シフォンケーキの失敗しない作り方|主な原因と対策は?リメイクレシピも紹介!

シフォンケーキで失敗したことはありますか?今回は、シフォンケーキでありがちな〈底上げ・空洞・焼き詰まり・焼き縮み・腰折れ・膨らみすぎ〉など失敗例を、原因と失敗防止のコツとともに画像で紹介します。シフォンケーキの失敗しない作り方や、失敗時のリメイク・アレンジレシピも紹介するので参考にしてみてくださいね。

目次

  1. シフォンケーキでよくある失敗例は?
  2. シフォンケーキの失敗①底上げ・空洞&気泡が多い
  3. 失敗の原因
  4. 失敗しないポイント・対策
  5. シフォンケーキの失敗②焼き詰まり・目詰まり
  6. 失敗の原因
  7. 失敗しないポイント・対策
  8. シフォンケーキの失敗③しぼむ・焼き縮み
  9. 失敗の原因
  10. 失敗しないポイント・対策
  11. シフォンケーキの失敗④腰折れ・しわがある
  12. 失敗の原因
  13. 失敗しないポイント・対策
  14. シフォンケーキの失敗⑤膨らみすぎる
  15. 失敗の原因
  16. 失敗しないポイント・対策
  17. シフォンケーキの失敗⑥型から外せない・ボロボロになる
  18. 失敗する原因
  19. ボロボロにならない型外し方
  20. シフォンケーキで失敗しない作り方・レシピ!
  21. 材料
  22. 作り方・手順
  23. 失敗したシフォンケーキのリメイク・アレンジレシピ
  24. ①ラスク
  25. ②スコップケーキ
  26. ③チョコボールケーキ
  27. シフォンケーキを失敗しないように作ろう!

シフォンケーキでよくある失敗例は?

おもてなしやお祝い事などでシフォンケーキを作る際に、失敗してしまった経験のある方は多いでしょう。シフォンケーキ作りで失敗する理由は、生地が膨らまないことや空気が入ってしまうことなどが挙げられます。ここでは、シフォンケーキ作りでよくある失敗例を6つ紹介します。

シフォンケーキの失敗①底上げ・空洞&気泡が多い

出典:https://noahlife.exblog.jp/20624904/

底上げとは、型全体に生地が行きわたらず、きれいな形に整っていない底面に大きな空洞ができて底が上がった状態のことを指します。ここでは、シフォンケーキ作りの際によく起こる底上げや、生地に空洞や気泡が入る原因と対策を紹介します。

失敗の原因

卵黄と砂糖を混ぜた生地にバターを加えた後に全体を均一に混ぜて乳化させないと、油分によって生地が型の底に張り付かなくなり、底上げする原因に繋がります。また、高い位置から生地を型に流し込むと大きな気泡が入り、生地の内部に空洞や穴が発生しやすくなります。

失敗しないポイント・対策

底上げや空洞を防ぐためには、ツノが立つまでメレンゲを泡立てる、適切な温度で焼成するといった基本的な作業に問題がないかを見直すことが大切です。また、底上げや空洞は、生地を型に入れた後に型を軽く打ち付けて空気を抜いておくことで、ある程度防ぐことができます。

シフォンケーキの失敗②焼き詰まり・目詰まり

出典:https://note.com/noripono39/n/n73085e12024a

シフォンケーキ作りの失敗の焼き詰まり・目詰まりとは、シフォンケーキの生地が柔らかく仕上がらず、生地の目が詰まって固い仕上がりになることを指します。ここでは、シフォンケーキの焼き詰まり・目詰まりの原因と対策を紹介します。

失敗の原因

シフォンケーキが焼き詰まりする原因は、以下の通りです。

・水分量が多い
・生地量が多い
・オーブンの温度や焼き時間が適切でない


オーブンの温度が低いとシフォンケーキの生地が膨らむのに時間がかかるため、空気が含まれず生地が目詰まりした状態になって固くなります。また、オーブンを高い温度に設定して焼くと、生地の内部の気泡が高温によって過剰に膨らむのが特徴です。その結果、焼き上がった後の冷める過程で膨らみすぎた部分から空気が抜けてしぼみ、焼き詰まりの原因になります。

失敗しないポイント・対策

オーブンの予熱温度を設定する時に、焼き上げる際の温度よりも10度ほど高い温度に設定するようにしてください。これは、予熱したオーブンの扉を開ける際に温度が下がり、適切な温度で焼き上げることができなくなるためです。温度が低い状態で焼いた場合には、焼き時間を延長して調整するようにしましょう。

シフォンケーキの失敗③しぼむ・焼き縮み

出典:http://chiffoncake-1000bon.blog.jp/archives/2016-07.html?p=3

焼き上がったシフォンケーキが時間の経過と共にしぼんでしまい、焼き縮みすることがあります。シフォンケーキがしぼんだり焼き縮みをしたりする原因と、このような失敗を回避する方法を紹介します。

