缶コーヒーの温め方は?電子レンジは要注意?大量に温める方法も紹介!

缶コーヒーの温め方を知っていますか?冷めても美味しく飲みたいですよね。今回は缶コーヒーの〈電子レンジ・ケトル・マグカップ・鍋〉を使った湯煎などでの自宅での温め方や、現場で大量に温める方法を紹介します。缶コーヒーを温める際の注意点や、出先でも便利な温めグッズも紹介するので参考にしてみてくださいね。

目次

  1. 冷たい缶コーヒーを温めたい...
  2. 缶コーヒーの自宅での温め方は?
  3. ①鍋で湯煎する
  4. ②電気ケトル・ポットとマグカップで湯煎する
  5. ③「Hotす〜る」を使って電子レンジで温める
  6. ちなみにボトル型の缶コーヒーの温め方はどうする?
  7. 缶コーヒーの現場での温め方は?大量な時はどうする?
  8. 缶コーヒーをスチロールクーラーで湯煎・保温しておくのがおすすめ
  9. 缶コーヒーを温める際の注意点・NG行為は?
  10. ①そのまま電子レンジでチンする
  11. ②コンロ・IHで直接温めない
  12. ③ストーブの上に置かない
  13. ④湯煎時に鍋を火にかけたままにしない
  14. ⑤他の容器に移し替えた時は電子レンジで温めすぎない
  15. 缶コーヒーを温められるグッズは?出先で便利?
  16. ①スマートコーヒーウォーマー(5081円)
  17. ②HANSHUMY ドリンクホルダー(5599円
  18. 缶コーヒーの温め方を知っておこう!

冷たい缶コーヒーを温めたい...

涼しい季節になると、冷めた缶コーヒーよりも温かい缶コーヒーを飲みたくなります。自販機で買ったばかりの缶コーヒーを、少し置いていたら冷めてしまうことも少なくありません。冷めたコーヒーを、もう一度温かい状態で美味しく飲めるようにするにはどうしたら良いのでしょうか。

缶コーヒーの自宅での温め方は?

家庭で缶コーヒーを温める際、マグカップに中身を移し替える以外ではどのような方法があるのでしょうか。今回は、缶コーヒーをそのまま温める方法を紹介します。

①鍋で湯煎する

家庭で簡単にできる鍋を使用して湯煎をする方法を紹介します。

1、水を張った鍋を火にかけ、沸騰したら火を止める
2、温度が80〜90度程度になったことを確認し、5~10分程度湯煎をする


火傷の危険を防ぐため、取り出す時は必ず素手ではなくトングなどを使用します。缶コーヒーを落とさないように取り出しましょう。温めすぎると開けた際に噴出することもあるので、温度に注意しながら保温してください。

②電気ケトル・ポットとマグカップで湯煎する

電気ケトルやポットとマグカップを使う缶コーヒーの温め方です。

1、マグカップの中に缶コーヒーをそのまま入れる
2、沸騰する直前のお湯を注ぐ
3、30秒ほどおき、お湯を2、3回入れ替える

丁度よい大きさのマグカップがない場合は、耐熱性プラスチック容器やバットでも代用が可能です。 冷たい缶コーヒーに熱を取られてお湯がぬるくなると適温にならないため、様子を見ながらお湯を数回入れ替えてください。缶コーヒーの上部がマグカップから出る形で入れておくと取り出しやすいですが、火傷には充分注意しましょう。

③「Hotす〜る」を使って電子レンジで温める

出典:https://maibutsu1435.hatenablog.com/entry/2018/11/07/220505

西山コーポレーション株式会社が販売する「Hotす〜る」を使用すると電子レンジで温めることができます。

1、Hotす〜るに水を入れ、缶コーヒーをセットする
2、蓋をして電子レンジで加熱する


缶コーヒーの内容量によって加熱時間が異なり、250mlで2分、150mlの場合は1分温めてください。詳しくは後述しますが、缶のまま電子レンジで温めると爆発の危険があります。しかし、Hotす~るを使えば湯煎した時と同じような状況を作り出して熱を均一に伝えることができ、電子レンジでも簡単に保温することができます。

西山コーポレーション株式会HP

ちなみにボトル型の缶コーヒーの温め方はどうする?

ボトル型の缶コーヒーの場合は、マグカップに入らないため、プラスチック製の容器やステンレスボールを使用すると良いでしょう。お湯が浸かる位置が缶の半分程度でも2、3度お湯を入れ替えると温められます。

缶コーヒーの現場での温め方は?大量な時はどうする?

温かい缶コーヒーはひと仕事終えたときや、ひと休みするときに疲れを癒やしてくれます。外の現場で大量の缶コーヒー際は、どのように温めるのがよいのでしょうか。

缶コーヒーをスチロールクーラーで湯煎・保温しておくのがおすすめ

関連する記事

×