ピーマンの肉詰めの冷凍での保存方法・期間は?焼き方や作り置きレシピも紹介!

ピーマンの肉詰めの正しい冷凍保存方法を知っていますか?今回は、ピーマンの肉詰めを〈冷凍〉で保存する方法・ポイントや、保存期間の目安に加えて解凍方法・焼き方も紹介します。ピーマンの肉詰めの材料が余った時の冷凍方法や、冷凍でも美味しいピーマンの肉詰めレシピも紹介するので、参考にしてみてくださいね。

目次

  1. ピーマンの肉詰めの正しい保存方法は?
  2. ピーマンの肉詰めは焼いた後の冷凍保存がおすすめ
  3. ピーマンを生で冷凍するデメリット
  4. ピーマンの肉詰めの冷凍での保存方法・期間は?
  5. ピーマンの肉詰めを冷凍保存する方法
  6. ピーマンの肉詰めの冷凍での賞味期限・保存期間
  7. ピーマンの肉詰めを冷凍保存する際のポイントは?
  8. ①小分けして冷凍保存する
  9. ②空気に触れないようにラップで包む
  10. ③急速冷凍する
  11. ④煮汁は分けて冷凍する
  12. 冷凍ピーマンの肉詰めの解凍方法・焼き方は?
  13. ピーマンの肉詰めの賞味期限が切れた時の見分け方は?
  14. 賞味期限切れのピーマンの肉詰めの特徴
  15. ピーマンの肉詰めの材料が余った場合の保存方法は?
  16. 生のピーマンの冷凍での保存方法・期間
  17. ひき肉の冷凍での保存方法・期間
  18. 冷凍でも美味しいピーマンの肉詰めの作り置きレシピ
  19. ①チーズ入りピーマンの肉詰め
  20. ②エノキ入りピーマンの肉詰め
  21. ③ピーマンの肉詰めの和風煮
  22. ピーマンの肉詰めは冷凍保存がおすすめ

ピーマンの肉詰めの正しい保存方法は?

ピーマンが苦手なお子様でも食べやすいピーマンの肉詰めは、お弁当のおかずにもなるので一度に多く作ってしまうことがあります。余ってしまったピーマンの肉詰めは、どのようにして保存すれば長い期間保存ができるのでしょうか。

ピーマンの肉詰めは焼いた後の冷凍保存がおすすめ

ピーマンの肉詰めは冷凍での保存が最も適しています。冷凍する際はあらかじめ火を通して、粗熱をとってから冷凍保存するようにするとよいでしょう。冷凍する場合でも特別な焼き方は必要なく、通常通りの焼き方で大丈夫です。冷蔵でも保存はできますが、保存可能な期間は冷凍より短くなってしまうので早めに食べきるようにしましょう。

ピーマンを生で冷凍するデメリット

ピーマンを生で冷凍保存することによって生じるデメリットは以下の通りです。

・皮が硬くなる
・風味が落ちる
・色が落ちる

ピーマンを生の状態で冷凍庫へ入れると、皮が硬くなり食感が悪くなってしまうだけでなく、色や風味が悪くなり味や見た目まで悪くなってしまいます。一度加熱してから冷凍する事でこれらのデメリットは回避することができるので、ピーマンの肉詰めにした場合も焼いてからの冷凍保存がおすすめになります。

(*ピーマンの冷凍保存について詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

ピーマンは冷凍保存できる?日持ち期間は?おかずやお弁当向きのレシピを紹介!

ピーマンの肉詰めの冷凍での保存方法・期間は?

ピーマンの肉詰めは冷蔵より冷凍保存のほうが長持ちしますが、どのようにして保存するのが正しいのでしょうか。正しい冷凍保存の方法と、冷凍での保存可能な期間を紹介します。

ピーマンの肉詰めを冷凍保存する方法

ピーマンの肉詰めを冷凍保存する方法は以下の通りです。

①火を通したピーマンの肉詰めの粗熱をとる
②冷めたら1個ずつラップで包む
③ジッパー付きの保存袋に入れて冷凍庫へ入れる

ピーマンの肉詰めを冷凍保存しておけば、お弁当のおかずなどに使うことができるので非常に便利です。焼いてから冷凍する事でピーマンの苦みも軽減されるので、ピーマンの苦みが苦手な方でも食べやすくなります。

ピーマンの肉詰めの冷凍での賞味期限・保存期間

ピーマンの肉詰めの冷凍での保存期間は、1か月が目安になります。火の通りが甘かったり、水気が多くて霜が多いと1か月より早く劣化してしまうこともあるので、保存可能期間内でも解凍して食べる前には臭いなどに異常がないか確かめるようにしましょう。

ピーマンの肉詰めを冷凍保存する際のポイントは?

ピーマンの肉詰めの正しい保存方法がわかりましたが、その際に気を付けるべきポイントはあるのでしょうか。美味しく長持ちさせるために必要なポイントを紹介します。

①小分けして冷凍保存する

関連する記事

×