失敗の原因

シフォンケーキがしぼむのは、以下のような原因が考えられます。

・オーブンでの焼き時間が足りない
・冷ます時に逆さまにしなかった
・卵黄生地に油を加えた時の乳化が不足している
・メレンゲの泡立てが足りない


メレンゲは油に弱く、油と触れ合うとメレンゲの気泡を潰してしまうため、シフォンケーキの空気が抜けてしぼむ原因につながります。そのため、卵黄生地に油を入れてからよく混ぜ合わせて乳化させることが大切です。

また、焼いたシフォンケーキを逆さまにせずそのまま冷ますと、生地を支える力に耐えきれずしぼみや焼き縮みが起こりやすくなります。

失敗しないポイント・対策

シフォンケーキが焼き上がったら、すぐに逆さまにして冷ましてください。逆さまにすることで、生地が膨らんだまま固まりしぼみや焼き縮みを防ぐことができます。

また、オーブンで焼く工程でシフォンケーキを取り出す際には、タイミングに注意してください。オーブンの中で生地が最大に膨らんだ時に取り出すとしぼみやすいので、その後少ししぼんで割れ目に焼き色がついたタイミングでオーブンから取り出しましょう。

(*シフォンケーキの冷まし方について詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

シフォンケーキの冷まし方は?逆さまが鍵?冷ます時間・瓶がない時の対処法も紹介!

シフォンケーキの失敗④腰折れ・しわがある

出典:https://grit-odawara.com/archives/1916

シフォンケーキ作りの失敗の腰折れとは、焼き上がったシフォンケーキを型から外した時に生地の側面部分が折れる状態のことを指します。ここでは、シフォンケーキが腰折れしたりしわができたりする失敗の原因と対策を紹介します。

失敗の原因

シフォンケーキが腰折れする失敗の原因は、以下の通りです。

・メレンゲが緩い
・生地の混ぜ方が足りない
・オーブンの温度が低い
・水分が多い


メレンゲが緩くなる原因には泡立てが弱いだけでなく、卵白の水分量や水分量の多い砂糖を使用していることも挙げられます。また、シフォンケーキが腰折れしているほかに焼き色が極端に薄い場合は、オーブンの温度が低く、焼き時間が足りないことも考えられます。

失敗しないポイント・対策

メレンゲを作る際に、卵白の水分量を減らすためにコーンスターチーや乾燥卵白を使うと良いでしょう。また、メレンゲに使用する砂糖をグラニュー糖にすると、腰折れやしわを防ぐことができます。グラニュー糖は他の砂糖に比べて卵白との馴染みがよいため、グラニュー糖でメレンゲを作るとツノが立ちやすくなります。

シフォンケーキの失敗⑤膨らみすぎる

出典:https://m-aloha-p.at.webry.info/upload/detail/023/468/07/N000/000/002/136387555113213230364_DSC_0020_convert_20130321143314.jpg.html

シフォンケーキは焼き上がった時のふっくらとした膨らみが大事なポイントですが、膨らみすぎて型から生地が溢れ出てしまう失敗もあります。ここでは、シフォンケーキが膨らみすぎる失敗の原因と対策を紹介します。

失敗の原因

シフォンケーキが膨らみすぎる原因は、以下の通りです。

・型に対して生地の量が多い
・水分量が多い
・生地にメレンゲが馴染んでいない


シフォンケーキの生地の水分量が多すぎると膨らみすぎるだけでなく、底上げの原因にも繋がるので注意が必要です。また、メレンゲが生地に馴染んでいないと過剰に膨張してしまい、シフォンケーキが膨らみすぎる原因に繋がります。型に対して生地の量が多い場合も、焼いた際にシフォンケーキの生地が型から溢れ出て失敗することがあります。

失敗しないポイント・対策

シフォンケーキが膨らみすぎる失敗を避けるためには、シフォンケーキの型に対して8割程度の量の生地を流し入れるように心がけると良いでしょう。また水や牛乳などの生地に使う水分はあらかじめ分量を測っておき、レシピ通りの適切な量を加えることも大切です。

シフォンケーキの失敗⑥型から外せない・ボロボロになる

出典:https://day-trip-co.com/archives/1798

綺麗にシフォンケーキが焼き上がっても、型から外す際に失敗すると生地がボロボロに崩れてしまうことがあります。シフォンケーキの型外しの失敗の原因と、美しい円形を保ったまま型から外すためにどうすれば良いのかを紹介します。

失敗する原因

シフォンケーキの型外しが失敗する原因は、以下の通りです。

・型から外す際にシフォンケーキが冷めていない
・パレットナイフがシフォンケーキを傷つけている


焼き上がった状態のシフォンケーキの生地は、水分を含んでいて生地の形状が安定していません。そのような状態でシフォンケーキを型から外そうとすると、膨らんだシフォンケーキが縮むことがあります。また、シフォンケーキを型から外す際にパレットナイフを持つ手に力が入っていると、シフォンケーキを傷つける原因に繋がります。

