ミートローフとは?ハンバーグとの違いは?名前の意味や作り方・ポイントを紹介!

ミートローフとはどんな料理か知っていますか?知らない人もいそうです。今回は、ミートローフの名前の意味・由来や、ハンバーグとの違いに加えて、基本的な作り方・ポイントも紹介します。ミートローフの人気レシピも紹介するので、参考にしてみてくださいね。

目次

  1. ミートローフとは?
  2. ミートローフとは型にひき肉・野菜を入れて焼いた肉料理
  3. 「ミートローフ」の名前の意味・由来
  4. ミートローフとハンバーグの違いは?
  5. ミートローフとハンバーグの違いは焼き方
  6. ミートローフの基本的な作り方は?
  7. 材料
  8. 作り方・レシピ
  9. ミートローフの焼き方のポイント
  10. ミートローフを作る際のポイントは?
  11. ①牛肉と豚肉を5:5の割合で作る
  12. ②ハーブを使って作る
  13. ミートローフの人気レシピ
  14. ①味噌ミートローフ
  15. ②フライパンで作るミートローフ
  16. ③ミックスベジタブルミートローフ
  17. ④マッシュルームが香るミートローフ
  18. ⑤とうもろこしと枝豆のミートローフ
  19. ⑥豆腐入りミートローフ
  20. ⑦ほうれん草入りミートローフ
  21. ⑧三種のひき肉ミートローフ
  22. ⑨マッシュポテト入りミートローフ
  23. ミートローフを食べてみよう

ミートローフとは?

ミートローフはおもてなしメニューとしても活躍し、肉の旨味を存分に味わえますが、その定義をよく知らない人もいることでしょう。ここでは、ミートローフとは何かについて詳しく説明します。

ミートローフとは型にひき肉・野菜を入れて焼いた肉料理

ミートローフとは、型にひき肉や野菜を入れてオーブンで焼いた肉料理のことで、切り分けて食べるのが特徴です。ミートローフの歴史は19世紀後半に始まったのですが、元々はドイツからアメリカに移民してきた人たちが作ったとされ、現在ではアメリカの定番メニューとなっています。

「ミートローフ」の名前の意味・由来

ミートローフは英語でmeatloafと書きますが、肉を意味するmeatと、塊を意味するloafの2語で成り立っています。loafとは切り分けて食べる必要の大きさがある塊を指し、アメリカではローフブレッドやバナナローフなどの料理もあります。

ミートローフとハンバーグの違いは?

ミートローフはハンバーグと似たような味わいがありますが、どういった点に違いがあるのでしょうか。ここでは、ミートローフとハンバーグの違いについて説明します。

ミートローフとハンバーグの違いは焼き方

ミートローフとハンバーグの一番の違いは、焼き方にあります。ミートローフは肉や野菜を型に入れてからオーブンで焼きあげますが、ハンバーグはフライパンで焼くのが一般的です。また、ミートローフは型に入れて焼くので四角いですが、ハンバーグは円形や楕円形が多いことも、異なった点といえます。

ミートローフの基本的な作り方は?

ミートローフは手間がかかる料理というイメージがありますが、実際にはハンバーグとそれほど手間は変わりません。ここでは、ミートローフの基本的な作り方を紹介します。

材料

・ゆで卵/3個
・合いびき肉/300g
・玉ねぎ/1/2個
・塩コショウ/小さじ1/2杯
・ナツメグ/1/2杯
・卵/1個
・パン粉/15g
・牛乳/大さじ2杯
・ミックスベジタブル/50g
・ピザ用チーズ/50g


※上記は15cm型1台分の分量です。

作り方・レシピ

出典:https://cookpad.com/recipe/6397488

オーブンやグリルを使って作る、スタンダードなミートローフのレシピです。肉と野菜の旨味が含まれる肉汁は、すくってケチャップやウスターソースを加え、ミートローフのソースにします。

関連する記事

×