じゃがいも品種「さやあかね」の特徴は??味わいや食べ方・レシピのおすすめも紹介!

じゃがいもの品種「さやあかね」を知っていますか?ピンク色の皮が特徴の品種です。今回は、「さやあかね」の〈味わい・食感・見た目〉など特徴や、旬・収穫時期や産地なども紹介します。「さやあかね」の美味しい食べ方やレシピのおすすめも紹介するので参考にしてみてくださいね。

目次

  1. さやあかねの特徴は?どんな品種?
  2. さやあかねは淡いピンク色の皮が特徴
  3. さやあかねの味わい・食感
  4. さやあかねの値段・価格
  5. さやあかねの旬・収穫時期や産地は?
  6. さやあかねの産地は北海道
  7. さやあかねの旬・収穫時期は5月〜6月ごろ
  8. さやあかねの美味しい食べ方は?
  9. さやあかねは熟成させて甘くするのがおすすめ
  10. さやあかねに合う調理法・料理
  11. さやあかねの人気レシピのおすすめ
  12. ①ポテトサラダ
  13. ②ポトフ
  14. ③フライドポテト
  15. さやあかねを通販でお取り寄せして食べてみよう

さやあかねの特徴は?どんな品種?

出典:https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/614qS1Le%2BBL._AC_SL1000_.jpg

スーパーに行くと、一般的なじゃがいもとは少し違った見た目のさやあかねと呼ばれるじゃがいもを見かけることがありますが、どのような特徴をもつじゃがいもなのでしょうか。さやあかねの見た目の特徴や味および食感のほか、値段の相場について解説します。

さやあかねは淡いピンク色の皮が特徴

出典:https://potato-museum.jrt.gr.jp/sayaakane.html

一般的なじゃがいもの皮は薄い黄色い色をしていますが、さやあかねは果皮が桜のような淡いピンク色をしています。さやあかねは男爵いもに似た丸みを帯びた形をしており、芽が出る部分が浅いため皮を容易に剥くことができます。

さやあかねは、北海道の農場において病気にかかりにくい品種のI-853と花標津(はなしべつ)の交配によって誕生したじゃがいもです。さやあかねはこの2つの品種の特性を継承しているため病気に対する抵抗力が強く、外見も美しいのが特徴です。

(*赤いじゃがいもの種類について詳しく知りたい方はこちらを読んでみてください。)

赤いじゃがいもの品種とは?味・見た目の特徴は?食べ方・レシピのおすすめを紹介!

さやあかねの味わい・食感

じゃがいもはでんぷんの含有量によって粉質と粘質の2つに大別され、さやあかねはでんぷんの量が多くほくほくとした口当たりをもつ粉質のじゃがいもに分類されます。さやあかねは一般的なじゃがいもよりも甘みが強いのが特徴で、熟成させるとより甘みが増して美味しくなると言われています。

さやあかねの値段・価格

スーパーで売られているさやあかねは比較的手ごろな値段で購入でき、生産地のスーパーにおいては一袋10個の容量のものが10円の値段で売られていることもあります。スーパーでの一般的なじゃがいもの値段は一袋200円から250円ほどが相場なので、スーパーでは普通のじゃがいもよりさやあかねのほうが安く買えることが多いようです。

さやあかねは通販でも取り扱われており、通販でのさやあかねの値段相場は1kgあたり500円ほどです。通販で売られている一般的なじゃがいもは1kgあたり300円から500円ほどの値段のため、通販ではさやあかねと普通のじゃがいもの値段は同じくらいだと言えるでしょう。

(*じゃがいもの種類について詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

じゃがいもの種類・品種15こ!旬・収穫の時期や料理に合った選び方も紹介!

さやあかねの旬・収穫時期や産地は?

出典:https://taberutokurasuto.com/shop/hoshigamine/item/180831145103507/

さやあかねはいつごろに収穫時期や旬の季節を迎えるのでしょうか。さやあかねの旬や収穫時期のほか、主な産地について紹介します。

さやあかねの産地は北海道

さやあかねの主要産地は、さやあかねの発祥の地である北海道です。北海道はさやあかねなどのじゃがいもの栽培が盛んなじゃがいもの名産地で、北海道におけるじゃがいもの生産量は、国内の全生産量のおよそ8割にも上ります。さやあかねは、北海道のほかに山梨県などでも栽培されています。

さやあかねの旬・収穫時期は5月〜6月ごろ

関連する記事

×