ブルーベリージャムの使い道は?大量消費できる活用レシピ22選を紹介!

余ったブルーベリージャムの使い道・使い方を知っていますか?アレンジして美味しく消費できるのでしょうか?今回は、ブルーベリージャムを大量消費できる人気レシピを〈お菓子&デザート・おかず&おつまみ・飲み物〉など別に紹介します。ブルーベリージャムを使った意外なアレンジレシピも紹介するので参考にしてみてくださいね。

目次

  1. 余ったブルーベリージャムの使い道って?大量消費できる?
  2. ブルーベリージャムを大量消費できる【お菓子・デザート】人気レシピ
  3. ①ブルーベリージャムのパウンドケーキ
  4. ②ブルーベリージャムのマフィン
  5. ③ブルーベリージャムのパン
  6. ④ブルーベリージャムのココアフレンチトースト
  7. ⑤ブルーベリージャムのレアチーズケーキ
  8. ⑥ブルーベリージャムロールケーキ
  9. ⑦ドーナツのブルーベリージャム添え
  10. ⑧ホットケーキミックスで作るクッキーサンド
  11. ⑨ブルーベリージャムパイ
  12. ⑩マシュマロアイスのブルーベリージャム添え
  13. ⑪ブルーベリーのヨーグルトパフェ
  14. ⑫ブルーベリーのアイスクッキーサンド
  15. ⑬ブルーベリー豆乳アイスクリーム
  16. ブルーベリージャムを大量消費できる【おかず・おつまみ】人気レシピ
  17. ①手羽元のブルーベリージャム煮
  18. ②ブルーベリージャムのチキンソテー
  19. ③スペアリブの赤ワイン煮込み
  20. ④ブルーベリージャムで酢豚
  21. ⑤肉料理とブルーベリージャムソース
  22. ⑥ラムチョップのバルサミコ酢とブルーベリーソース添え
  23. ブルーベリージャムを大量消費できる【飲み物】人気レシピ
  24. ①ブルーベリージャムのアレンジアイスティー
  25. ②フローズンドリンク
  26. ③牛乳で作るブルーベリーラッシー
  27. 余ったブルーベリージャムを保存する場合は冷凍がおすすめ!
  28. 余ったブルーベリージャムを使った活用レシピを作ってみよう!

余ったブルーベリージャムの使い道って?大量消費できる?

ブルーベリージャムの主な使い道はパンに塗ることで、それ以外の使い道がなく困っている人は少なくないでしょう。余ったブルーベリージャムを大量消費したい時におすすめの、人気レシピをお菓子・おかず・飲み物に分類して紹介するので参考にしてください。

ブルーベリージャムを大量消費できる【お菓子・デザート】人気レシピ

ブルーベリージャムの大量消費に活用できる、お菓子・デザートの人気レシピを紹介するので、使い道に困った時などに参考にしてください。

①ブルーベリージャムのパウンドケーキ

出典:https://cookpad.com/recipe/2050567

材料を混ぜ合わせるだけで簡単に作れる、甘酸っぱいブルーベリージャムが美味しいパウンドケーキの人気レシピです。きれいなマーブル模様になるように、ブルーベーリージャムを生地に加えた後は4~5回ほど切るようにし、あまり混ぜ過ぎないようにしてください。

超絶☆簡単♪パウンドケーキ☆ジャム&紅茶 by cakes&ale 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが367万品

②ブルーベリージャムのマフィン

出典:https://cookpad.com/recipe/4736659

材料を混ぜ合わせるだけで簡単に作れ、ジャムの大量消費にもおすすめのブルーベリーマフィンのレシピです。ブルーベリージャムのほのかな酸味が美味しく、ラッピングをして誰かにプレゼントするのもおすすめです。

ジャムで簡単ブルベリーマフィン by みらんままーん 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが367万品

③ブルーベリージャムのパン

出典:https://cookpad.com/recipe/5793001

やわらかいパンを割るとブルーベリージャムとクリームチーズがこぼれ出る、酸味とコクの相性が良い人気レシピです。生地にもフィリングにもジャムが使われており、大量消費したい時にもおすすめします。ブルーベリー以外にも、いちごやマーマレードジャムでアレンジするのも良いでしょう。

30分完成?不思議パンのブルーベリーパン by ♪♪maron♪♪ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが367万品

④ブルーベリージャムのココアフレンチトースト

出典:https://cookpad.com/recipe/2416688

切り込みを入れた食パンにブルーベリージャムを挟み、ココア入りの卵液に浸し焼き上げた、ブルーベリージャムとクリームチーズの相性が抜群のおすすめのレシピです。バターを使用していて焦げやすいので、火加減に気を付けながらパンを焼いてください。

関連する記事

×