ミートローフとは?ハンバーグとの違いは?名前の意味や作り方・ポイントを紹介!

ミートローフとはどんな料理か知っていますか?知らない人もいそうです。今回は、ミートローフの名前の意味・由来や、ハンバーグとの違いに加えて、基本的な作り方・ポイントも紹介します。ミートローフの人気レシピも紹介するので、参考にしてみてくださいね。

目次

  1. ミートローフとは?
  2. ミートローフとは型にひき肉・野菜を入れて焼いた肉料理
  3. 「ミートローフ」の名前の意味・由来
  4. ミートローフとハンバーグの違いは?
  5. ミートローフとハンバーグの違いは焼き方
  6. ミートローフの基本的な作り方は?
  7. 材料
  8. 作り方・レシピ
  9. ミートローフの焼き方のポイント
  10. ミートローフを作る際のポイントは?
  11. ①牛肉と豚肉を5:5の割合で作る
  12. ②ハーブを使って作る
  13. ミートローフの人気レシピ
  14. ①味噌ミートローフ
  15. ②フライパンで作るミートローフ
  16. ③ミックスベジタブルミートローフ
  17. ④マッシュルームが香るミートローフ
  18. ⑤とうもろこしと枝豆のミートローフ
  19. ⑥豆腐入りミートローフ
  20. ⑦ほうれん草入りミートローフ
  21. ⑧三種のひき肉ミートローフ
  22. ⑨マッシュポテト入りミートローフ
  23. ミートローフを食べてみよう
ミートローフ by よりみち♪ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが338万品

ミートローフの焼き方のポイント

ミートローフは以下の焼き方のポイントを押さえておくと美味しく仕上がります。

・タネをよくこねておく
・野菜やゆで卵を入れすぎない
・ひき肉に混ぜる野菜にはあらかじめ火を通しておく
・焼く時は190℃前後にする
・水分の蒸発を避けるために、アルミホイルをのせてから焼く


上記を守ることで、ミートローフがボロボロになりにくいです。それでもミートローフが崩れてしまった時は、ドライカレーやミートグラタン、ロコモコ丼などにリメイクできるので、美味しく食べきりましょう。

ミートローフを作る際のポイントは?

ミートローフを美味しく仕上げるためには、タネの作り方が重要です。ここでは、ミートローフを作る際のポイントについて詳しく説明します。

①牛肉と豚肉を5:5の割合で作る

ミートローフを作る際のひき肉の割合は、牛肉と豚肉を5:5にするのがおすすめです。ハンバーグは牛ひき肉の割合が多いのが一般的ですが、ミートローフは豚肉を多めにすることでふっくらと柔らかく仕上がります。合い挽き肉を買う際に牛肉と豚肉の割合が分からない場合は、牛ひき肉と豚ひき肉を同量ずつ購入しても良いでしょう。

②ハーブを使って作る

ハンバーグに使うスパイスの定番はナツメグですが、ミートローフはそれだけにとどまりません。セージやオレガノ、キャラウェイ、バジル、タイムなど様々なハーブを使うことが多いです。切り分けた時にハーブの香りが立ち、ハンバーグとは違う風味を楽しめるのでおすすめです。

(*ミートローフの美味しい食べ方について詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

ミートローフの美味しい食べ方は?アレンジレシピや調味料・ソースのおすすめも紹介!

ミートローフの人気レシピ

ミートローフと一口にいっても、作り方にも味にもバリエーションがあります。ここでは、ミートローフの中でも人気レシピを9つ紹介します。

①味噌ミートローフ

出典:https://cookpad.com/recipe/1949731

鶏ひき肉を使ってカロリーを抑えつつ、和風テイストに仕上げたメニューです。噛むと口の中に味噌の香りが広がる、一味違うミートローフを作りたい時におすすめのレシピです。

レンジで簡単♪鶏ひき肉の味噌ミートローフ by おぐにゃんこ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが338万品

②フライパンで作るミートローフ

出典:https://cookpad.com/recipe/5648179

関連する記事

×