白味噌や赤味噌とは?違いは作り方?地域・原材料による種類の違いも紹介!

白味噌や赤味噌はどんな味噌か知っていますか?違いはあるのでしょうか?今回は、〈味・地域・種類〉など特徴を白味噌・赤味噌で比較し代用できるかも紹介します。味噌の色ではなく原料による種類の違いや、白味噌・赤味噌を使ったレシピも紹介するので参考にしてみてくださいね。

目次

  1. 白味噌とは?どんな特徴の味噌?
  2. ①味・風味
  3. ②使われている地域
  4. ③代表的な種類
  5. 赤味噌とは?どんな特徴の味噌?
  6. ①味・風味
  7. ②使われている地域
  8. ③代表的な種類
  9. 白味噌と赤味噌の違いは?代用できる?
  10. 白味噌と赤味噌は原材料に違いはあまりない
  11. 白味噌と赤味噌の違いは作り方
  12. 白味噌と赤味噌は代用できる?
  13. 味噌は原料によっても種類が違う?
  14. ①米味噌
  15. ②豆味噌
  16. ③麦味噌
  17. 白味噌・赤味噌を使ったレシピ
  18. ①豚汁
  19. ②ラーメン
  20. ③味噌汁
  21. 白味噌・赤味噌を食べてみよう

白味噌とは?どんな特徴の味噌?

スーパーの味噌売り場には様々な味噌が販売されていますが、その中の一つが白味噌です。ここでは、白味噌とはどんな特徴を持つ味噌なのかについて説明します。

①味・風味

白味噌とは、熟成期間が短いことから色が白く仕上がる味噌をさします。赤味噌と比較すると熟成期間が短い白味噌は塩分濃度が低いうえ、麹の糖分が出ることもあり、甘い仕上がりです。塩味より甘さが引き立つ、すっきりとした味をしています。

②使われている地域

白味噌が多く使われている地域は、近畿地方と岡山県、広島県、山口県、香川県などです。ただし、これらの地域の中でもそれぞれ好まれる味わいが異なり、食べ比べてみると甘みや口当たりが違っています。

③代表的な種類

白味噌の代表的な種類は、以下の通りです。

・西京味噌
・信州味噌
・讃岐白味噌
・府中白味噌


いずれも1週間〜2ヶ月ほどの発酵期間で作られる、あっさりとした味わいが特徴です。中でも関西地方の名物である西京味噌は数日しか発酵させていないのが特徴で、これらの中でも非常に甘みが強い白味噌です。

赤味噌とは?どんな特徴の味噌?

赤味噌とは、白味噌に比べて熟成期間が長い味噌です。ここでは、赤味噌とはどんな特徴を持つ味噌なのかについて説明します。

①味・風味

長期間の熟成を経る赤味噌は、熟成期間が短い白味噌に比べて塩分濃度が高くなり、塩辛い味に仕上がります。製造する際も大豆を水に浸ける時間や、高温で蒸す時間をあえて長時間にしています。その過程によって大豆のタンパク質が変性し、酵素による分解が促されることが味の濃さやコクの深さにつながっているようです。

②使われている地域

日本国内の中で赤味噌が最も使われている地域は、東海地方です。それ以外にも東京都や徳島県、東北地方、北海道などでも赤味噌が好まれている傾向にあるようです。白味噌が西日本で好まれて使われていたのに対し、赤味噌は東日本で使われることが多いと言えます。

③代表的な種類

代表的な赤味噌には、以下のものがあります。

・八丁味噌
・名古屋味噌
・御前味噌
・津軽味噌
・秋田味噌
・仙台味噌
・会津味噌


上記の中でも八丁味噌や名古屋味噌は、他の地域の赤味噌より1~2年長く熟成して作られており、他の赤味噌は一味違った味わいが特徴的です。また、白味噌と同様に同じ赤味噌でも作られている地域によって味わいは異なります。

白味噌と赤味噌の違いは?代用できる?

白味噌と赤味噌では味に違いがあることは前述しましたが、料理などで代用ができるのかが気になるところです。ここでは、味以外の白味噌と赤味噌の違いと代用できるか否かについて説明します。

白味噌と赤味噌は原材料に違いはあまりない

味噌の基本的な原材料は、以下の通りです。

・大豆
・麹
・塩


上記の3つの原材料を混ぜて熟成させるのは、白味噌も赤味噌も同じです。つまり、白味噌と赤味噌は原材料にはそれほど違いはありませんが、その製造過程によって味や香りに大きな差が生まれています。

白味噌と赤味噌の違いは作り方

白味噌と赤味噌の一番の違いは、その作り方です。白味噌と赤味噌それぞれの作り方は、以下の通りです。

【白味噌の作り方】
①大豆を水に浸けて一晩置く
②①の皮をむく
③②を圧力鍋に入れて10分煮る
④麹をプロセッサーで砕く
⑤④に塩を混ぜる
⑥茹で上がった大豆を潰す
⑦大豆が冷めたら⑤とよく混ぜ合わせる
⑧⑦を空気が入らないようにボール状にする
⑨⑧を容器に入れて冷暗所に置く
⑩⑨を1週間置いたら出来上がり


