マカロニサラダは冷凍できる?保存方法や日持ち期間は?解凍のコツや作り方・レシピも紹介!

マカロニサラダは冷凍保存できるかを知っていますか?今回は、マカロニサラダを冷凍保存する方法やポイントにくわえ、解凍法と賞味期限の目安を紹介します。マカロニサラダの賞味期限切れの見分け方や保存向きのレシピも紹介するので、参考にしてみてくださいね。

目次

  1. マカロニサラダは冷凍保存できる?できない?
  2. マカロニサラダはポイントを押さえれば冷凍保存できる
  3. マカロニサラダを冷凍する際のポイントは?
  4. ①マカロニの茹で時間を長くする
  5. ②マカロニにオリーブオイルなどを絡める
  6. ③水分の多い・食感が変わる具材は入れない
  7. ④カロリーオフのマヨネーズを使う
  8. ⑤小分けして冷凍する
  9. ⑥空気に触れないようにする
  10. マカロニサラダの冷凍での保存方法・日持ち期間は?
  11. マカロニサラダの冷凍保存する方法
  12. マカロニサラダの賞味期限
  13. マカロニサラダを解凍する方法は?
  14. ①冷蔵で自然解凍する
  15. ②電子レンジを使って解凍する
  16. ③凍ったままお弁当に入れる
  17. マカロニサラダの賞味期限切れの見分け方は?
  18. マカロニサラダの賞味期限切れの特徴
  19. マカロニサラダの保存向きの作り方・レシピ
  20. 材料
  21. 作り方・手順
  22. マカロニサラダを冷凍保存して美味しく食べよう

マカロニサラダは冷凍保存できる?できない?

具材や味付けを変えてさまざまなアレンジを楽しめるマカロニサラダは、子どもから大人まで幅広く人気のある料理です。しかし、他のサラダに比べて手間が掛かるため、マカロニサラダを冷凍で長期保存ができれば便利ですが、マカロニサラダは冷凍保存できるのでしょうか。

マカロニサラダはポイントを押さえれば冷凍保存できる

マカロニサラダは冷凍で保存できるため、食事やお弁当用の作り置きにも活用できます。しかし、マカロニサラダの作り立ての美味しさを維持したまま冷凍保存するためには、押さえておくべきポイントがあり、マカロニサラダを作る段階から注意が必要となります。

マカロニサラダを冷凍する際のポイントは?

マカロニサラダの美味しい味を維持したまま冷凍保存するためには、使用する具材・調理方法・保存方法において注意が必要です。ここでは、マカロニサラダを冷凍する際、注意しておくべきポイントを6つ紹介します。

①マカロニの茹で時間を長くする

茹で時間・水にさらす時間ともに、通常より長くしましょう。茹で時間は袋に記載されている時間より1~2分長くし、水にさらす時間は通常の2倍が目安となります。このようにすることで、マカロニの中にしっかり水分を閉じ込めることができ、解凍後もマカロニが硬くなることなくモチっとした食感を維持できます。

また、マカロニを水にさらしている時に、表面のぬめりをしっかり落としておきましょう。マカロニ同士がくっつくことを防ぎ、具材と絡みやすくなります。

②マカロニにオリーブオイルなどを絡める

出典:https://www.kewpie.co.jp/recipes/basicsalad/salad02/

茹でたマカロニはしっかり水気を切り、オリーブオイルやサラダ油を絡めておきましょう。マカロニの表面を油でコーティングすることで、マカロニの中に閉じ込めた水分を逃がさないだけでなく、マカロニサラダの味付けに欠かせないマヨネーズと馴染みやすくなります。

③水分の多い・食感が変わる具材は入れない

冷凍に向いていない具材・向いている具材は、以下の通りです。

【冷凍に向いていない具材】
・きゅうり
・レタス
・玉ねぎ
・じゃがいも
・ゆで卵(白身)


【冷凍に向いている具材】
・ホールコーン
・枝豆
・ツナ
・ハム
・ゆで卵(黄身)

きゅうり・レタス・玉ねぎなど水分を多く含む食材は、マカロニサラダの冷凍保存に適しません。解凍することで染み出た水分が、味を薄めたり、マヨネーズを分離させてしまいます。

冷凍に向かない食材の中には、冷凍することで食感が悪くなる食材もあります。ホクホクした食感が魅力のじゃがいもは、冷凍すると水分が抜けて食味が落ちてしまいます。ゆで卵の白身は冷凍することでゴムのような食感になるほか、変色してしまいます。ゆで卵の黄身は冷凍しても問題がなく、マヨネーズとしっかり絡みます。

④カロリーオフのマヨネーズを使う

マカロニサラダの味付けに欠かせないマヨネーズは、カロリーオフのマヨネーズがおすすめです。冷凍したマヨネーズを解凍すると、油と酢に分離してしまいます。しかし、特殊技術を使って作られるカロリーオフのマヨネーズは、解凍しても油と酢は分離することがなく、解凍後のマカロニサラダも味は劣化せず作り立てと同じ味を楽しめます。

⑤小分けして冷凍する

出典:https://twitter.com/BullseyeS2/status/865809868766064640/photo/1

大量にマカロニサラダを作ったときは、1食分など小分けして冷凍するようにしましょう。小分けせず1つにまとめて冷凍保存をするほうが手間は掛かりませんが、必要な分を取り分ける際に再冷凍・解凍が必要となります。基本的に冷凍食品の再冷凍はNGとされており、中でも家庭で調理された食品を2回以上解凍すると食品が傷んでしまいます。

⑥空気に触れないようにする

マカロニサラダを保存袋に入れた後は、中の空気をしっかり抜き密閉しましょう。マカロニサラダは空気に触れることで酸化し、傷みやすくなってしまいます。

マカロニサラダの冷凍での保存方法・日持ち期間は?

