バルサミコクリームとは?使い道・味わいなどバルサミコ酢と違いを比較して紹介!

バルサミコクリームとは何か知っていますか?今回は、バルサミコクリームについて、〈味わい・舌触り・使い道〉などバルサミコ酢との違いを比較しつつ紹介します。バルサミコクリームの使い方・活用法をレシピとともに紹介するので参考にしてみてくださいね。

目次

  1. バルサミコクリームとは?
  2. バルサミコ酢を凝縮したクリーム
  3. バルサミコクリームとバルサミコ酢の違いは?
  4. ①味わい
  5. ②舌触り・見た目
  6. ③使い道・使い勝手の良さ
  7. バルサミコクリームの作り方
  8. 材料
  9. 作り方・手順
  10. バルサミコクリームの使い方・活用法は?厳選レシピを紹介!
  11. ①バルサミコソースのビーフステーキ
  12. ②ポークソテー・バルサミコクリームソース
  13. ③フルーツトマトのグリル
  14. ④苺と生ハムとモッツァレラのサラダ
  15. ⑤アボカドと卵のソテー
  16. ⑥ヨーグルトのバルサミコクリームかけ
  17. ⑦バルサミコクリームのパンナコッタ
  18. バルサミコクリームをうまく活用してみよう!

バルサミコクリームとは?

出典:http://www.meidi-ya.co.jp/goods/food/other/ponti01.html

バルサミコクリームとはイタリアで親しまれている調味料ですが、日本人にとってはあまり馴染みがないかもしれません。ここでは、バルサミコクリームはどのようにして作られているのか詳しく解説します。

バルサミコ酢を凝縮したクリーム

バルサミコクリームとは、バルサミコ酢を濃縮したクリームをさします。バルサミコ酢を濃縮させるには焦げ付かないように手間をかけて加熱する必要がありますが、バルサミコクリームはすでに濃縮されているため手軽に使える調味料です。

バルサミコクリームはバルサミコ酢と同様に、野菜を使った前菜から肉・魚のメイン料理、さらにデザートまで活用されています。

バルサミコクリームとバルサミコ酢の違いは?

出典:https://shop.r10s.jp/gold/kappa-chianti/img/image_food/balsamico_cream.jpg

バルサミコクリームの原料であるバルサミコ酢ですが、この2つの調味料にはどのような違いがあるのでしょうか。ここでは、バルサミコクリームとバルサミコ酢の違いを詳しく解説するのでぜひ参考にしてみて下さい。

①味わい

バルサミコクリームとバルサミコ酢には、味わいの面で決定的な違いがあります。バルサミコ酢を煮詰めて作るバルサミコクリームは、酸味が柔らかくなり甘みの強い味わいが特徴です。

さらにバルサミコ酢の旨みが凝縮されているので、ステーキやフォアグラなどの高級食材にも良く合います。また、ぶどうの芳醇な味わいが楽しめるバルサミコクリームは、アイスクリームのトッピングにも相性抜群な調味料です。対してバルサミコ酢は爽やかな酸味があるので、この味わいの違いを生かしてドレッシングなどに活用されます。

②舌触り・見た目

バルサミコ酢はサラサラとした液体ですが、対してバルサミコクリームはとろみの強いテクスチャーが違いの一つです。このため、バルサミコクリームは料理に良く絡んで味わいにアクセントを与えます。また、バルサミコクリームは色が濃いので、ソース作りに使うと食材の彩りを引き立てるでしょう。

③使い道・使い勝手の良さ

バルサミコクリームはバルサミコ酢よりも使い道が多岐にわたり、使い勝手の良い調味料です。バルサミコ酢は調理の際に他の調味料と合わせる必要がありますが、甘味と旨味が濃縮されたバルサミコクリームは様々な料理に良く合いそのまま使えます。また、バルサミコクリームは粘度が強いため、お祝いの際などにお皿に文字や模様を描くのにも適しています。

バルサミコクリームの作り方

バルサミコクリームを購入しても、使い切れるか心配な人もいるかもしれません。ここでは、自宅で手軽に作れるバルサミコクリームの作り方を紹介します。

材料

・グラニュー糖     15g
・水          15cc
・熱湯         15cc
・バルサミコ酢     適量
・バター        小さじ1~1.5
・生クリーム      適量
・グレープシードオイル 適量

