マコモダケとは?食べ方や料理レシピは?栄養や旬の時期・産地なども紹介!

マコモダケとはどんな食材か知っていますか?今回は、マコモダケの旬の時期・産地や、味わい&食感に加えて、栄養や効果・効能について紹介します。マコモダケの食べ方や、料理レシピのおすすめも紹介するので、参考にしてみてくださいね。

目次

  1. マコモダケとは?
  2. マコモダケとはマコモの茎が肥大化した食材
  3. マコモダケの旬の時期・主産地
  4. マコモダケの味わい・食感
  5. マコモダケの栄養
  6. マコモダケの食べ方&調理法は?
  7. マコモダケの下処理の仕方
  8. マコモダケの料理レシピのおすすめ
  9. ①マコモダケの素焼き
  10. ②マコモダケの天ぷら
  11. ③マコモダケの炊き込みごはん
  12. ④マコモダケのきんぴら
  13. ⑤マコモダケの中華炒め
  14. ⑥マコモダケときのこの味噌汁
  15. マコモダケを食べてみよう

マコモダケとは?

スーパーで見かけることはなかなかありませんが、旬の季節になると農産物直売所などでは見たことがあるかもしれません。名前からは、たけのこかきのこかと勘違いしてしまいそうなこの野菜は、一体どのような植物なのでしょうか。気になる味や食感は食べた人の感想を紹介します。

マコモダケとはマコモの茎が肥大化した食材

マコモダケとはイネ科マコモ属の多年草であるマコモの茎の根本部分が肥大したものです。マコモの茎に黒穂菌(くろぼきん)が寄生すると肥大し、その肥大し部分がマコモダケと呼ばれ、食用になります。マコモ自体は東南アジアだけでなく日本全国の川辺などの水辺に群生している、ごく一般的な植物です。

菌の寄生に不安を感じるかもしれませんが、人間に害はありません。収穫期を過ぎ黒くなったマコモダケから採れる黒穂菌の胞子はマコモズミと呼ばれ、古くからお歯黒や眉墨などとして活用されてきた安全なものです。

マコモダケの旬の時期・主産地

マコモダケの旬は9月下旬から10月中旬頃で、収穫できる期間は11月頃までになります。収穫時期をすぎると黒穂菌が胞子をつくりマコモダケに黒い斑点がたくさんできて見た目が悪くなります。黒い斑点があっても害にはなりませんが、味が落ちてしまうので旬の美味しい時期を狙うようにしましょう。

主な産地は三重、石川、長野などがあり、栽培管理が比較的楽にできることから各地で栽培農家を増やし、特産品にするための取り組みが行われています。マコモダケの新しいメニュー提案や商品開発もおこなわれているようです。

マコモダケの味わい・食感

マコモダケの味は淡白でえぐみや苦みはなく火を通すとほのかに甘く、とうもろこしのような香りがします。食感は柔らかいたけのこにも似ており、加熱し過ぎないように調理した時のシャキシャキとした食感が魅力の食材です。日本ではまだ馴染みが薄いですが、油との相性もよく中華料理の炒め物によく使われる食材です。

マコモダケの栄養

マコモダケには主に以下のような栄養が含まれています。

・食物繊維
・カリウム
・ビタミンC
・葉酸
・カロテン
・ビタミンK


特に多く含まれているのが、食物繊維とカリウムで、食物繊維は腸内環境を整え、便秘の解消に効果的です。また、カリウムには筋肉のエネルギー代謝や神経伝達を補助する役目があり、他にも肝臓の老廃物の排出を促進しむくみをとる効果もあります。利尿作用もあるため、老廃物と体内の余分な水分を排出する働きでデトックス効果も期待できます。

また、カリウムをはじめとするミネラルやビタミン類などの体の調子を整えるのに役立つ栄養素も多く含んでいるため、健康食品の1つとして注目されている食材です。

マコモダケの食べ方&調理法は?

