刺身こんにゃくの食べ方|合うたれは酢味噌以外ある?人気レシピ9選も紹介!

刺身こんにゃくの美味しい食べ方を知っていますか?今回は、刺身こんにゃくを定番の酢味噌以外でのたれのおすすめや、〈サラダ・炒め物・和え物〉別に食べ方・レシピのおすすめを紹介します。刺身こんにゃくを食べる前の下処理についても紹介するので参考にしてみてくださいね。

目次

  1. 刺身こんにゃくとは?食べる前に下処理は必要?
  2. 刺身こんにゃくはそのままでも食べられるこんにゃく
  3. 刺身こんにゃくのタレを使う食べ方|酢味噌以外で合うのは?
  4. ①酢味噌【定番】
  5. ②ごま油
  6. ③ポン酢
  7. ④醤油
  8. 刺身こんにゃくを使ったサラダでの食べ方・レシピ3選
  9. ①刺身こんにゃくのカルパッチョサラダ
  10. ②刺身こんにゃくとごぼうのサラダ
  11. ③刺身こんにゃくの海鮮サラダ
  12. 刺身こんにゃくを使った炒め物での食べ方・レシピ3選
  13. ①刺身こんにゃくのピリ辛炒め
  14. ②刺身こんにゃくと茄子のオイスターソース炒め
  15. ③刺身こんにゃくと小松菜のにんにく炒め
  16. 刺身こんにゃくを使った和え物での食べ方・レシピ3選
  17. ①刺身こんにゃくのなめ茸和え
  18. ②刺身こんにゃくの塩麴和え
  19. ③刺身こんにゃくとほうれん草のエゴマ和え
  20. 刺身こんにゃくを美味しく食べよう

刺身こんにゃくとは?食べる前に下処理は必要?

刺身こんにゃくは居酒屋や、家庭料理であと一品欲しいときにも食べられることが多いでしょう。ここでは刺身こんにゃくには下処理が必要なのかを紹介します。

刺身こんにゃくはそのままでも食べられるこんにゃく

刺身こんにゃくはこんにゃくとは違い茹でる、炒めるなどの調理をしなくても、軽く水で洗うだけでそのまま食べられます。下処理が不要となる理由は、刺身こんにゃくの原料がアクの少ない精粉(せいこ)であるためです。一方、こんにゃくはこんにゃくイモから作られていて、特有の臭みやアクが強いので下処理が必要です。

刺身こんにゃくのタレを使う食べ方|酢味噌以外で合うのは?

刺身こんにゃくといえば酢味噌で食べるイメージが強いでしょう。しかし酢味噌以外でも刺身こんにゃくのおおすすめのタレがあるので、紹介します。

①酢味噌【定番】

刺身こんにゃくは酢味噌で食べるのが定番と言えますが、さっぱりとした刺身こんにゃくと、酢味噌の酸味と甘味のバランスは絶妙です。味噌と砂糖、酢を合わせるだけで作ることができるので自家製の酢味噌を作るのもおすすめです。

②ごま油

ごま油に塩とにんにくを合わせたたれは、刺身こんにゃくと相性抜群でレバ刺しを食べる感覚で食べている人が多いようです。また、ごま油と醤油、コチュジャンなどを合わせたたれで韓国風の刺身こんにゃくも楽しめます。

③ポン酢

さっぱりとしたポン酢に、豆板醤や七味唐辛子で辛みを足したたれもおすすめです。酢味噌やごま油よりもさっぱりと食べられるので、暑い夏やさらっと食べたいときにはぴったりでしょう。

④醤油

醤油に生姜を加えたり、ワサビを入れてワサビ醤油にして刺身こんにゃくのたれにするとお酒のおつまみにもぴったりです。まさに刺身料理を食べる感覚で、刺身こんにゃくを楽しむことが出来るでしょう。

関連する記事

×