マカロニサラダを冷凍保存する際の注意点を紹介してきましたが、どのように冷凍保存をしたら良いのでしょうか。ここでは、マカロニサラダの正しい冷凍保存方法と冷凍したマカロニサラダの賞味期限を紹介します。

マカロニサラダの冷凍保存する方法

マカロニサラダの冷凍保存方法は、以下の通りです。

【手順】
①1食分ずつ保存袋に入れる
②空気を抜いて密閉し、平らにする
③平らの状態のまま冷凍庫に入れる


冷蔵庫で数日保存したマカロニサラダは品質が少し低下してしまうため、作ったその日のうちに冷凍保存することをおすすめします。お弁当用に少量ずつ保存したい場合は、製氷皿やお弁当用カップに小分けした後、密閉できる保存袋やタッパーに入れましょう。

マカロニサラダの賞味期限

冷凍保存しているマカロニサラダの賞味期限は、最大1か月程度です。しかし、冷凍庫の開閉による温度変化で、小さな解凍・冷凍を繰り返し品質が徐々に落ちてしまうため、出来るだけ早めに食べるようにしましょう。

マカロニサラダを解凍する方法は?

これまでマカロニサラダを美味しい状態のまま冷凍保存するポイントを紹介してきましたが、解凍するときにも注意すべき点はあるのでしょうか。ここでは、冷凍のマカロニサラダの解凍方法を3種類紹介します。

①冷蔵で自然解凍する

他の食材と同様に、マカロニサラダも冷蔵庫で自然解凍することができます。解凍時間はマカロニサラダの量によって異なりますが、タッパーごと解凍する場合は6~8時間、小鉢くらいの少量の場合は2~3時間が目安です。解凍時間が掛かってしまいますが、味の劣化が少なく、時間に余裕があるときにおすすめです。

②電子レンジを使って解凍する

電子レンジで熱を加えて、マカロニサラダを解凍することもできます。短時間で解凍できるので、時間がないときや急遽献立を決めたときなどにおすすめです。しかし、マヨネーズが分離したり、解凍ムラが出たりと味が落ちてしまるデメリットもあります。味の劣化を最小限に抑えるために、解凍状態を確認しながら30秒など短時間ずつ何度か温めて解凍しましょう。

③凍ったままお弁当に入れる

お弁当に冷凍マカロニサラダを入れる際は、凍ったままお弁当に入れればお昼には自然解凍できて食べれる状態になっています。お弁当用カップに入れて冷凍保存していれば、弁当箱に移すだけなので忙しい朝に時短ができて便利です。また、保冷剤の役割も果たし、お弁当のおかずの傷みを防ぎます。

マカロニサラダの賞味期限切れの見分け方は?

冷凍で保存したマカロニサラダの賞味期限は約1か月と紹介しましたが、あくまでも目安に過ぎません。賞味期限切れになっていないか、マカロニサラダを食べる前に確認するようにしましょう。ここでは、マカロニサラダが賞味期限切れか見分ける方法を紹介します。

マカロニサラダの賞味期限切れの特徴

賞味期限の切れたマカロニサラダの特徴は、以下の4点です。

・ツンとした臭いがする
・酸っぱい味がする
・糸を引く
・カビが生える


見た目や匂いで上記の特徴に当てはまる場合は、食べるのを止めましょう。また、マカロニサラダを1口食べてみて味が変だと感じた場合も、腐っている可能性があるので注意が必要です。

マカロニサラダの保存向きの作り方・レシピ

出典:https://cookpad.com/recipe/5896766

数あるマカロニサラダのレシピの中から、おすすめのレシピを1つ紹介します。具材に水分の多い野菜を使っておらず、長期保存に向いているマカロニサラダです。

材料

・卵:3個
・酢:小さじ1
・マカロニ:50g
・塩:少々
・オリーブオイル:小さじ1
・ベーコン:4枚
・ブロッコリー:1株
・コーン:適量
・マヨネーズ:大さじ3
・粉チーズ:小さじ1
・牛乳:小さじ1
・塩コショウ:少々

作り方・手順

保存に向いているマカロニサラダのレシピは、以下の通りです。

【手順】
①酢を入れた水を沸騰させ、卵を12分茹でる
②ブロッコリーを茹で、3等分に切る
③ベーコンを1cm幅、ゆで卵を粗くみじん切りにする
④マカロニを塩茹でし、水気を切ってオリーブオイルをかける
⑤ボウルに材料をすべて入れ、和える


水分はマカロニサラダを傷ませる要因の1つになってしまうため、茹でたり水洗いした材料の水気はすべてしっかり切りましょう。こちらのレシピではゆで卵を黄身・白身ともに使っていますが、冷凍保存する場合は黄身だけ使用することをおすすめします。

マカロニサラダの定番の具材であるきゅうりやレタスをはじめ、冷凍保存に向かない食材を入れたいときは、食べる直前に和えるようにしましょう。

ツナとコーンのマカロニサラダ☆ by こと味 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが335万品

マカロニサラダを冷凍保存して美味しく食べよう

マカロニサラダの冷凍保存方法をはじめ、解凍方法や基本的なレシピを紹介しました。マカロニサラダを作る段階から数々の注意が必要にはなりますが、正しい方法で調理・冷凍保存ができれば美味しい状態のまま長持ちさせられます。マカロニサラダを一度にまとめて作り冷凍保存することで、料理の時短にもつながることでしょう。

関連する記事