ビーフシチューの具材ランキング18選!定番〜変わり種まで具沢山レシピとともに紹介!

ビーフシチューの具材は何が合うか知っていますか?今回は、ビーフシチューの具材のおすすめランキング18選を<定番・変わり種>別に紹介します。そのほかにも、ビーフシチューの具沢山な人気レシピも紹介するので参考にしてみてくださいね。

目次

  1. ビーフシチューが美味しく作れる具材は?何がおすすめ?
  2. ビーフシチューの定番具材ランキングTOP13
  3. 13位:エリンギ
  4. 12位:しいたけ
  5. 11位:グリーンピース
  6. 10位:トマト
  7. 9位:とうもろこし
  8. 8位:カリフラワー
  9. 7位:ほうれん草
  10. 6位:しめじ
  11. 5位:マッシュルーム
  12. 4位:ブロッコリー
  13. 3位:玉ねぎ
  14. 2位:にんじん
  15. 1位:じゃがいも
  16. ビーフシチューの意外な具材ランキングTOP5【変わり種】
  17. 5位:レンコン
  18. 4位:ペコロス
  19. 3位:さつまいも
  20. 2位:チーズ
  21. 1位:エシャロット
  22. ビーフシチューの具材に関するポイントは?
  23. ビーフシチューの具材の切り方
  24. ビーフシチューの具材を入れる順番
  25. ビーフシチューの具沢山な人気レシピ
  26. ①具沢山ビーフシチュー
  27. ②牛すね肉のビーフシチュー
  28. ③肉巻きビーフシチュー
  29. 具沢山で美味しいビーフシチューを作ろう!

ビーフシチューにはソースにトマト缶などを使用することがありますが、生トマトを切って入れるのも良いでしょう。程よい酸味の後味が良く、調味料として使われる赤ワインとの相性も良いので大人の味わいを演出できます。

9位:とうもろこし

ビーフシチューを子供と一緒に食べるときには、甘みのあるとうもろこしを入れるのがおすすめです。缶詰が手軽でおすすめですが、生のとうもろこしがあるならぜひ使ってみてください。グリーンピースと同様、彩りとして加えるときは、少量を添えるように加えるとよいでしょう。

8位:カリフラワー

ビーフシチューの具材の中でも白い色が映えて華やかになるカリフラワーは、クリスマスごろに旬を迎える野菜で、年末にビーフシチューを作るならぜひ取り入れたい具材です。ホクホクとした食感が見た目のよく似たブロッコリーとは違うので、好みに応じて取り入れてみましょう。

また、品種によってもさまざまな形や色のものがあるので、そちらを使えば見た目でも楽しめますます。

7位:ほうれん草

煮込むことで柔らかく食べやすいほうれん草も、ビーフシチューによく合う具材です。濃いめの味付けのビーフシチューに入れればほうれん草が苦手な子供でも食べやすくなるうえ、栄養が豊富なのでビーフシチューとパンのようなシンプルな食事でも栄養が摂りやすくなります。

6位:しめじ

しめじはマッシュルームよりも購入しやすく価格も安いため、ビーフシチューに入れる人は多くいます。また、大きめに切って加えれば見た目のかわいらしさが加わるうえ食感も楽しめます。火が通りやすいので、加えるときは煮込みの最後の方で加えるようにしましょう。

5位:マッシュルーム

きのこの中でもビーフシチューに入れる具材の定番ともいえるマッシュルームは、缶詰や水煮の状態でも販売されていますが、できれば香りと食感の良い生のものを使うのがおすすめです。切ってビーフシチューに加えても構いませんが、丸ごと入れてもマッシュルームの旨みがじっくり楽しめます。

4位:ブロッコリー

前述のカリフラワーと同じく、見た目を華やかにしたい時にはブロッコリーがおすすめです。比較的購入しやすく調理もしやすいですが、そのままビーフシチューに入れると崩れるほか色が落ちて黒くなります。ブロッコリーを加えるときには別の鍋で塩ゆでした上で色止めし、最後に入れると彩りがきれいなままいただけます。

3位:玉ねぎ

関連する記事

×