カントリーマアムの大きさが小さくなってるって本当?発売当初と比較して紹介!

カントリーマアムの大きさが小さくなってる、と言われますが本当でしょうか?今回は、カントリーマアムの大きさが小さくなった噂の真偽を、量・サイズの2005年〜2020年で年代別の推移とともに紹介します。カントリーマアムの量が減り続けた時の2040年問題についても紹介するので参考にしてみてくださいね。

目次

  1. カントリーマアムの大きさが昔より小さい…?
  2. カントリーマアムの大きさが小さくなった噂の真偽は?
  3. カントリーマアムが小さくなったのは本当
  4. 実はカントリーマアムのファミリーサイズ1袋あたりの量も減った
  5. カントリーマアムのサイズ・量が減ってしまった理由とは?
  6. カントリーマアムの製造コスト上昇を値上げせずに賄ったため
  7. カントリーマアムのサイズ・量がこのまま減ると…
  8. 2040年頃にはカントリーマアムが0枚になるww
  9. カントリーマアムが小さくなったのは値上げをしないため

カントリーマアムの大きさが昔より小さい…?

カントリーマアムは不二家が販売しているチョコチップクッキーで、外はさっくり、中はしっとりした食感が楽しめる昔から愛されている商品です。そのカントリーマアムの大きさが、昔より小さくなったのではと感じている人が多いようです。昔食べていたものより小さくなっていたら残念な気持ちにもなってしまいますが、真実はどうなのでしょうか。

(*実は、雪見だいふくも小さくなったと噂されています。雪見だいふくがどれくらい小さくなったかについて詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

雪見だいふくが小さくなったって本当?いつから?昔のサイズについても紹介!

カントリーマアムの大きさが小さくなった噂の真偽は?

写真だけを見るとカントリーマアムは小さくも見えますが、実際のサイズや量はどのくらい変わっているのか気になるところです。ここからは、本当に小さくなったのか、数量も減ったのかも含めてわかりやすく画像や具体的な数字をもとに噂の真偽を紹介します。

カントリーマアムが小さくなったのは本当

上記の写真は右側が現在のカントリーマアム、左側が過去に販売されていたカントリーマアムです。写真からも分かる通り、カントリーマアムが小さくなっていることは事実です。

1984年に販売が開始されてから、期間限定商品や地域限定商品などさまざま種類のカントリーマアムが発売されています。現在の主力商品は1992年に発売が開始された20枚入りの「カントリーマアム(バニラ&ココア)」です。

この商品の1枚当たりの重さは発売当初は11gでしたが、2007年に10.5gに減り2014年には10gになりました。発売当初と比べると1gも減り、写真でわかる通り直径も少し小さくなっていて現在発売されているものは約3.5cm×約3.7cmほどのサイズになっています。

実はカントリーマアムのファミリーサイズ1袋あたりの量も減った

現在ファミリーサイズとして発売されている「カントリーマアム(バニラ&ココア)」は20枚入りです。ファミリーサイズの1袋当たりの値段は昔と変わらないですが、1枚当たりのサイズは小さくなり数量も減っています。そこでここでは、ファミリーサイズのカントリーマアムの1枚当たりの重さと数量の変化を2005年~現在までの年代別で紹介します。

2005年
・重さ:11.0g
・数量:30枚


2007年
・重さ:10.5g
・数量:28枚


2009年
・重さ:10.5g
・数量:24枚(通常の数量)
・数量:26枚(11月中旬~2010年1月までの期間限定で増量)


2011年
・重さ:10.5g
・数量:22枚


2013年
・重さ:10.5g
・数量:22枚


2015年
・重さ:10.0g
・数量:20枚


2017年
・重さ:10.0g
・数量:20枚


2019年
・重さ:10.0g
・数量:20枚


2020年
・重さ:10.0g
・数量:20枚


このようにわずか10年で10枚も数量が減り、1枚当たりの重さも1g減っているので総量としては130gも減ったことがわかります。値段は2005年から1袋323円(税別)と変わっていないので、実質の値上げになります。具体的な数字で見ると、どれだけ減り続けているのかが一目瞭然です。

カントリーマアムのサイズ・量が減ってしまった理由とは?

カントリーマアムのサイズが小さくなり、量も減ってしまったことはわかりましたが、その理由はなぜでしょうか。ここでは、カントリーマアムのサイズ・量が減ってしまった理由について紹介します。

カントリーマアムの製造コスト上昇を値上げせずに賄ったため

関連する記事