魚の数え方や単位は?匹・尾の違いはある?種類や切り身など状態別での呼び分けも解説!

魚の数え方・単位を知っていますか?今回は、魚の様々な数え方を〈エビ・サメ・マグロ・うなぎ〉など種類別にそれぞれ紹介します。〈切り身・刺身・蒲焼き〉など状態別での数え方も紹介するので、参考にしてみてくださいね。魚を状態別にきちんと数えられるようになりましょう。

目次

  1. 魚の数え方は「匹」「尾」ではないの?
  2. 魚が自然界に生きている場合は「匹」
  3. 魚が捕らえられた場合は「尾」などに単位が変わる
  4. 魚の【種類別】数え方と単位
  5. 小型の魚介類は大体「匹」
  6. ①大きい&細長い魚の場合:本(ほん)
  7. ②小さい&細長い魚の場合:条(じょう)・筋(すじ)
  8. ③平べったい魚の場合:枚(まい)
  9. ④サメなど大きい魚の場合:頭(とう)
  10. ⑤カニ・イカ:杯(はい)
  11. ⑥鯉は「折(おり)」
  12. 魚の【状態別】数え方と単位
  13. ①小型魚の下された切り身:枚(まい)
  14. ②魚の干物:枚(まい)・連(れん)
  15. ③細長い魚の解体状況別での単位
  16. ④うなぎの蒲焼き:串(くし)
  17. ⑤魚の卵:腹(はら)
  18. 魚の数え方はいろいろ

魚の数え方は「匹」「尾」ではないの?

魚を数えるときには匹や尾、本や枚など様々な数え方がありますが、どのように使い分けたらよいのでしょうか。ここでは魚の数え方や単位の違いを解説するので、魚の状態に応じて正しく単位を使い分けられるようにしましょう。

魚が自然界に生きている場合は「匹」

「匹」は魚のみならず、そのほかの動物を数えるためにもよく使われる単位です。この匹の数え方は、川や海など、魚が自然界に生きている場合に用いられます。また、頭から尾までがすべてそろっている場合にも匹が使われる事があります。

魚が捕らえられた場合は「尾」などに単位が変わる

自然界で生きている魚が捕らえられ、食材としてみなされると「尾」などに単位が変わります。そのため、たとえ生きていたとしても、魚屋で生け簀に入れられて泳いでいる魚は尾が単位になる場合もあるようです。しかし、魚の形態や大きさによっても単位は変化するのが実情です。種類別の数え方と単位については次の項目で詳しく説明するので参考にしてください。

魚の【種類別】数え方と単位

前述した通り、魚は大きさや種類によって数え方が異なります。ここでは、魚の特徴別に数え方と単位をそれぞれ紹介するので、単位の使い分け方を理解しておきましょう。

小型の魚介類は大体「匹」

下記のような小型の魚介類については、数える際の単位は「匹」になります。

・えび
・あじ
・サバ
・ニジマス
・いわし


匹は魚が自然界に生きている場合に使用する単位だと前述しましたが、匹は最も一般的に使われる単位と言えます。スーパーなどでパックに入った状態で1匹丸ごと販売されている程度の大きさの魚介類であれば、基本的には匹を単位にしても問題ないでしょう。

①大きい&細長い魚の場合:本(ほん)

下記のような魚を数えるときは本という単位を使います。

・かつお
・マグロ
・ブリ
・鰆
・さんま


一本釣りという言葉があるように、大きくて細長い魚を数える際には本を用います。ちなみに、本という単位が使われるのは加工前の頭から尻尾までがそろっている状態であり、加工後はその状態に応じて単位も変わります。

②小さい&細長い魚の場合:条(じょう)・筋(すじ)

魚の中でも小さく細長い魚の場合、条や筋という単位が使用されています。具体的には下記のような魚が当てはまります。

・サヨリ
・しらうお
・タイ
・チンアナゴ
・たちうお


光を一筋と表現するように、条も筋も細長いものを数えるときの単位として昔から使われています。小型の魚なので匹が単位に使われることもありますが、細い場合は条や筋を使うと良いでしょう。