【赤味噌の作り方】
①大豆を水に浸けて一晩置く
②①を鍋に入れ、手で軽く潰れるくらいまで煮る
③大豆が茹で上がったら水を切り、冷ましてから潰す
④③に豆麹と米麴、塩を加えて混ぜる
⑤④に大豆の煮汁を加えて、耳たぶくらいの硬さにする
⑥⑤をボール状にして、容器に叩きつけるように詰める
⑦容器に詰め終わったら表面を平らにする
⑧⑦に塩を振ってから、ラップをする
⑨⑧に落し蓋と2kgほどの重石を乗せてから蓋をする
⑩風通しのよい場所に⑨を置き、1年後に出来上がり


上記からも分かる通り、白味噌と赤味噌では作り方が異なっているほか、発酵期間も異なります。なお、白味噌・赤味噌いずれの場合も味噌の種類によって発酵期間が前後することがあり、そうすることで仕上がりが変わるのが特徴です。白味噌と赤味噌を比較した場合には、赤味噌の方が手が込んでいるとも言えるでしょう。

白味噌と赤味噌は代用できる?

白味噌あるいは赤味噌が切れた時に、どちらかで代用することは可能です。しかし味に違いがあるため、他の調味料と混ぜるなどして、塩気や甘みなどの調整が必要でしょう。白味噌にコチジャンを加えたり、だし汁とみりん、醤油を足すことで赤味噌の代用ができます。また赤味噌に砂糖やみりんを加えて塩分の和らげれば、白味噌の代用品として使用可能です。

味噌は原料によっても種類が違う?

味噌の原材料の一つに麹がありますが、この種類によって出来上がるものの味わいが変わります。ここでは、味噌の原料による種類の違いについて説明します。

①米味噌

米味噌とは、大豆に塩と米麴を加えて作った味噌をさします。米麴とは、蒸した米に麹菌が繁殖することでできるもので、それを使った米味噌は日本で最も多く作られている味噌です。米麴は甘酒の原料にもなるもので、その割合が高くなるほど甘さを感じる味噌となります。

②豆味噌

豆味噌とは、大豆に塩と豆麹を加えて作った味噌をさします。豆麹は豆に麹菌を繁殖させてできたもので、豆を使っているので他の麹よりもタンパク質の量が多く、コクの深さがあります。豆麹を使った豆味噌は旨味が強く、米麹などを使った他の味噌と比べると糖質量が少ないですが、塩気が強いのが特徴的です。

③麦味噌

麦味噌とは、大豆に塩と麦麹を加えて作った味噌をさします。麦麹は、麦を精白処理してから蒸し、そこで麹菌を繁殖させて作ります。麦味噌は他のものと比べると甘口のものが多く、あっさりした味わいで、麦特有の風味と香りが特徴的です。

白味噌・赤味噌を使ったレシピ

白味噌や赤味噌は日本人の食卓には馴染みが深い調味料で、様々な料理に使われています。ここでは、白味噌や赤味噌を使って作れるおすすめのメニューを3つ紹介します。

①豚汁

出典:https://cookpad.com/recipe/6427688

豚肉やニンジン、大根など様々な具材を入れて作る豚汁は、白味噌でも赤味噌でも美味しく仕上がります。また、白味噌と赤味噌の合わせ味噌にする家庭も多く、好みで使い分けるとよいでしょう。

初心者さんも簡単!我が家の豚汁♡ by So071082☆ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが338万品

②ラーメン

出典:https://cookpad.com/recipe/6300377

牛すじや長ネギ、ニンジン、玉ねぎなどを煮込んで作ったスープに、白味噌を溶かして作るラーメンのレシピです。白味噌の味がトッピングのコーンとよく合い、自宅で本格的なラーメンを味わえます。

おうちで本格!みそラーメン by クックHRNS54☆ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが338万品

③味噌汁

出典:https://cookpad.com/recipe/6401199

カボチャやしめじ、玉ねぎ、ニンジンなどが入った具沢山の味噌汁を、赤味噌で仕上げたレシピです。カボチャや玉ねぎの甘さは赤味噌とよく合い、食べ応えも栄養価も十分な一品に仕上がっています。

南瓜と野菜とキノコ盛り沢山の味噌汁☺⛄☕ by フラダンス17 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが338万品

白味噌・赤味噌を食べてみよう

今回は、白味噌・赤味噌の味・地域・種類などの特徴を比較し、代用できるかについても紹介しました。白味噌と赤味噌では塩分濃度が異なるため、適した料理も違います。どちらも美味しいので、料理に合わせて白味噌と赤味噌を使い分けてみましょう。

関連する記事