作り方・手順

煮込む必要がなく、簡単なバルサミコクリームの作り方の手順は以下の通りです。

①鍋にグラニュー糖と水を入れやや強火にかけ焦げないよう時々ゆする
②全体が濃い茶色になったら熱湯を加えてカラメルを溶き伸ばす
③熱いうちにバルサミコ酢を好みの酸味になるまで加えながらよく混ぜる
④バターを加えてよく混ぜる
⑤味を見ながら生クリームを加える
⑥グレープシードオイルで濃度を調整する


カラメルを作って加えることで甘味ととろみを出し、濃厚なコクはバターと生クリームで再現したレシピです。加減が難しいカラメル作りも、ヘラなどで混ぜず鍋をゆするようにしながら煮詰めるとうまくできます。焦がさないように注意しながら、好みの固さまで加熱してください。

バルサミコ・クリームに挑戦 : つれづれなるままに

バルサミコクリームの使い方・活用法は?厳選レシピを紹介!

バルサミコクリームは、普段の料理にどのように使ったら良いのでしょうか。ここでは、バルサミコクリームの味わいを活用したレシピを厳選して紹介するのでぜひ参考にしてみて下さい。

①バルサミコソースのビーフステーキ

出典:https://cookpad.com/recipe/5959145

和風ステーキソースの上から、バルサミコクリームをかけるだけのシンプルなレシピです。しょうゆベースのソースにバルサミコクリームがよく合い、サッパリとお肉を食べたい人におすすめします。

ビーフステーキ★和風バルサミコソース by pan★da 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが348万品

②ポークソテー・バルサミコクリームソース

出典:https://cookpad.com/recipe/2434135

ウイスキーとバルサミコクリームに漬け込んだ、柔らかくジューシーなポークソテーです。こちらのソースは味わいが良いだけでなく、お酢の作用で肉質が柔らかくなり美味しく作れるので、鶏肉やスペアリブを調理する際にも活用してみてください。

ジャックダニエル☆ポーク by cookmanian 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが348万品

③フルーツトマトのグリル

出典:https://cookpad.com/recipe/6289550

フルーツトマトを魚焼きグリルで焼くだけの簡単なレシピですが、仕上げにかけるバルサミコクリームの味わいがトマトのフレッシュな香りと相性抜群です。メインの料理に添えても、副菜の一品としても食卓を引き立てる一品になります。

シンプルなフルーツトマトのグリル by kebeibiko 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが348万品

④苺と生ハムとモッツァレラのサラダ

出典:https://cookpad.com/recipe/5040900

本場イタリアでも食べられている、バルサミコクリームを使った人気のメニューです。苺とバルサミコクリームの甘味と酸味が、生ハムとモッツァレラチーズの塩気と相性抜群です。おしゃれな前菜や、シャンパンやワインのお供としておすすめします。

苺とモッツァレラ、生ハムの前菜 by 料理家北村みゆき 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが348万品

⑤アボカドと卵のソテー

出典:https://cookpad.com/recipe/5813498

アボカドと卵が口の中でとろける、バルサミコクリームとハーブのアクセントが効いたカフェ風のレシピです。バルサミコクリームが具材に良く絡み、料理の彩りを華やかに引き立てています。休日の朝食やブランチに、ゆっくりと楽しみたい一品です。

アボカドのハーブ塩卵炒め by kebeibiko 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが348万品

⑥ヨーグルトのバルサミコクリームかけ

出典:https://cookpad.com/recipe/6544302

バルサミコクリームには柔らかな甘味や酸味があり、ヨーグルトとも相性の良い食材です。バルサミコクリームは流れにくいので、ヨーグルトの上に可愛らしいハートを描くことも出来ます。甘いものが好きな人は、練乳を加えるのもおすすめです。

ヨーグルトバルサミコクリームがけ♪ by 青のくまちゃん 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが348万品

⑦バルサミコクリームのパンナコッタ

出典:https://cookpad.com/recipe/6072857

濃厚かつサッパリとした味わいの、絶妙なバランスのパンナコッタです。バルサミコクリームを加えてパンナコッタを作るとやや黄色っぽい色に仕上がります。真っ白なパンナコッタを作りたい場合は、バルサミコクリームを加えずにデコレーションをすると良いでしょう。

イタリアンパンナコッタ by モンテ物産 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが348万品

バルサミコクリームをうまく活用してみよう!

バルサミコクリームはバルサミコ酢を濃縮させた、様々なレシピを引き立てる万能調味料だとわかりました。バルサミコクリームが使い切れるか心配な人は、バルサミコ酢で自作する方法も試してみてください。今回厳選したバルサミコクリームのおすすめレシピも参考にして、料理の味をランクアップさせましょう。

関連する記事

×