ふぐの漢字<河豚・鰒・鯸・魨>の由来や意味は?豆知識や他の難読漢字も紹介!

ふぐを漢字でどう書くか知っていますか?実は複数の漢字がありますが、一つしか知らない人も多いかもしれません。今回は、ふぐの漢字<河豚・鰒・鯸・魨>の由来を紹介します。「ふぐ」の名前の由来や、地方別の呼び名などの豆知識も紹介するので、参考にしてみてくださいね。

目次

  1. ふぐを漢字でどう書く?
  2. ふぐの漢字①【河豚】
  3. ふぐの漢字「河豚」の由来・意味
  4. ふぐの漢字②【鰒】
  5. ふぐの漢字「鰒」の由来・意味
  6. ふぐの漢字③【鯸】
  7. ふぐの漢字「鯸」の由来・意味
  8. ふぐの漢字④【魨】
  9. ふぐの漢字「魨」の由来・意味
  10. ふぐの豆知識
  11. 「ふぐ」の名前の由来
  12. ふぐの呼び名は地方によって違う
  13. ふぐ以外の海洋生物の難読漢字は?
  14. ①あわび:蚫
  15. ②イルカ:海豚
  16. ③シャチ:鯱
  17. ④すっぽん:鼈
  18. ふぐの漢字を覚えよう

ふぐを漢字でどう書く?

ふぐは漢字で書くことができますが、以下のように4通りあります。

・河豚
・鰒
・鯸
・魨


同じ魚を意味するのに漢字が4種類あることを不思議に感じる方もいるかもしれませんが、それぞれの漢字にはしっかりとした意味があります。ここでは、ふぐの表記に用いる漢字とそれぞれの由来について詳述します。

ふぐの漢字①【河豚】

ふぐの漢字表記で最も一般的なのが、河豚です。ふぐは海の魚なのに河豚と河の字が入ることを、不思議に思う人もいることでしょう。ここでは、河豚がふぐの漢字表記として使われるようになった由来とその意味を紹介します。

ふぐの漢字「河豚」の由来・意味

ふぐを表す河豚の由来は、中国にあります。中国ではふぐが揚子江や黄河といった河に生息していたことから、海ではなく河を使った漢字表記になりました。また、ふぐの姿は丸々として豚に似ており、味も美味しいことからこの2字を合わせた河豚としたとされています。

ふぐの漢字②【鰒】

江戸時代の日本では、ふぐの漢字表記には鰒が使われるのが一般的でした。しかし、鰒は元々はアワビをさす漢字であり、なぜふぐを表す言葉になったのかが気になるところです。ここでは、鰒と表記されるようになった由来と意味を紹介します。

ふぐの漢字「鰒」の由来・意味

前述した通り鰒はアワビの漢字表記ですが、音読みするとフクとなります。それがふぐの漢字表記として、鰒が用いられるようになった由来です。また鰒以外にもふぐの漢字表記が生まれたことには、以下のようなエピソードが関係しているともいわれています。

昔、体調不良だった人に当時の医者が、鰒も含めて食べてかまわないものを紙に書いて手渡しました。医者はふぐではなくアワビのつもりで鰒と書きましたが、受け取った患者はふぐを食べてしまい、毒に当たって亡くなってしまったそうです。

これが鰒の漢字が一般的ではなくなった理由だとする明確な証拠はないものの、その後に複数の漢字表記が生まれた一つの背景なのかもしれません。

ふぐの漢字③【鯸】

ふぐの漢字表記には、鯸もあります。ここでは、鯸がふぐの漢字として使われるようになった由来を紹介します。

ふぐの漢字「鯸」の由来・意味

鯸の漢字の由来は、漢字を構成している偏と造りにあります。鯸は魚偏と造りである候によって成り立っていますが、候は膨れることを意味します。つまり、鯸とは膨れる魚をさしており、ふぐの見た目を漢字で表していることが分かります。なお、鯸は鰒より後にできた漢字だそうです。

ふぐの漢字④【魨】

ふぐを表す漢字として、魨も使われます。これは、中国から河豚の字が伝来した後でできた漢字表記といわれています。ここでは、魨が使われるようになった由来を紹介します。

ふぐの漢字「魨」の由来・意味

魨は、魚偏と造りである屯で成り立つ漢字です。中国から伝わった河豚に使われている豚には、豘という異体字があります。そこから屯の字をとって魚偏につけることで魨が生まれ、ふぐと読むようになったとされています。

ふぐの豆知識

ふぐの漢字表記にも意味があることがわかると、なぜその名前がついたのかが気になる人もいそうです。ここでは、ふぐの名前の由来や地方での呼び方など、ふぐに関する豆知識を紹介します。

「ふぐ」の名前の由来

ふぐの名前の由来には、諸説あります。

ーーー
説①ふぐがエサを探す際、海底に向かって口に含んだ海水を吹くことが由来
説②ふぐが敵を威嚇する際に、体を膨らませる特性に由来
説③膨らんだふぐの形状が袋に似ていたことに由来
ーーー

平安時代の日本では、ふぐをフク(布久)やフクベ(布久閉)と呼んでいたことが、本草和名や倭名類聚秒に記録として残されています。ふぐと濁音をつけて呼ばれるようになったのは、江戸時代と考えられています。ふぐの名前の由来には上記のような様々な説がありますが、正確な説は分かっていません。

ふぐの呼び名は地方によって違う

ふぐは全国共通の呼び方ですが、実は地方によっては違う名称で呼ぶこともあります。

ーーー
いかふぐ:富山県
トミ:千葉県
テッポウ:大阪府
まふぐ:広島県
きたまくら:高知県
ふく:山口県
くろもんふぐ:大分県
ブッキン:熊本県
ーーー

千葉県での呼び名であるトミはまるで宝くじのように滅多に当たらない、大阪府での呼び名であるテッポウは当たれば死んでしまうなど、地方での呼称にはそれぞれ意味があるようです。現地に出かけた際などには上記のように表記されている場合もあるので、参考にしてください。

ふぐ以外の海洋生物の難読漢字は?

ふぐに使われる漢字は難読に分類されますが、それ以外にも難読漢字が使われている海洋生物がいます。ここでは、難読漢字となっている海洋生物を4種紹介すると共に、その由来も説明します。

①あわび:蚫

あわびは漢字で蚫と表記し、音読みはホウです。蚫は貝にも関わらず虫偏が使われていますが、これは古来の日本では動物全般を虫として扱っていた名残です。鮑の殻が岩に付着している様子が身を包んでいるように見えたことから、包の字を合わせたとされています。

②イルカ:海豚

イルカの漢字表記は5種類あるとされていますが、最も一般的なのは海豚です。これは、イルカが丸々としているところが豚に似ており、海に棲んでいることが由来です。中国では同じ漢字を書いて、カイトンと読みます。

③シャチ:鯱

シャチは漢字で、鯱と書きます。魚偏と造りの虎で成り立っており、その由来は猛々しさが虎に似ている魚であるとされています。なお、鯱はシャチ以外に「しゃちほこ」とも読まれます。

④すっぽん:鼈

すっぽんは漢字で、鼈と書きます。すっぽんは、鳴き声がスポンスポンと聞こえることがその由来となっています。すっぽんの名前で呼ばれるようになったのは江戸時代からで、それ以前は泥亀と呼ばれていました。

ふぐの漢字を覚えよう

今回は、ふぐの漢字である河豚・鰒・鯸・魨の由来を紹介しました。それぞれ全く違った漢字ではあるものの、その漢字が使われていることには意味があります。ふぐの漢字を覚えて、一つの話題作りなどとして活用してみてください。

関連する記事