魚へんに念「鯰」と書いて何と読む?意味・由来や他に魚へんがつく漢字は?

魚へんに念という漢字を書いてなんと読むか知っていますか?苗字にも使われています。読み方は「ナマズ」です。今回は、魚へんに念で「ナマズ」と読む語源をナマズの特徴とともに紹介します。魚へんに神と書く「鰰」など、魚へんがつく漢字の魚をナマズ以外にも紹介するので参考にしてみてくださいね。

目次

  1. 魚へんに念という漢字を書いてなんと読む?読み方や語源とは?
  2. 魚へんに念と書いて「ナマズ」と読む「鯰」の語源
  3. 魚へんに念と書く魚「ナマズ」はどんな魚?
  4. ナマズは肉食の淡水魚
  5. 鯰以外に魚へんがつく漢字の魚は何がいる?魚へんの漢字一覧表も紹介
  6. ①魚へんに神(鰰:ハタハタ)
  7. ②魚へんに東(鰊:ニシン)
  8. ③魚へんに有(鮪:マグロ)
  9. ④魚へんに葉(鰈:カレイ)
  10. ⑤魚へんに冬(鮗:コノシロ)
  11. ⑥魚へんに花(𩸽:ホッケ)
  12. 魚へんがつく漢字の魚はさまざま

魚へんに念という漢字を書いてなんと読む?読み方や語源とは?

魚へんの漢字は数多く存在していますが、魚へんに念と書いて何と読むかわかる人は少ないのではないでしょうか。今回は、魚へんに「念」と書く魚の読み方や語源について紹介します。

魚へんに念と書いて「ナマズ」と読む「鯰」の語源

魚へんに「念」と書いてナマズと読みますが、ナマズの体表にはウロコがないので、表面がねばねばしています。「念」という漢字には「粘る」という意味を持つことから、魚へんに「念」でナマズと呼ぶようになったといわれます。

またアユ(鮎)と名前が重なったからという説もあります。中国ではナマズのことを「鮎」と書きます。しかし日本では「鮎」はアユのことを指していたので、「鮎」という漢字を「ナマズ」に当てはめることができず、「鯰」という漢字にしたという説です。

また日本には、鯰という苗字があります。全国に50人ほどいると言われ、現岡山県北東部である美作国英田郡鯰邑発祥という説もあります。現在でも鯰というのは岡山県に多くみられる苗字です。

魚へんに念と書く魚「ナマズ」はどんな魚?

ナマズは肉食の淡水魚

ナマズは肉食の淡水魚で4つの種類があります。4種類のそれぞれの特徴について説明します。

・マナマズ
・ビワコオオナマズ
・イワトコナマズ
・タニガワナマズ


マナマズは、現在では沖縄など離島以外の日本各地の河川中流から下流域や湖沼に生息しています。マナマズは生息域が広いことが特徴です。マナマズは夜行性なので、普段人の目に触れることはありませんが、住宅地に流れる川に生息していることも多いです。

ビワコオオナマズは、体長約120センチと巨大な魚です。全世界で琵琶湖、滋賀県の瀬田川、京都の宇治川、大阪の淀川だけに生息する固有種です。またビワコオオナマズは、アカメ、イトウと合わせて最も釣るのが難しい日本三大怪魚といわれています。

イワトコナマズは、漢字では「岩床鯰」と書きます。岩礁帯を特に好む生息域は琵琶湖、淀川水系の固有種です。岩のないところではほとんど見ることはありません。

タニガワナマズは、2018年に新種であることが発表され、渓流よりも流れが緩やかなところに生息しています。三重県、愛知県、岐阜県に多く生息しています。また極少数ではありますが、静岡県、長野県、新潟県でも捕獲が確認されています。

鯰以外に魚へんがつく漢字の魚は何がいる?魚へんの漢字一覧表も紹介

魚へんがつく漢字の魚は読み方が難しく、漢字のつくりの部分では簡単に予想できないものもあります。ここでは読み方が予想しにくいものも含め、珍しい魚へんの漢字の読み方を紹介します。

①魚へんに神(鰰:ハタハタ)

鰰の漢字の由来は、雷神を意味する「霹靂神(はたたがみ)」です。雷が鳴り響くことを「はたたく」といい、雷の鳴る音を「はたはた」の擬音語で表現していたことからこのような名前がつけられました。

(*魚へんに神「鰰」と書いて何と読むかについて詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

魚へんに神「鰰」と書いて何と読む?意味・由来や他に魚へんがつく漢字は?

②魚へんに東(鰊:ニシン)

柬という漢字には、「若い」という意味があり、ニシンは比較的、体長の小さい魚であるため「鰊」の漢字があてられたという説があります。また「鯡」は、同じくニシンと読みますが、これもニシンが小さい魚であることを「魚に非ず」といったことから「鯡」の漢字があてられたとされています。

(*魚へんに東「鰊」と書いて何と読むかについて詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

魚へんに東「鰊」と書いて何と読む?意味・由来や他に魚へんがつく漢字は?

③魚へんに有(鮪:マグロ)

「有」は、旧字体で「又」と「月」から構成されています。「又」には右手を意味し、「月」は肉を意味しています。マグロが海の中を広く右手で物を囲うように泳ぐ姿や、たくさんの身(肉)があることからこの漢字があてられたといわれているのです。またマグロの魚体が大きいことを「ここに魚有り」といったことから、「鮪」の漢字があてられたとされています。

(*魚へんに有「鮪」と書いて何と読むかについて詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

魚へんに有「鮪」と書いて何と読む?意味・由来や他に魚へんがつく漢字は?

④魚へんに葉(鰈:カレイ)

カレイは葉のように平べったい見た目をしています。「枼」は「葉」の旧字体なので、「鰈」という漢字があてられたといわれています。またカレイは、枯れた葉っぱのような黒褐色をしているので、「葉」という字をあてたという説もあります。

(*魚へんに葉「鰈」と書いて何と読むかについて詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

魚へんに葉「鰈」と書いて何と読む?意味・由来や他に魚へんがつく漢字は?

⑤魚へんに冬(鮗:コノシロ)

コノシロの旬は11月~2月の冬頃であることが、漢字の由来になっています。また冬に漁獲量が増えることも由来のひとつとされています。しかしこれは成魚に限った話で、コハダやシンコは夏頃が旬です。

(*魚へんに冬「鮗」と書いて何と読むかについて詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

魚へんに冬「鮗」と書いて何と読む?意味・由来や他に魚へんがつく漢字は?

⑥魚へんに花(𩸽:ホッケ)

ホッケの漢字の由来は幼魚の群れが花のように見えることが語源の由来とされています。また産卵期のオスがコバルト色に変わり、その様子が唐草模様に見えて、花のように美しいからという説もあります。

(*魚へんに花「𩸽」と書いて何と読むかや、魚へんの漢字について詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

魚へんに花「𩸽」と書いて何と読む?由来は?他に魚へんがつく漢字は?
魚へんの漢字の一覧表!名前の由来・読み方・覚え方とともに紹介!

魚へんがつく漢字の魚はさまざま

魚へんがつく漢字は、その由来が漢字のつくりに隠れている魚が多いものの、鯰のように予想が難しい漢字もあります。魚へんの漢字が由来を知ることで、よりその魚の詳細を知ることができます。読み方がわからない魚へんの漢字があれば調べてみましょう。

関連する記事

×