ボロボロにならない型外し方

シフォンケーキがボロボロにならない型外しの方法は、以下の通りです。

①逆さにして冷ます
②生地と型の間にパレットナイフを差し込み、ナイフを上下に動かしながら、型の内側に沿って回す
③シフォンケーキ型の中央の筒の周りに竹串やシフォンナイフを差し込み、型に沿って回す
④シフォンケーキ型を持ち、片方の手で中央の底を押し上げ、外枠を外す
⑤底と平行になるようにナイフを差し込みナイフを一周させ、裏返して型を引き抜く


シフォンケーキが完全に冷めるまでの時間は気温にもよりますが、5時間程度常温で冷ますと良いでしょう。シフォンケーキが型の縁からはみ出している場合は、生地の縁を指で内側に少し押すと、ナイフが入りやすくなります。

シフォンケーキの型外しに特化したシフォンナイフを使うと、生地がぼろぼろになるのを防いで普通のナイフを使うよりも綺麗に型から外すことができます。

シフォンケーキで失敗しない作り方・レシピ!

シフォンケーキを失敗せずに作れるレシピが知りたいという人も多いでしょう。ここでは、失敗しにくいシフォンケーキの作り方や材料を紹介するので、参考にしてみてください。

材料

・薄力粉 75g
・砂糖 70g
・卵 3個
・サラダ油 30ml
・水 40ml
・バニラエッセンス 1~2滴

作り方・手順

失敗せずにシフォンケーキを作るには、以下のようなポイントを守ることが重要です。

・ツノが立つまでしっかりとメレンゲを泡立てる
・卵黄生地に油を加えた後にしっかり混ぜて乳化させる
・生地をやや高い位置から一気に型に流し入れる
・生地を入れた型を数回打ち付けて空気を抜く
・オーブンを十分に予熱し、レシピ通りの時間を守って焼く
・焼けたらすぐに型ごと逆さまにして冷ます
・十分に生地を冷ました後に、パレットナイフやシフォンナイフを使って丁寧に型から外す


失敗しにくいシフォンケーキの作り方と手順は、以下の通りです。

・メレンゲ作り
①卵白を泡立てる
②砂糖を入れる
③ツノが立つまで混ぜる


・生地作り
①卵黄に砂糖を入れて泡立て器で混ぜる
②①にサラダ油と水を混ぜる
③薄力粉を振るいながら入れ、よく混ぜた後、バニラエッセンスを加える
④卵黄の生地にメレンゲを少量入れて混ぜ、その後3回くらいに分けて混ぜ合わせる
⑤型に生地を流し入れ、180℃に予熱したオーブンで35分焼く
⑥焼き上がったら、型ごと逆さまにして冷ます
⑦生地が完全に冷めてから型から外して完成


メレンゲは底上げや空洞、膨らみなどに関わる大切なポイントです。空気を含ませてツノが立つまで泡立てるようにしましょう。生地と混ぜ合わせる際も、空気を含ませながら切るように馴染ませてください。また、サラダ油を加える工程では生地の腰折れや底上げに影響するので、よく混ぜ合わせて乳化させるようにすることが大切です。

失敗したシフォンケーキのリメイク・アレンジレシピ

シフォンケーキ作りに失敗してしまった時、そのまま食べるのもいいですが、味や見た目に一手間加えてリメイクやアレンジを楽しんでみるのも良いでしょう。ここでは、失敗したシフォンケーキを美味しく食べられるレシピを3品紹介します。

①ラスク

出典:https://cookpad.com/recipe/6184295

型崩れして失敗したシフォンケーキは、ラスクにアレンジして食べると良いでしょう。シフォンケーキのラスクはパンで作るラスクと違って口溶けがよく、外側の硬い食感との違いが楽しめます。

シフォンケーキde溶けちゃうラスク♡ by 本業看護師のタエパン 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが355万品

②スコップケーキ

出典:https://cookpad.com/recipe/6383653

スコップケーキはスコップですくいながら食べるケーキのことで、深めの容器にスポンジや生クリーム、フルーツを敷き詰めて作ります。焦げや潰れ、空洞の発生などで失敗したシフォンケーキをスコップケーキのスポンジとしてリメイクすることで、見栄えの良いケーキが完成します。

失敗したケーキのリメイク☆スコップケーキ by む〜らん♪ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが355万品

③チョコボールケーキ

出典:https://cookpad.com/recipe/2008014

空洞ができたり、生地がボロボロに崩れてしまったシフォンケーキは、一口サイズのチョコボールケーキにアレンジするのがおすすめです。生地を細かく砕いて作るため、シフォンケーキの大きな失敗もカバーできます。ラム酒の代わりに紅茶などを使って作るのもよいでしょう。

ひとくちチョコボールケーキ*失敗生地救済 by あみこぺ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが355万品

シフォンケーキを失敗しないように作ろう!

今回はシフォンケーキの失敗しない作り方やポイント、失敗した時のアレンジレシピを紹介しました。シフォンケーキは焼時間や温度、水分量などのポイントを抑えることで底上げや空洞などの失敗を防ぎ、家でも簡単に美味しいシフォンケーキを作ることができます。失敗しないようにシフォンケーキを正しい方法で作り、美味しくいただきましょう。

関連する記事