明太子は冷凍保存できる?賞味期限は?解凍法やレシピ・使い方のおすすめを紹介!

明太子は冷凍保存できるか知っていますか?冷凍できると日持ちさせたい時に便利ですが、今回は、明太子を冷凍保存する方法・ポイントや、日持ち期間の目安に加えて解凍方法を紹介します。明太子の賞味期限が切れた場合の特徴やレシピも紹介するので、参考にしてみてくださいね。

目次

  1. 明太子は冷凍保存できる?日持ちする?
  2. 明太子を長期間保存する場合は冷凍がおすすめ
  3. 明太子は冷凍すると皮が取り除きやすくなるメリットもある
  4. 明太子を冷凍保存する際のポイント
  5. ポイント①小分けして冷凍保存する
  6. ポイント②急速冷凍する
  7. ポイント③空気に触れないようにする
  8. 明太子の冷凍での保存方法・賞味期限は?
  9. 明太子を冷凍保存する方法
  10. バラ子の明太子を冷凍保存する方法
  11. 賞味期限・保存期間は約3ヶ月ほど
  12. 冷凍明太子を解凍する方法は?
  13. ①冷蔵で自然解凍する
  14. ②流水解凍する
  15. ③凍ったまま加熱調理して使う
  16. 解凍後の再冷凍は厳禁
  17. 明太子の賞味期限が切れた時の見分け方は?
  18. 明太子の賞味期限が切れた場合の特徴
  19. 冷凍明太子の使い方・レシピのおすすめ
  20. ①明太子パスタ
  21. ②明太子クリームうどん
  22. ③タラモサラダ
  23. ④ズッキーニの明太マヨチーズ焼き
  24. ⑤明太子と豚肉のホイル焼き
  25. ⑥いかとじゃがいもとわかめの明太子バター
  26. 明太子を冷凍保存して美味しく食べよう

明太子は冷凍保存できる?日持ちする?

明太子は魚卵ですので、それほど賞味期限が長い食品とはいえません。また日持ちさせたい場合、冷蔵と冷凍のどちらが適しているのかを知りたいところです。ここでは、明太子は冷凍保存できるのか、日持ちするのかについて説明します。

明太子を長期間保存する場合は冷凍がおすすめ

明太子の賞味期限を延ばし長期保存したいなら、冷蔵より冷凍がおすすめです。明太子を冷蔵保存した場合、日持ちする期間は2週間ほどしかありません。しかし明太子を冷凍保存することで、冷蔵より長期間、日持ちさせることができます。

明太子は冷凍すると皮が取り除きやすくなるメリットもある

明太子を使って調理する際、皮を取り除くのに苦労することがあります。しかし冷凍した明太子は、端に少し包丁を入れるだけで簡単に皮を取り除くことが可能です。皮を取り除いた明太子を使う料理をしたい時には、あらかじめ冷凍保存しておくのもよさそうです。

明太子を冷凍保存する際のポイント

明太子を冷凍保存する際には、日持ちさせるだけでなく、美味しく賞味期限を延ばす方法を実践するのがおすすめです。ここでは、明太子を冷凍保存する際のポイントを3つ紹介します。

ポイント①小分けして冷凍保存する

明太子は1回に使用する量を目安に小分けしてから、冷凍保存しましょう。まとめて明太子を冷凍保存し、解凍して使いきれなかった時に再冷凍すると、劣化するうえ傷む可能性も否定できません。明太子に含まれた水分が冷凍の際に膨張し、細胞組織を壊すことで風味が低下していくので、再冷凍はしないよう徹底しましょう。

ポイント②急速冷凍する

明太子の賞味期限を延ばして日持ちさせたいなら、急速冷凍するのも鉄則です。急速冷凍とは、短時間で食材を冷凍することをさし、食品内に含まれる水分を必要以上に膨張させることなく凍結させることで、組織細胞の破壊を防ぎます。

明太子を含めて急速冷凍した食材は、組織の損傷が少なくなるため風味を落とさずに保存可能です。冷蔵庫に急速冷凍機能がついていない場合は、金属バットの上に保存する明太子をのせてから冷凍庫に入れましょう。

ポイント③空気に触れないようにする

明太子の冷凍保存方法は次章で詳述しますが、日持ちさせたいなら明太子が空気に触れないようにすることが大事です。明太子に限らず、冷凍保存中に空気に触れた食品は乾燥と酸化が進み冷凍焼けを起こします。明太子が酸化することで風味が落ちるだけでなく、傷む原因にもなるので注意が必要です。

明太子の冷凍での保存方法・賞味期限は?

明太子が冷凍保存できると、美味しく日持ちさせることができそうですが、正しい方法で処理することが前提です。ここでは、明太子の冷凍での保存方法と賞味期限について説明します。

明太子を冷凍保存する方法

関連する記事

×