魚へんに冬「鮗」と書いて何と読む?意味・由来や他に魚へんがつく漢字は?

魚へんに冬という漢字を書いて何と読むか知っていますか?読み方は「コノシロ」で出世魚です。今回は、魚へんに冬で「コノシロ」と読む由来をコノシロの特徴とともに紹介します。魚へんに春・夏・秋と書く漢字の魚はいるのか含め、魚へんがつく漢字の魚をコノシロ以外にも紹介するので参考にしてみてくださいね。

目次

  1. 魚へんに冬という漢字を書いて何と読む?読み方や由来とは?
  2. 魚へんに冬と書いて「コノシロ」と読む「鮗」の由来
  3. 魚へんに冬と書く魚「コノシロ」はどんな魚?
  4. コノシロは成長とともに名前を変える出世魚
  5. 鮗以外に魚へんがつく漢字の魚は?春・夏・秋がつく魚はいるの?
  6. ①魚へんに春(鰆:さわら)
  7. ②魚へんに夏(魚夏:わかし)
  8. ③魚へんに秋(鰍:かじか)
  9. ④魚へんに祭(鰶:このしろ)
  10. ⑤魚へんに雪(鱈:たら)
  11. ⑥魚へんに鰕(鰕:えび)
  12. 魚へんがつく漢字の魚はさまざま

魚へんに冬という漢字を書いて何と読む?読み方や由来とは?

魚へんに「冬」という漢字を書く魚の読み方を知っている人は多くいません。「冬」という漢字を使うことから、季節に関係のある魚なのでしょうか。ここからは、魚へんに「冬」と書く魚の読み方と由来や、他に魚へんがつく漢字の魚について紹介します。

魚へんに冬と書いて「コノシロ」と読む「鮗」の由来

魚へんに「冬」と書いて、コノシロ(鮗)と読むことができます。コノシロの由来は戦国時代に大漁であったため、飯代わりに食べる魚の意味より、コノシロ(飯代魚)と呼ぶようになったという説が一般的です。なお、「冬」の漢字を使う由来は、通年食べられるコノシロの旬が冬であるからと伝えられています。

(*魚へんの漢字について詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

魚へんの漢字の一覧表!名前の由来・読み方・覚え方とともに紹介!

魚へんに冬と書く魚「コノシロ」はどんな魚?

コノシロは食べる機会が少ないため、コノシロがどんな魚か知っている人は多くいません。魚へんに「冬」と書くコノシロは、どんな特徴を持つ魚なのでしょうか。ここでは、具体的にコノシロがどんな魚なのかについて紹介します。

コノシロは成長とともに名前を変える出世魚

呼び方
~8cm シンコ
8~10cm コハダ
10〜15cm ナカズミ
15cm~ コノシロ

コノシロは成長により名前が変わる出世魚で、上記の表は全長の大きさによる呼び方の違いをまとめたものです。夏から秋が旬のシンコやコハダを酢締めにした寿司は高い人気を誇ります。一方のコノシロは塩焼きや唐揚げに調理しますが、多く流通することはありません。コノシロは成長すると味が落ち、小骨が多く傷みやすいという特徴があるからです。

鮗以外に魚へんがつく漢字の魚は?春・夏・秋がつく魚はいるの?

魚へんがつく漢字の魚は読み方が難しいですが、どんな由来なのか知っていると魚に対する知見が深まります。ここでは魚へんがつく魚の読み方や由来と、コノシロ以外に魚へんに春・夏・秋がつく魚はいるのか紹介します。

①魚へんに春(鰆:さわら)

魚へんに「春」でさわら(鰆)と読み、さわらの細長い体型を表す「さ(狭)」「はら(腹)」が語源になっています。また、さわらは産卵期の春に瀬戸内海で穫れるため、春を告げる魚として魚へんに「春」を組み合わせたことが、漢字の由来になりました。

②魚へんに夏(魚夏:わかし)

魚へんに「夏」をつくりにした漢字は無いですが、「魚」と「夏」を組み合わせてわかしと読みます。わかしは成長で呼び名が変わる出世魚のブリのことで、全長35cm以下のものです。なお、中国以外の国で魚夏と書くと、フグもしくはアワビと読むことがあります。

③魚へんに秋(鰍:かじか)

魚に秋と聞くとさんまを連想しますが、魚へんに「秋」の漢字を組み合わせてかじか(鰍)と読みます。河鹿蛙と呼ぶカエルとかじかは見た目が近く、語源辞書に混同してカハシカ(河鹿)の略称で掲載されたことが語源です。漢字についても、かじかがよく穫れる秋に河鹿蛙が鳴くと、かじかも鳴いていると誤認するところが由来になっています。

④魚へんに祭(鰶:このしろ)

コノシロは魚へんに「冬」をつくりにする他に、「祭」の漢字を入れても同じように読めます。「祭」を漢字にした由来は、秋祭りに振る舞われる寿司にコノシロが多く使われていたためと伝えられています。

⑤魚へんに雪(鱈:たら)

魚へんに「雪」と書いて、鱈(たら)と読むことができます。漢字の由来は、雪のように身が白い特徴から名付けられたという説が一般的です。なお、お腹いっぱい食べることを指す「たらふく」は、食欲旺盛なたらが語源になったとされています。

⑥魚へんに鰕(鰕:えび)

魚へんに「叚」をつくりに加えて、鰕(えび)と読みます。本来えびはぶどう又はその色を示す和語で、ぶどうに似た色のえびのことを同じように呼ぶようになりました。また、「叚」は体を曲げるという意味を持ち、体を曲げているエビに漢字が当てられています。

(*エビの漢字について詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

エビの漢字「海老」「蝦」の由来は?魚へんと虫へんの違いがある理由も紹介!

魚へんがつく漢字の魚はさまざま

魚へんに「冬」と書くコノシロ(鮗)は、成長によって呼び名が変わる出世魚です。コノシロ以外に魚へんに季節を表す魚なども多くいて、漢字の由来や読み方を知ると見聞を広められます。魚へんがつく漢字の魚は他にもたくさんいるので、身近な魚から色々探してみましょう。

関連する記事