アワビの漢字<鮑・蚫・鰒>の意味や由来は?魚へん・虫へんで分かれる理由も解説!

アワビを漢字でどう書くか知っていますか?3文字でも書けるのでしょうか?今回は、アワビの漢字<鮑・蚫・鰒・石決明>の由来・意味を紹介します。「アワビ」に魚へん・虫へんを使う理由や、〈はまぐり・サザエ〉など他の難読漢字も紹介するので、参考にしてみてくださいね。

目次

  1. アワビは漢字でどう書く?3文字で書ける?
  2. アワビの漢字①【鮑】
  3. アワビの漢字「鮑」の由来・意味
  4. アワビの漢字②【蚫】
  5. アワビの漢字「蚫」の由来・意味
  6. アワビの漢字③【鰒】
  7. アワビの漢字「鰒」の由来・意味
  8. アワビの漢字④【石決明】
  9. アワビの漢字「石決明」の由来・意味
  10. アワビの漢字に魚へん・虫へんを使う理由とは?
  11. アワビが現在とは違う生物の分け方で分類されていたため
  12. アワビ以外の魚介類の難読漢字は?
  13. ①はまぐり:蛤
  14. ②サザエ:栄螺
  15. ③はも:鱧
  16. ④たら:鱈
  17. アワビの漢字は4種類

アワビは漢字でどう書く?3文字で書ける?

生で食べても焼いても美味しいアワビですが、漢字では下記の4つの書き方が出来ます。

・鮑
・鰒
・蚫
・石決明


アワビは上記のように異なる漢字で表すことが出来ますが、それぞれの漢字には意味や由来があります。ここではそれぞれの意味や由来を紹介するので、これを機にアワビの漢字表記についての理解を深めましょう。

アワビの漢字①【鮑】

アワビは漢字で鮑と表記することが出来ます。なぜアワビがこのような漢字になったのか、由来や意味について紹介します。

アワビの漢字「鮑」の由来・意味

鮑の漢字は、魚へんに包むという漢字で表されています。これは、アワビが殻に覆われて岩にくっついている姿が、まるで自らの身を包んでいるように見えたことに由来していると言われています。ちなみに鮑という漢字には塩漬けにした魚という意味もあるので、間違えないようにしましょう。

アワビの漢字②【蚫】

アワビの漢字表記の二つ目は蚫です。貝であるにもかかわらず虫へんが使われていますが、何か理由があるのでしょうか。ここでは蚫が使われるようになった由来やその意味などを見ていきましょう。

アワビの漢字「蚫」の由来・意味

先ほど紹介した鮑の魚へんを虫へんに変えたものが蚫です。「包」のつくりが使われたきっかけは一緒ですが、昔は現在と動物の分類が異なっていたために、魚へんではなく虫へんで表記されたと言われています。なお、虫へんを使っている理由については後述するので参考にしてみてください。

アワビの漢字③【鰒】

アワビは漢字で鰒と書くことも出来ます。なぜこのような漢字表記になったのか、漢字の意味や由来について説明します。

アワビの漢字「鰒」の由来・意味

鰒は中国でアワビを表す漢字で、かつては日本でもこの漢字が一般的に使われていました。この鰒はアワビだけでなく、フグと読むこともできます。かつてアワビを表すためにこの漢字を手紙に使ったところ、受け取った人が間違えてフグを食べて亡くなってしまい、アワビを表すために鰒の漢字を使わなくなったという説があるそうです。

(*フグの漢字である鰒の由来について詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

ふぐの漢字<河豚・鰒・鯸・魨>の由来や意味は?豆知識や他の難読漢字も紹介!

アワビの漢字④【石決明】

石決明と書いて、漢字3文字を合わせてアワビとも読みます。なぜこの漢字3文字でアワビと読むようになったのか、その意味や由来について考えてみましょう。

アワビの漢字「石決明」の由来・意味

石決明はせっけつめいとも読み、アワビの漢名ですが、特にアワビの殻を干した漢方薬を指すこともあるようです。アワビの殻にはカルシウムが豊富に含まれ、結膜炎などの眼病に効く漢方薬の一種にもなることが、この名前の由来だと考えられています。

アワビの漢字に魚へん・虫へんを使う理由とは?

アワビは海の生き物なので、魚へんで表記する事は理解しやすいですが、なぜ虫へんでも表記されるのでしょうか。魚へん・虫へんの両方を使う理由について紹介します。

アワビが現在とは違う生物の分け方で分類されていたため

アワビに虫へんを使用するのは、昔の生物の分類方法に由来します。昔は、魚・人・獣・鳥以外の動物すべてを虫ととらえており、上記以外の動物にはすべて虫へんをつけるのが習慣となっていました。アワビは貝類ですが、魚・人・獣・鳥に分類されないため、虫へんを使用して蚫という表記をするようになったのです。

同じような理由で、蛇や蛙などにも虫へんの漢字が使われています。

アワビ以外の魚介類の難読漢字は?

アワビ以外にも、魚介類には難しい漢字表記が多いイメージがありますが、アワビの他の魚介類の難読漢字にはどのようなものがあるのでしょうか。いくつかの具体例を紹介するので、これを機に覚えてみるのもよいでしょう。

①はまぐり:蛤

ハマグリの漢字表記にも、昔の動物の分類方法が由来して虫へんが用いられています。はまぐりは二枚貝ですが、特定の組み合わせでなければ、上下の口がぴったりと合わないことから、虫へんに「合」を合わせて蛤と表記されるようになったと言われています。

②サザエ:栄螺

サザエは漢字で書くと栄螺と表記されますが、これは栄(さかえ)という読み方がサザエに近いことから名付けられたという説が有力です。螺は単独では「つび」と読み、巻き貝の意味があると言われています。

③はも:鱧

寿司で食べても美味しいハモは漢字で書くと魚へんに豊です。つくりの部分である豊には、「黒い」や「曲がりくねった」という意味があり、くねくねと曲がりくねった黒い魚を示すためにこのような漢字がつけられました。

④たら:鱈

タラを漢字で書くと魚へんに雪となります。雪のように白い身が特徴の魚であるため、この名がつけられたようです。また、雪の降る冬に大漁となることにも由来していると言われています。日本語でお腹いっぱい食べる事をたらふくと言いますが、これは、タラが非常に貪欲で何でも食べる魚であることに由来しているそうです。

(*魚へんの漢字について詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

魚へんの漢字の一覧表!名前の由来・読み方・覚え方とともに紹介!

アワビの漢字は4種類

アワビを漢字で書くと、鮑・蚫・鰒・石決明と4つの表記が出来る事が分かりました。それぞれの意味や由来を知り、アワビを漢字で書けるようになりましょう。

関連する記事