無塩バターとは?有塩・発酵バターとの違いは?代用OK?活用レシピなども紹介!

無塩バターとはどんなバターか知っていますか?今回は、無塩バターと<有塩バター・発酵バター>との<原材料・カロリー・値段>などの違いも紹介します。バターの使い分けや、代用品に加えて、活用レシピも紹介するので、参考にしてみてくださいね。

目次

  1. 無塩バター(食塩不使用バター)とは?
  2. 無塩バターとは加工段階で塩分を添加されていないもの
  3. 無塩バターと有塩バター・発酵バターの違いは?
  4. ①原材料の違い
  5. ②カロリーの違い
  6. ③値段の違い
  7. 無塩バターや有塩バター・発酵バターの使い分けは?
  8. ①無塩バターの使い道
  9. ②有塩バターの使い道
  10. ③発酵バターの使い道
  11. 無塩バターの代用品は?有塩バターでOK?
  12. 有塩バターで無塩バターの代用はできない
  13. ①マーガリン
  14. ②サラダ油
  15. ③オリーブオイル
  16. 無塩バターを使った料理レシピ
  17. ①減塩シチュー
  18. ②ロールパン
  19. ③ブラウニーパイ
  20. 無塩バターを使ってみよう

無塩バター(食塩不使用バター)とは?

無塩バターとは食塩不使用バターと呼ばれることもあり、お菓子作りの材料として欠かせないものの一つです。ここでは、無塩バターとは何かについて、詳しく説明します。

無塩バターとは加工段階で塩分を添加されていないもの

バターとは、生乳あるいは牛乳から取り出した脂肪の粒をクリーム状に連圧し、塊にしたものの総称です。中でも無塩バターとは、加工段階で塩分を添加されていないものをさします。原料である生乳にはわずかながら塩分が含まれていますが、ほぼ食塩は入っていません。そのため、食塩不使用バターといわれるのです。

無塩バターと有塩バター・発酵バターの違いは?

市販されているバターは、無塩と有塩、発酵の3つに大別されます。ここでは、無塩バターと有塩バター、発酵バターとの違いとは何かについて説明します。

①原材料の違い

無塩バターと有塩バター、発酵バターの一番の違いは原材料にあります。無塩バターと有塩バターは牛乳から分離したクリームを材料としている点は共通していますが、塩分を加えるか否かで工程が分かれます。有塩バターにのみ、塩分を加えて製造します。

一方の発酵バターの原材料は生クリームで、乳酸菌を加えて発酵させて作ります。そのため、無塩バターや有塩バターとは異なる独特の香りやコクが生まれるのです。

②カロリーの違い

バターの種類 カロリー 脂質 糖質 1日の摂取カロリーの占める割合
無塩バター 763kcal 83g 0.2g 35%
有塩バター 745kcal 81g 1g 34%
発酵バター 752kcal 80g 4g 34%


※含有量は日本食品標準成分表を参照しています。(※1)
※1日の摂取量は成人男性の目安です。

上記は、バター100gを摂取した場合の数値となっています。バターは無塩でも有塩でも発酵でも、それほどカロリーや脂質、糖質には差がないことがわかります。

③値段の違い

バターの種類 値段(200gあたり)
無塩バター 450円
有塩バター 438円
発酵バター 500円


上記はネット販売での明治のバターの価格を参考にしていますが、発酵バターのみ450gの価格を200g相当で算出しています。市場的には無塩バターや有塩バターより、発酵バターの方が値段が高めです。有塩バターより無塩バターが高い理由は、塩分を加えていない分傷みやすく、品質保持が難しいからです。

(*発酵バターやその他の種類のバターについて詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

発酵バターとは?普通のバターと違いある?作り方・健康効果や使い方のおすすめも紹介!
バターの種類は?味や作り方の特性は?用途別の選び方や人気商品も紹介!

無塩バターや有塩バター・発酵バターの使い分けは?

