ローストビーフの中心温度の基準は?食中毒を防ぐには?正しい測り方も紹介!

ローストビーフの中心温度の基準を知っていますか?今回は、ローストビーフの中心温度の基準を焼き加減別に比較し、食中毒にならない中心温度の目安なども紹介します。ローストビーフの中心温度の測り方や、温度計がない場合の代替策も紹介するので参考にしてみてくださいね。

目次

  1. ローストビーフの中心温度は?どの程度が理想?
  2. ローストビーフの中心温度の基準を焼き加減別に比較
  3. ローストビーフの食中毒にならない中心温度は?
  4. 実はローストビーフは生焼けでも食中毒の恐れは基本ない
  5. ただ法律では「63度」での瞬時加熱殺菌が必要
  6. ローストビーフの中心温度が異常に低い場合の原因は?
  7. ローストビーフの中心温度の測り方は?
  8. 温度計なしでローストビーフの中心温度がわからない場合は?
  9. ①竹串をさしてみる
  10. ②肉汁の色を確認する
  11. ③スライスした際の断面の色を確認する
  12. ローストビーフの中心温度を測るのにおすすめな温度計
  13. タニタデジタル温度計(1280円)
  14. ローストビーフの中心温度で焼き加減を見極めよう

ローストビーフの焼き加減はレア・ロゼ・ミディアムがあり、中心温度によって違った仕上がりになることがわかりました。ローストビーフは難しいイメージがあるかもしれませんが、温度管理さえできれば家庭でも簡単に作れる料理です。温度計のおすすめ商品も活用して、自分好みの美味しいローストビーフを楽しみましょう。

関連する記事

×