ランブータンとは?ライチの仲間?味わい・栄養価〜食べ方・レシピのおすすめも紹介!

ランブータンとはどんな果物か知っていますか?今回は、ランブータンの〈旬の時期・味わい・栄養価・効能〉など特徴も紹介します。ランブータンの美味しい食べ方・レシピや通販商品のおすすめも紹介するので参考にしてみてくださいね。

目次

  1. ランブータンとは?ライチの仲間?
  2. ランブータンはマレーシア原産の果実
  3. ランブータンの旬の時期・産地
  4. ランブータンの味わい・食感
  5. ランブータンの栄養価・効能は?
  6. ①ビタミンC
  7. ②カリウム
  8. ③食物繊維
  9. ランブータンの美味しい食べ方・レシピは?
  10. ①そのままで味わう
  11. ②ローイゲーオ
  12. ③タピオカミルクのチェー
  13. ランブータンの通販商品のおすすめ
  14. ①ランブータンの缶詰 (420円)
  15. ②冷凍ランブータン (1,600円)
  16. ③ドライランブータン(626円)
  17. ランブータンを食べてみよう

ランブータンとは?ライチの仲間?

ランブータンの名前を聞いた事があっても、実際に食べた経験を持つ人は少ないのではないでしょうか。今回は、ランブータンとはどの様なものなのか紹介します。

ランブータンはマレーシア原産の果実

ランブータンの原産地は、フルーツの女王と呼ばれるマンゴスチンと同じマレーシア半島付近と考えられています。ランブータンの木は常緑樹で寒さに弱い性質がある為、10度を下回る様な地域では成長できず枯死してしまいます。更に乾燥にも弱い為、湿度が高くて暖かい熱帯地方や亜熱帯諸国に適した植物です。

果実は革質の赤い表皮におおわれ、特徴的な緑色の髭が生えています。ランブータンの名前はその特徴的な髭をはやした様な見た目から、マレー語で毛や髭を意味するランブート(rambut)を由来として付けられました。

ランブータンの旬の時期・産地

ランブータンはタイやベトナムはもちろんマレーシアなどの熱帯地方の他、最近ではオーストラリアなどでも栽培されています。日本では唯一沖縄県で栽培が成功してますが、他の南国の木に比べると沖縄で育つランブータンの木はとても小さいようです。

現時点では沖縄県産のランブータンは安定した収穫量を得るほどではない為、市場に出回ることは少なくなっています。

地域によって異なりますが、ランブータンが実をつけるのは雨季の時期です。乾季の後にやってくる雨に反応して開花し実をつけるので、乾季と雨季が年2回ある地域では2回実をつけるそうです。タイやベトナムの様な熱帯地方では雨季に当たる5月から8月にかけて旬を迎えます。一方、沖縄では梅雨明けに開花し、夏の終わりくらいに実をつけるようです。

ランブータンの味わい・食感

ランブータンの味わいは、同じ南国のフルーツのライチにとてもよく似ているそうです。上品な香りと甘さに加え、果肉の食感はライチに似て柔らかくプルプルとした特徴的な歯応えを愉しむ事が出来ます。ライチよりも軽くすっきりとした甘みを持ち、苦味もなくとても食べやすいのが特徴です。

ランブータンはムクロジ科に属し、中国が原産のライチやロンガンと同じ仲間に分類されます。いわゆる親戚の様な関係を持つこの3つの果物は外見こそ違うものの、その味わいや食感においてとてもよく似ています。

ランブータンの栄養価・効能は?

ランブータンは上品で爽やかな味わいを持つ事が分かりましたが、どの様な栄養があるのでしょうか。ここでは、ランブータンの栄養価と効能について説明します。

①ビタミンC

含有量(100g) 1日の摂取量の目安 1日の摂取量に占める割合
59.4mg 100mg 59%

※1日の摂取量は成人男性の目安です
※含有量は日本食品標準成分表を参照しています(※1)

ランブータン100g、およそ4粒ほどで1日の摂取量の半分を摂取する事ができます。ビタミンCが豊富とされるレモンと同程度の含有量を誇り、疲労回復や抗菌作用に加え、紫外線による肌のダメージを軽減して美容・アンチエイジングの効果が期待できます。(※2)