見た目は植物の茎そのもののようなマコモダケですが、どのように料理したらいいのでしょうか。たけのこのようにあく抜きなどの下処理が必要なのかも確認していきます。

マコモダケの下処理の仕方

マコモダケの下処理は、以下のように行います。

①しっかりと洗う
②周りの緑色の固い皮を剥く
③緑色の部分が残る場合は軽くピーラーで皮を剥く


マコモダケはアクがないためあく抜きの必要がありません。洗って皮を剥いたらそのまま料理に使うことができるので手間なく気軽に挑戦しやすい食材です。新鮮なものであれば、生でも食べることができます。油との相性がいいため、炒め物や揚げ物にもおすすめですが、皮のままオーブンやグリルで焼く素焼きにしても素材そのものの味が楽しめます。

マコモダケの料理レシピのおすすめ

中華料理に使われることが多いマコモダケですが、和食の場合はどのように使ったらいいのでしょうか。マコモダケそのものの味を楽しめるレシピやいつものメニューにマコモダケを活かせるレシピなどを紹介しますので参考にしてください。

①マコモダケの素焼き

出典:https://cookpad.com/recipe/4762154

シンプルな調理方法ですが、皮つきのまま素焼きにするのでマコモダケが蒸し焼き状態になり、焦げた皮を剥くとほくほくとした食感が楽しめます。焼いているときからただよう甘い香りが食欲をそそります。

マコモダケの素焼き☆味噌マヨディップ by めぐみの郷 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが340万品

②マコモダケの天ぷら

出典:https://cookpad.com/recipe/1607371

マコモダケは油との相性がいいため、天ぷらにもよく合います。クセがほとんどないため、下処理が最低限ですむのも嬉しいポイントです。

マコモダケの天ぷら by cafe-cafe 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが341万品

③マコモダケの炊き込みごはん

出典:https://cookpad.com/recipe/1281570

炊き込みごはんはマコモダケの甘味を感じられるメニューなのでおすすめです。紹介したのはマコモダケとシンプルな具材で炊き込みごはんにしたレシピですが、お好みできのこなどの具材を加えても美味しく食べられます。

簡単❤マコモダケの炊き込みご飯 by 時花菜 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが340万品

④マコモダケのきんぴら

出典:https://cookpad.com/recipe/5274041

ごぼうよりも香りに特徴が無いため、子供に好まれるきんぴらに仕上がります。マコモダケに火を通し過ぎないよう人参だけを先に炒めて、マコモダケのシャキシャキとした食感を楽しんでください。

まこもだけのきんぴら by くみちゃん8 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが340万品

⑤マコモダケの中華炒め

出典:https://cookpad.com/recipe/3450163

マコモダケはお肉や他の野菜とも相性よく、中華料理によく使われる食材なので中華風の味付けにも挑戦してみてください。レシピでは炒める前にレンジで加熱していますが、たけのこのような食感が活きるように生のまま炒め過ぎないようにするのもおすすめです。

晩御飯 簡単まこもだけと豚肉の中華炒め by ユリchan* 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが341万品

⑥マコモダケときのこの味噌汁

出典:https://cookpad.com/recipe/5287569

秋が旬のマコモダケを同じく秋が旬のきのことあわせて、味噌汁にしたレシピです。味噌汁なら気負うことなく、いつものメニューにマコモダケを少しだけ使ってみることができます。

秋の味覚☆旬のマコモと山のキノコの味噌汁 by ♥️MIRIA♥️ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが340万品

マコモダケを食べてみよう

少しずつ生産者が増えてきて、お店で見かける機会も増えてきたマコモダケですが、旬が短いため見つけられたらラッキーな食材なのかもしれません。もし見つけたらすぐに手に取り、色々なレシピを試してみてください。子供受けもいいマコモダケはきのこに並ぶ秋の到来を感じさせる旬の食材になるかもしれません。

関連する記事