ローストビーフの湯煎で失敗した…原因は?再加熱の仕方や作り方も紹介!

ローストビーフの湯煎に失敗したことはありませんか?何が原因でどうすればよかったのでしょうか?今回は、〈温度・時間〉などローストビーフの湯煎に失敗した原因と対策にくわえ、ローストビーフの湯煎に失敗した時の再加熱方法を紹介します。ローストビーフの湯煎で失敗しない炊飯器での作り方も紹介するので参考にしてみてくださいね。

目次

  1. ローストビーフの湯煎に失敗した…どうすれいい?
  2. ローストビーフの湯煎に失敗した時の原因と対策は?
  3. ①牛肉を常温に戻していない
  4. ②湯煎時の加熱時間・温度が不足している
  5. ③袋の中を真空に保っていない
  6. ④湯煎後の余熱・放置時間が足りない
  7. ローストビーフの湯煎に失敗した時の再加熱方法は?
  8. ①再湯煎する
  9. ②フライパンで加熱する
  10. ローストビーフの湯煎で失敗しない炊飯器での作り方
  11. 材料
  12. 作り方・手順
  13. ローストビーフを湯煎してみよう

ローストビーフの湯煎に失敗した…どうすれいい?

ローストビーフを作ろうとレシピを調べると、多くの調理法が出てきます。柔らかで肉汁溢れるローストビーフを作りたい時におすすめなのが、湯煎で作る方法です。しかしローストビーフを切った時、生焼けだった経験がある人も多くいます。今回はローストビーフが生焼けになる原因と、失敗しづらい調理法を紹介します。

ローストビーフの湯煎に失敗した時の原因と対策は?

ローストビーフを湯煎調理した後生焼けだった場合、何が原因だったのでしょうか。ローストビーフの湯煎に失敗した原因4つと、その対処法を紹介します。

①牛肉を常温に戻していない

冷蔵庫から出したばかりの肉の温度は約4度、常温に戻した肉の温度は平均20度です。肉を湯煎で加熱しても、肉の温度が低すぎると中心部まで加熱されにくく、中央が生焼けの状態になる事があります。

②湯煎時の加熱時間・温度が不足している

湯煎時の加熱時間や温度が不足していると、肉が十分に加熱されず生焼けの原因になります。湯煎時の加熱時間や温度は、60度前後を保って90分が目安です。60度前後を保ことで肉のタンパク質が凝固せずに、柔らかい仕上がりにすることができます。

ただ、肉のサイズ・量により加熱時間・温度の目安も前後するので、肉のサイズ・量がレシピの肉と大きく違わないかも確認しましょう。

(*ローストビーフの中心温度について詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

ローストビーフの中心温度の基準は?食中毒を防ぐには?正しい測り方も紹介!

③袋の中を真空に保っていない

湯煎にする時に袋を真空状態にしていないと湯の熱が肉に伝わりづらくなり、中心部が生焼けの状態のままになる事があります。また湯煎時に浮いてしまうなど均一に加熱されない原因になるので、きちんと袋の中が真空状態になるようにしてください。

④湯煎後の余熱・放置時間が足りない

湯煎後に肉の表面を焼き上げた後、肉を休ませるのは余熱で肉に火を入れている状態なので、放置時間をしっかりと守る必要があります。まだ余熱時間が足りないうちに肉を切ってしまうと中の肉汁が出てしまうので、十分に余熱時間を取るようにしてください。

余熱する際は、アルミホイルでしっかり巻くようにしましょう。アルミホイルは保温性が高いので、熱を逃がさず余熱でしっかり中まで火を通してくれます。

アルミホイルがない場合は、最初から炊飯器で作れば、炊飯器の保温機能を使って余熱で火を通すこともできるので、後に紹介する「炊飯器での失敗しないローストビーフの作り方」を参考にしてください。

(*ローストビーフを失敗する原因と対処方法について詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

ローストビーフの失敗する原因と対処法|固い・生にならない作り方やリメイク術を紹介!

ローストビーフの湯煎に失敗した時の再加熱方法は?

関連する記事