ミートローフの美味しい食べ方は?アレンジレシピや調味料・ソースのおすすめも紹介!

ミートローフの食べ方を知っていますか?真空パックに入っていると食べ方を迷いますね。今回は、ミートローフの美味しい食べ方や、合う調味料・ソースについて紹介します。ミートローフのアレンジレシピのおすすめも紹介するので、参考にしてみてくださいね。

目次

  1. ミートローフとは?ハンバーグとの違いは?
  2. ミートローフはハンバーグのたねをオーブンで焼いた料理
  3. ミートローフの食べ方は?真空パックの場合は?
  4. ①そのまま生で食べる
  5. ②焼く・ソテーして食べる
  6. ③真空パックの場合は湯煎して食べる
  7. ④電子レンジで温めて食べる
  8. ミートローフに合う調味料・ソースは?
  9. ①ケチャップ
  10. ②グレイビーソース
  11. ③粒マスタード
  12. ④ホースラディッシュ
  13. ⑤ジャム
  14. ミートローフのアレンジレシピのおすすめ
  15. ①ミートローフのカレー
  16. ②ミートローフとチーズの包み揚げ
  17. ③ミートローフのマヨネーズ焼き
  18. ④ミートローフのパイ包み
  19. ⑤ミートローフパエリア
  20. ミートローフを食べてみよう

ミートローフとは?ハンバーグとの違いは?

アメリカではポピュラーな食べ物のミートローフですが、ハンバーグとよく似ていますね。パーティーなどでテーブルを華やかにし豪華に見えるミートローフは、ハンバーグと何が違うのでしょうか。ここでは、ミートローフとハンバーグの違いについて説明します。

ミートローフはハンバーグのたねをオーブンで焼いた料理

ミートローフは英語で、ミートは肉、ローフは塊の意味を持ちます。ひき肉や玉ねぎなどの材料はハンバーグと同じですが、ひとつづつ成型してフライパンで焼くハンバーグに対し、ミートローフはひき肉の生地を型に詰めてオーブンで焼きます。にんじんなどの野菜やゆで卵を混ぜ込むと、切り口が色鮮やかでおもてなし料理としてもぴったりです。

(*ミートローフについて詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

ミートローフとは?ハンバーグとの違いは?名前の意味や作り方・ポイントを紹介!

ミートローフの食べ方は?真空パックの場合は?

詰め合わせギフトなどに入っている真空パックのミートローフは、生で食べられるのか加熱が必要なのか食べ方に迷いがちですが、一体どのように食べればよいのでしょうか。おいしく食べる方法を紹介するので、参考にしてください。

①そのまま生で食べる

真空パックされたミートローフは、加熱処理が済んでいるので袋から取り出しそのまま食べることができます。薄く切って野菜やチーズ、オリーブのオイル漬けなどと盛り合わせにオードブルにすると、豪華に見えるのでオススメです。

②焼く・ソテーして食べる

そのまま食べられる真空パックのミートローフですが、好みの厚さに切り焼いて食べるのも良いでしょう。熱したフライパンで軽く焦げ目がつく程度に焼くシンプルな食べ方だけでなく、好みの野菜と一緒に炒めても、ミートローフの旨味が野菜に染み込みおいしく食べられます。

③真空パックの場合は湯煎して食べる

ミートローフをひと塊で食べる場合には、真空パックのまま湯煎で温める方法が適しています。湯煎すれば中までゆっくりと温められるので、程よく脂が溶け肉汁がジューシーな口どけの良いミートローフが味わえます。

④電子レンジで温めて食べる

少量ずつミートローフを食べる場合には、電子レンジで温めると便利です。電子レンジだと他の具材も一緒に温めることができるので、チーズをのせて温めるなど様々なアレンジもできます。ひと塊で食べる時は湯煎で、少量食べる時は電子レンジで温めるといった具合に、上手に使い分けると良いでしょう。

ミートローフに合う調味料・ソースは?

関連する記事