納豆の食べ方は?美味しい&栄養効果も上がる?混ぜ方のコツやレシピのおすすめも紹介!

納豆の食べ方について知っていますか?今回は、納豆の混ぜ方や食べあわせる食材のおすすめなど、美味しく食べるため方法を紹介します。納豆の食べ方のマナーや栄養を効果的に摂取する方法に加えて、アレンジレシピのおすすめも紹介するので、参考にしてみてくださいね。

目次

  1. 納豆の美味しい食べ方は?
  2. 納豆の混ぜ方のコツは?
  3. ①常温の納豆を混ぜる
  4. ②混ぜる回数は400回
  5. 納豆との食べ合わせのおすすめは?
  6. ①納豆との食べ合わせのおすすめ【薬味・調味料系】
  7. ②納豆との食べ合わせのおすすめ【辛い系】
  8. ③納豆との食べ合わせのおすすめ【まろやか系】
  9. ④納豆との食べ合わせのおすすめ【その他】
  10. 納豆を食べ方のマナー・注意点は?
  11. ①すすって食べない
  12. ②食べた後の口臭に注意する
  13. 納豆の栄養成分を効果的に摂取する食べ方も紹介!
  14. ①納豆を賞味期限間近に食べる
  15. ②よく混ぜてから食べる
  16. ③加熱しないで食べる
  17. 納豆の最強に美味しいレシピのおすすめ
  18. ①梅干しとオクラの納豆和え
  19. ②簡単納豆ご飯
  20. ③納豆オムレツ
  21. ④納豆の天ぷら
  22. ⑤納豆春巻き
  23. ⑥納豆パスタ
  24. 納豆を美味しく食べよう

納豆の美味しい食べ方は?

発酵製品である納豆は日本人にとってなじみ深い食品であると同時に、その栄養や健康効果でも知られています。そして納豆を食べるからには、より美味しくしたいところです。ここでは、納豆の美味しい食べ方について、様々な角度から説明します。

納豆の混ぜ方のコツは?

納豆を美味しい食べ方を考える前に、混ぜ方にこだわる必要があります。これは、納豆菌を活性化させ、栄養効果を上げる意味でも大切なことです。ここでは、美味しい納豆のための混ぜ方のコツを紹介します。

①常温の納豆を混ぜる

納豆は食べる前に冷蔵庫から出し、常温に戻してから混ぜましょう。これは、納豆に含まれる納豆菌が冷蔵保存では休眠しているからです。常温に戻して納豆菌が活性化すると、ビタミンKなどの栄養素が増えます。その際、常温の状態で置いておくと、納豆は発酵が進むので注意が必要です。

(*納豆の常温保存について詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

納豆は常温保存できる?賞味期限は?腐敗の見分け方や冷蔵・冷凍で長持ちのコツなど紹介!

②混ぜる回数は400回

納豆は混ぜれば混ぜるほど美味しいですが、最も旨味を引き出すのは400回といわれています。それ以上の回数を混ぜても、旨味が増えることはないようです。また、醤油の入れ方でも美味しさは変わるのです。100回混ぜるごとに醤油を少しずつ加えていくと、美味しい納豆になります。

納豆との食べ合わせのおすすめは?

納豆は色々な調味料や食材と合わせることで、多彩な味を楽しむことができます。また、組み合わせる食材によっては、栄養効果を高めることも可能です。納豆と食べ合わせるのがおすすめのものを、系統別に紹介します。

①納豆との食べ合わせのおすすめ【薬味・調味料系】

薬味・調味料系で、納豆との食べ合わせがおすすめのものは以下の通りです。

・醤油
・砂糖
・白だし
・めんつゆ
・ポン酢
・塩
・レモン汁
・オリーブオイル
・ごまドレッシング
・生姜
・ガリ
・ネギ
・おろしにんにく
・みょうが
・かつおぶし
・味噌
・なめたけ
・マヨネーズ
・ごま油
・梅干し
・バター


薬味や調味料は自宅に常備されているものも多いので、試してみるとよいでしょう。組み合わせる調味料によっては、ご飯よりもパンが合うものもあります。

②納豆との食べ合わせのおすすめ【辛い系】

辛い系で、納豆との食べ合わせがおすすめのものは以下の通りです。

・キムチ
・練り辛子
・わさび
・大根おろし
・明太子
・一味唐辛子
・ラー油


納豆は、辛い調味料との相性も抜群です。納豆に醤油やだし、タレなどに加えて辛い系のものを和えると、食欲増進にもつながります。

③納豆との食べ合わせのおすすめ【まろやか系】

関連する記事