バターは種類によって、その特性が生かせる使い道が異なります。ここでは、無塩バターと有塩バター、発酵バターの使い分けの方法を説明します。

①無塩バターの使い道

無塩バターは、お菓子やパンを作るのに適しています。食塩無添加なので、お菓子やパンの生地に塩分の影響が出ることがないからです。お菓子やパンはレシピ通りの分量を使うのが基本ですので、無塩バターも計量してから使いましょう。

②有塩バターの使い道

トーストや茹でたじゃがいもを美味しく食べる際には、有塩バターを使うのがおすすめです。また、コクを出したい料理を作る際にも、塩分のある有塩バターの方が美味しく仕上がります。魚のムニエルや肉のソテーなども、有塩バターの方が風味がよくなるのでおすすめです。

③発酵バターの使い道

発酵バターも無塩と有塩に分かれるため、用途は基本的に変わりません。しかし、非発酵バターより風味が強いので、マドレーヌやスコーンのように材料がシンプルなものに使うのがおすすめです。当然、パンや茹でたじゃがいもに発酵バターを使えば、より香りもコクも楽しめます。

無塩バターの代用品は?有塩バターでOK?

過去にも何度か無塩バターが品薄になったことがあり、そんな時に有塩バターで代用できるのかを疑問に思った人もいることでしょう。ここでは、無塩バターは有塩バターで代用できるのか、他に適したものがあるのかについて説明します。

有塩バターで無塩バターの代用はできない

有塩バターは、無塩バターの代用品にはなりません。それは、無塩バターを使うレシピの多くが、塩分を嫌うものだからです。有塩バターで代用することで、お菓子やパンの味が変わってしまいます。

しかし、有塩バターがない時に、無塩バターで代用するという逆の使い方は問題ありません。これは、無塩バターに食塩を加えることで塩分を補えるからです。

①マーガリン

無塩バターがない時には、マーガリンで代用しましょう。しかしその場合も、無塩のマーガリンを選ぶのがポイントです。無塩のマーガリンが見つからない時には、お菓子用に作られたマーガリンで代用すれば問題ありません。

②サラダ油

パンやお菓子をしっとりさせるために無塩バターを使っているレシピなら、クセのないサラダ油で代用することができます。しかし、サラダ油にはバターのようなコクや香りがないため、仕上がりに満足できないこともあるようです。

(*サラダ油について詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

サラダ油とは?名前の由来や原料は?使い方やキャノーラ油との違いについて紹介!

③オリーブオイル

肉や魚などを加熱調理する際に無塩バターを使うレシピでは、オリーブオイルで代用するのがおすすめです。その際には、無塩バターの分量の1/3程度のオリーブオイルを使用するのがポイントです。これは、バターには空気が含まれているので、重量が重くなっていることによります。

お菓子の場合は半分でよいこともあり、パイにはオリーブオイルは向かないことも覚えておきましょう。

(*無塩バターの代用品について詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

無塩バターの代用品は?マーガリンは代わりになる?有塩バターからの作り方も解説!

無塩バターを使った料理レシピ

無塩バターを使うことで、他の材料の美味しさを引き出すメニューがたくさんあります。ここでは、無塩バターを使ったメニューを3つ紹介します。

①減塩シチュー

出典:https://cookpad.com/recipe/6439892

野菜を炒める時に無塩バターを使うことで、コクを出しながら減塩できるレシピです。野菜の旨味を引き出すために調味料をほとんど使わないこのレシピは、素材の美味しさをそのまま味わえます。

野菜の旨味ギュギュッと濃縮シチュー by 唯花Quilling 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが338万品

②ロールパン

出典:https://cookpad.com/recipe/6438305

スープや肉や魚のメインメニューと一緒に食べることの多いパンも、無塩バターを使うのが基本です。口に含むとバターの香りが広がる、ロールパンが作れるレシピです。

三つ編みロールパン by taechi309 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが338万品

③ブラウニーパイ

出典:https://cookpad.com/recipe/6439304

多くのデザートと同様に、無塩バターを使うことでしっとりさせ、ブラウニーの甘さを楽しめるレシピです。スライスアーモンドを乗せることで、食べた時にパイのような食感が味わえます。

ブラウニーパイ by ivanka 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが338万品

無塩バターを使ってみよう

今回は、無塩バターと有塩バター・発酵バターとの原材料・カロリー・値段などの違いも紹介しました。無塩バターを使うことでお菓子の生地が引き立つ、上品な仕上がりが実現できます。少し値段は高いですが減塩効果もあるので、機会があれば無塩バターを使ってみましょう。

関連する記事

×