

冷凍保存するための野菜炒めの作り置きレシピを知ることは、冷凍野菜炒めの基本なので紹介します。参考にしてください。

材料

野菜炒め5食分の材料です。

・キャベツ   1/4
・人参     1本
・豚肉     1パック
・きくらげ   お好み
・海老     お好み
・塩コショウ  各少々

作り方・レシピ

関連する記事

×