③平べったい魚の場合:枚(まい)

見た目が平べったい下記のような魚は枚と数えられます。

・ひらめ
・かれい
・エイ
・鯛
・シタビラメ


枚という単位は、お皿や板など平面的でひらべったいものに使う数え方であり、上記の写真のようにに平たい木の葉型の魚は枚と呼ぶと覚えておくと良いでしょう。

④サメなど大きい魚の場合:頭(とう)

下記のような大きな魚は頭と数えます。

・サメ
・いるか
・くじら
・しゃち
・マンボウ


頭は、動物の中でも牛や馬のような大きな動物に対して使う風習がある単位ですが、魚の場合も同様です。ただし、成長途中などで体が小さい場合には、匹などの単位が使われる場合もあるでしょう。

⑤カニ・イカ:杯(はい)

カニやイカを数える単位は杯で、コップのような長い体を持ち、中に水をためられるような形をしている事からこのような数え方になったと言われています。なお、タコも杯を使って数えられる魚介類の一つですが、これはかつてイカやタコが貝の仲間と考えられており、貝の単位である「ばい」を使っていたことに由来しているそうです。

⑥鯉は「折(おり)」

鯉を数えるときの単位は折といいます。鯉は昔、登龍門を上って竜になると信じられており、特に武家の家で重宝に扱われるほどの高級魚でした。この理由から、箱や竹籠に入れられ大事に運ばれていたのですが、これらの箱の単位が折であったことが転じて折が単位になったと言われています。

魚の【状態別】数え方と単位

ここまで魚の種類別の数え方について紹介しましたが、魚は種類だけでなく切り方や状態によっても数え方や単位が異なります。ここからは、切り方や状態別の数え方について詳しく解説します。

①小型魚の下された切り身:枚(まい)

小型の魚を下ろすと切り身になりますが、この切り身を数える際には枚という単位が使われます。魚の下ろし方として三枚おろしなどの名称があるのは、この数え方が由来です。魚を切った事で見た目が薄くなるため、紙などと同じく枚が単位になったと考えられています。

②魚の干物:枚(まい)・連(れん)

枚という単位は平べったい魚だけではなく、魚の干物にも使用されます。これは、魚を干物にすると見た目が平たくなる事が理由だと考えられています。ただし、イワシなどの小さな魚をまとめて目刺しにして干物にする場合の数え方の単位は連になるので、こちらも併せて覚えておきましょう。

③細長い魚の解体状況別での単位

状態 単位
頭・尻尾がない半身
ブロック状の身 ころ
短冊状の切り身
刺身の切り身 切れ・枚

細長い魚の場合、解体の状態によって上記の表のように数え方の単位が変化し、大きい順に丁・冊・ころ・切れまたは枚となっています。このように、同じ魚でも状態によって呼び方が変化していくので、見た目で単位の使い分けが必要な場合もあります。

④うなぎの蒲焼き:串(くし)

うなぎの蒲焼きのように、魚を開いた後に串に刺した状態の数え方の単位は串になります。うなぎは開きにすると枚、泳いでいる状態では匹、うな重にのった場合は切れなど状態によって様々な数え方をされる魚介類の一種です。

⑤魚の卵:腹(はら)

イクラや筋子などのような魚の卵は、体の左右にある卵をまとめて腹という単位で呼びます。左右どちらか一方の場合は片腹と呼ばれるので覚えておきましょう。同じ一腹でも魚の大きさによってその大きさや含まれている卵の数は異なるのが特徴です。なお、卵を1つ1つに分けて数える際には粒が単位になります。

魚の数え方はいろいろ

魚の数え方は、魚の種類によって変化し、匹・枚・本・頭など様々な単位があることが分かりました。また、同じ魚でも状態によって単位が変化するので複雑に見えますが、単位の由来などを理解することで覚えやすくなるでしょう。

関連する記事