うどんの発祥の地は「福岡」?語源や起源は?どう日本に広まったかなどを紹介!

うどんの発祥地はどこか知っていますか?知るとうどんに対するイメージが変わるかもしれません。今回は、うどんの発祥や起源に加えて、どうやって日本に広まったのかなどの歴史も紹介します。日本三大うどんについても紹介するので、参考にしてみてくださいね。

目次

  1. 「うどん」っていつからあるの?
  2. 「うどん」という食べ物について
  3. うどんの起源は?発祥地はどこ?
  4. 説①中国の「餛飩(こんとん)」がうどんに変わった説
  5. 説②空海が中国からうどんの技術を持ち帰った説
  6. 説③円爾が中国から製粉技術を持ち帰った説
  7. うどんの日本における歴史は?
  8. 今のうどんになったのは江戸時代から
  9. 日本三大うどんとは?
  10. ①香川県:讃岐うどん
  11. ②秋田県:稲庭うどん
  12. もう1つは地域によって異なる
  13. うどんを美味しく食べよう

「うどん」っていつからあるの?

うどんは古くから日本人に愛されている麺類の一つですが、いつ発祥したのか知っている人は少ないと言えるでしょう。ここでは、うどんの持つ特徴について詳しく解説します。

「うどん」という食べ物について

うどんは小麦粉から作られた麺ですが、ひやむぎやそうめんも同じ原料から作られています。これらの麺類の違いは、以下の通りです。

・うどん:麺の直径が1.7㎜以上
・ひやむぎ:麺の直径が1.3㎜以上1.7㎜未満
・そうめん:麺の直径が1.3㎜未満


うどん・ひやむぎ・そうめんの太さは、農林水産省のJAS規格で定義されています。製法にも違いがあり、うどんは生地を薄く伸ばしてから包丁や機械で細く切ることに対し、そうめんやひやむぎは生地を手や機械で引き延ばして作る製法が一般的です。このような違いがあることから、同じ原材料を使っていても、それぞれ独特の食感があると言えるでしょう。

うどんの起源は?発祥地はどこ?

うどんは、誰がどのようにして作った料理なのでしょうか。ここでは、うどんの起源や発祥地について、3つの説を解説します。

説①中国の「餛飩(こんとん)」がうどんに変わった説

出典:https://twitter.com/panda_sj99/status/1112870291053531136?s=20

うどんの起源は、奈良時代の遣唐使が伝えた中国の餛飩(こんとん)と呼ばれる料理にあると言われています。餛飩はワンタンのことで、当時は小麦粉を水で練り上げた生地を細長く切り、スープに浮かべた料理だったようです。

餛飩が日本に広がるとともに、餛飩(こんとん)が温飩(おんとん)と呼び名が変化し、最終的に現在のうどんと呼ばれるようになりました。

説②空海が中国からうどんの技術を持ち帰った説

出典:https://twitter.com/yuk_0407/status/1323387245454336003?s=20

平安時代に中国に渡った僧侶である空海が、小麦粉を使った食文化が発展していた中国から、うどん作りの技術を持ち帰ったとする説も有力です。

空海の故郷は四国にあり、讃岐地方は干ばつの被害が多く、米作りに悩まされていました。米を満足に食べることができなかった人々のために、比較的安定して収穫されていた小麦を使った、うどんのもとになった団子のような料理を考えたとされています。

説③円爾が中国から製粉技術を持ち帰った説

出典:https://twitter.com/azuki_document/status/1287619630228365313?s=20

僧侶である円爾(えんに)が鎌倉時代に、中国から水車を活用した製粉技術を、日本に持ち帰ったとする一説もあります。その際にうどん作りに使われる小麦粉だけでなく、そば粉も作られるようになり、これが日本のうどん・そば文化の始まりだと言えるでしょう。

円爾によって開かれた、承天寺と呼ばれる福岡県の寺院では、饂飩蕎麦発祥之地(うどん・そば発祥の地)と書かれた石碑が建てられています。

うどんの日本における歴史は?

うどんは中国から伝わった料理だと言えますが、どのようにして日本各地に広まったのでしょうか。ここでは、うどんの日本における歴史を紹介します。

今のうどんになったのは江戸時代から

前述した通り、うどんは香川県や福岡県で発祥したとされ、現在食べられているうどんとは違った形をしていました。ここから日本各地にうどんが伝わっていくにつれ、その形状が変化していったと言えるでしょう。江戸時代になると出汁の文化も発展し、うどんは現在と同じ形で食べられていたことが、当時の文献や歌舞伎の演目などからわかっています。

日本三大うどんとは?

うどんは地域によって、味わいや食感が違うことが特徴の一つです。日本三大うどんとは、どこで作られたうどんを指すのか見ていきましょう。

①香川県:讃岐うどん

日本三大うどんの筆頭として挙げられるのは、香川県が発祥の讃岐うどんです。日本のうどん消費量は香川県が最も多く、日常の食事として地元民から愛されています。手でこねてから足で踏んで作る麺はコシが強く、出汁の効いたつゆをかけて食べるぶっかけうどんはシンプルながら麺の食感や小麦の味わいが楽しめ、うどんを目当てに訪れる観光客も多いようです。

②秋田県:稲庭うどん

秋田県の郷土食として親しまれる稲庭うどんも、日本三大うどんの一つです。稲庭うどんはそうめんと同じ手延べ製法で作られ、一般的なうどんよりも細く平たい形状をしています。このため、口当たりがなめらかで、喉越しを楽しめるうどんだと言えるでしょう。稲庭うどんはもともと保存食として作られたため、乾麺で流通されて日本中で食べることができます。

もう1つは地域によって異なる

日本三大うどんは特定の機関が認証したものではないため、最後の1つは地域によって異なると言えるでしょう。

三大うどんとして有力なものは、ごまだれで味わう群馬県の水沢うどんや、愛知県の名物である平たいきしめんだと言われています。また、手延べ製法を使った富山県の氷見うどんや、コシの強さが楽しめる長崎県の五島うどんなども人気が高く、三大うどんの一つと名乗ることもあるようです。

(※日本三大うどんについて詳しく知りたい方はこちらを読んでみてください。)

日本三大うどんとは?「讃岐」「稲庭」以外ある?味わい・食感など違いを比較して紹介!

うどんを美味しく食べよう

うどんの起源は中国にあるとされ、発祥の地は香川県や福岡県と、諸説あることがわかりました。日本でのうどんの歴史を理解すると、普段何気なく食べているうどんが、味わい深くなるかもしれません。日本三大うどんと名乗る、地域ごとに味わいや食感の異なるうどんをぜひ食べ比べてみてください。

関連する記事

×