オートミールをそのまま食べて大丈夫?味は?メリット・デメリットや活用レシピのおすすめも紹介!

オートミールはそのままでも食べても大丈夫なのでしょうか?今回は、オートミールをそのまま食べた時の味わいや、メリット・デメリットを紹介します。オートミールをそのまま使ったアレンジレシピも紹介するので参考にしてみてくださいね。

目次

  1. オートミールはそのまま食べても大丈夫?
  2. オートミールはそのまま食べてもおいしい?味は?【口コミ】
  3. オートミールをそのまま食べると淡白・無味とされる
  4. オートミールをそのまま食べるメリットは?
  5. 甘味料を使わないため摂取カロリーが抑えられる
  6. オートミールをそのまま食べるデメリットは?
  7. ①消化不良による腹痛・下痢
  8. ②味が淡白で飽きやすい
  9. オートミールをそのまま使ったアレンジレシピ
  10. ①オートミールのパンケーキ
  11. ②オートミール雑炊
  12. ③オートミールとりんごのケーキ
  13. ④オートミール蒸しパン
  14. ⑤オートミールチーズ納豆
  15. オートミールの食べ方はお好みで

オートミールはそのまま食べても大丈夫?

アメリカのドラマなどを観ていると、オートミールをおかゆにして食べているシーンが出てくることがあります。そのため、オートミールは調理して食べるものだと思い込んでいる人もいるかもしれません。ここでは、オートミールはそのまま食べたり飲み込んでも大丈夫なのかについて説明します。

オートミールはそのまま食べてもおいしい?味は?【口コミ】

オートミールは、燕麦(えんばく)を脱穀して食用に加工した穀物製品です。オートミールはグラノーラに含まれていることが多く、海外では朝食代わりに食べられています。ここでは、オートミールはそのまま食べた時の味を口コミとともに解説します。

オートミールをそのまま食べると淡白・無味とされる

オートミールはそのまま食べても大丈夫ですが、食べた人の感想を見ると感想は様々です。オートミールは粒が硬めなうえ味がないため、まずいと感じる人がいるのも事実です。オートミールはそのまま食べられはするものの、好みが分かれる食べ方と言えます。

(*オートミールについて詳しく知りたい方は、こちらの記事を読んでみてください。)

オートミールとは?栄養豊富?種類や食べ方・アレンジレシピのおすすめも紹介!
オートミールの味はまずい?おいしい食べ方やダイエット向きレシピなど紹介!

オートミールをそのまま食べるメリットは?

オートミールはそのまま食べても大丈夫だと分かりましたが、そのまま食べるメリットはあるのでしょうか。ここでは、オートミールをそのまま食べるメリットについて説明します。

甘味料を使わないため摂取カロリーが抑えられる

100gあたり カロリー 糖質
はちみつ 294kcal 80g
砂糖 384kcal 99g
メープルシロップ 257kcal 66g

※含有量は日本食品標準成分表を参照しています(※1)

オートミールは100gで380kcal、糖質は60gですが、甘味料が使われていないのでカロリーは決して高くありません。一方でオートミールに甘味料などを加えたグラノーラは、オートミール単体に比べてカロリーも糖質も増えます。

また、グラノーラでなくてもオートミールに味付けとしてはちみつや砂糖・メープルシロップなどを加えた場合にもカロリーが大幅に増えてしまいがちです。このような理由から、オートミールはそのまま食べる方が摂取カロリーが抑えられるのが大きなメリットと言えるでしょう。

(*オートミールのカロリーについて詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

関連する記事