②カリウム

含有量(100g) 1日の摂取量の目安 1日の摂取量に占める割合
84mg 2400mg 4%

ランブータンに含まれるカリウムは、体内の水分と塩分を調節する働きを持ち、余分な水分や塩分を体外に排出して血圧を下げたりむくみを解消したりします。また、水分を体外に排出する際に熱も放出して体温を下げる効能もあり、暑い時期にはぴったりの果物です。(※3)

③食物繊維

含有量(100g) 1日の摂取量の目安 1日の摂取量に占める割合
1.5g 20g 8%

ランブータンは食物繊維も豊富に含み、腸内環境を整えて便秘予防にも効果が期待できます。さらに、食物繊維はコレステロール値の低下などによって生活習慣病の予防にも効果を発揮します。また、腸内環境が乱れると太りやすくなるので、ダイエット中でも意識して摂取したほうが良い栄養素の一つです。(※4)

ランブータンの美味しい食べ方・レシピは?

ランブータンにはアンチエイジングや健康維持の効果がある事がわかりました。ここでは、ランブータンをより美味しく食べられるレシピを、タイやベトナムでも人気の食べ方も併せながら紹介します。

①そのままで味わう

出典:https://cookpad.com/recipe/3930890

フレッシュなものや丸ごと冷凍されたランブータンを手に入れる事が出来たら、特徴的な髭つきの皮を剥きながらそのままで食べて見ましょう。ランブータンは皮と果実の間に薄皮がありますが、ナイフなどで薄皮を切るように切れ目を入れると、果実を綺麗に取り出す事が出来ます。

ランブータンの食べ方 by Haruko_H 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが341万品

②ローイゲーオ

出典:https://cookpad.com/recipe/5162161

ローイゲーオは旬のフルーツを塩の効いたシロップに漬け込み、氷を加えたタイの人気デザートです。塩が効いてさっぱりしているので、暑い夏の水分補給を円滑にしてくれます。ランブータンを使って作れば、ランブータン・ローイゲーオの出来上がりです。

自家製ソルティライチ 原液 by ちよこれいと♡ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが341万品

③タピオカミルクのチェー

出典:https://oceans-nadia.com/user/10641/recipe/116959

ベトナムでは日本のぜんざいの様な、チェーと呼ばれるデザートが人気です。レシピはライチを使用していますが、ランブータンに置き換えてもとても美味しいチェーが出来上がります。好みで練乳を加えると、より一層本場の味に近づくでしょう。

ライチと桃のタピオカミルク by 神田 美紀 | レシピサイト Nadia | ナディア - プロの料理家のおいしいレシピ

ランブータンの通販商品のおすすめ

南国に出かけなくても、家庭でランブータンを愉しむ方法があります。手軽に入手できる通販商品をサイト・値段と併せて紹介します。

①ランブータンの缶詰 (420円)


*購入サイト|楽天市場*
ランブータン 565g

ランブータンのシロップ漬けを缶詰にしたものは、アジア商品を扱うお店にも置いてあります。シロップに浸かっているので、シロップごと利用出来るのも魅力の一つです。シロップごとゼリーにして、おやつに食べても美味しいでしょう。

②冷凍ランブータン (1,600円)


*購入サイト|楽天市場*
業務用 冷凍 ランブータン 10kg(500g×20PC)

フレッシュの物は入手しにくいですが、冷凍の物であれば通信販売で比較的簡単に入手でき、ランブータン本来の美味しさを手軽に味わえます。暑い時期は半解凍で食べるなど、冷凍ならでは食べ方も愉しめるでしょう。

③ドライランブータン(626円)


*購入サイト|楽天市場*
ドライフルーツ ランブータン 200g

乾燥させることでランブータンの甘さが濃縮された独特の味わいの他、特有の食感も愉しめます。また、ヨーグルトなどに一晩漬けておけば、朝にはしっとりとした食感を味わえるでしょう。

ランブータンを食べてみよう

ランブータンは、一度食べたら病みつきになる様な魅力を持った果物です。日本では見かける機会が少ない果物ですが、通信販売などを利用すれば手に入れることができるので、気になる人はぜひ試してみてください。

関連する記事