卵とじをふわとろにするやり方は?綺麗&失敗しないコツは混ぜ方にあり?

卵とじの失敗しないやり方・コツを知っていますか?綺麗に作りたいですよね。今回は、〈混ぜ方・加熱方法〉など卵とじのやり方やフワフワな食感に仕上げるコツを紹介します。卵とじが綺麗にできない場合の原因・対処法や卵とじを使った簡単なレシピも紹介するので参考にしてみてくださいね。

目次

  1. 卵とじの失敗しない&綺麗なやり方を知りたい…
  2. 卵とじのやり方のコツは?
  3. ①卵はほどほどに混ぜる
  4. ②溶き卵は2回に分けて入れる
  5. 卵とじをふわとろにするやり方・手順
  6. ①卵の混ぜ方
  7. ②溶き卵の加熱方法
  8. 卵とじの食感を更にフワフワに仕上げるやり方は?
  9. 卵にマヨネーズや砂糖を加えるのがおすすめ
  10. 卵とじが綺麗にできない・失敗する原因と対処法は?
  11. ①ふわとろにならず固まっている場合
  12. ②汁気が強い・上手く卵が固まらない場合
  13. 卵とじを使った簡単なレシピを紹介!
  14. ①卵とじうどん
  15. ②卵ふわふわカツ丼
  16. ③白だしを使った厚揚げと水菜の卵とじ
  17. 卵とじのやり方をマスターしよう

卵とじの失敗しない&綺麗なやり方を知りたい…

主食やおかずには卵とじにするものが多いものの、綺麗にできないと苦手意識を持つ人も少なくありません。上手にフワフワした卵とじができると見映えもよくなるので、やり方を覚えておきたいところです。ここでは綺麗にフワフワな卵とじに仕上がるやり方を、具体的に説明します。

卵とじのやり方のコツは?

卵とじと一口にいってもフワフワに仕上げたいのか、トロトロにしたいのかなどの食感や料理によってやり方が異なります。そして卵とじに失敗しないために、共通するポイントもあるのです。ここでは、綺麗な卵とじにするやり方のコツを説明します。

①卵はほどほどに混ぜる

フワフワした食感の卵とじにしたいなら、卵の混ぜ方はほどほどにするのがポイントです。卵の凝固温度は、白身と黄身では違います。白身がある程度固まり黄身はなめらかさを残しているのが、卵とじとして美味しく食べられる状態です。しっかり卵を混ぜて味を均一化すると、味が単調になるのでおすすめできません。

②溶き卵は2回に分けて入れる

綺麗な卵とじにしたいなら、溶き卵は2回に分けて入れましょう。これは卵を入れるタイミングを2回にすることで下の部分はしっかりと、表面はフワフワと2つの食感が楽しめるようになるからです。最初に溶き卵の2/3、仕上げに1/3を加えて料理すると上手に仕上がります。

卵とじをふわとろにするやり方・手順

卵とじをふわとろに仕上げるには、溶き卵を作る段階での配慮が必要です。卵を混ぜすぎることで、ふわとろの食感にならなくなってしまうからです。ここでは、卵とじをふわとろに仕上げるやり方を説明します。

①卵の混ぜ方

卵の混ぜ方のポイントは、以下の通りです。

・菜箸を使って混ぜる
・卵は50度のお湯を入れたボウルで3分間温めておく
・卵を別なボウルに割り入れ、混ぜ過ぎずに卵白のこしを残す
・卵は調理する直前に混ぜる


卵は白身と黄身が分かれていれば問題なく、特に白身のとろみを残すことが大事です。こしがなくなった白身は固まりにくくなるので、フワフワした食感が出なくなってしまいます。また溶き卵は時間の経過とともにフワフワした食感にならなくなるので、タイミングを間違わないようにしましょう。

②溶き卵の加熱方法

料理に溶き卵を加えて加熱する方法のポイントは、以下の通りです。

・鍋の汁やスープはあらかじめ沸騰させておく
・溶き卵は表面積が大きくなるように一気に入れる
・溶き卵は中心から外側に入れる
・火加減は弱めの中火にする
・蓋をして好みの半熟具合になるまで蒸す
・火を止めて少し蒸らす


卵とじをふわとろに仕上げるにあたり、火を通しすぎないことが大事です。また火加減が弱いと溶き卵と煮汁が混ざり、茶碗蒸しのような仕上がりになることが少なくありません。火の通りすぎを防ぐためには、蓋をして予熱で火を入れるのも有効なので試してみてください。

卵とじの食感を更にフワフワに仕上げるやり方は?

卵とじをよりふわとろの食感に仕上げたい時には、これまで紹介した手順にひと手間加えるのがおすすめです。誰でも簡単にできて、食感が変化する方法があるのです。ここでは、よりフワフワな食感の卵とじに仕上げるやり方を紹介します。

卵にマヨネーズや砂糖を加えるのがおすすめ

卵にマヨネーズや砂糖を加えると、よりフワフワした食感の卵とじになります。マヨネーズを加えるやり方は、以下の通りです。

①卵4個に対し、大さじ1杯のマヨネーズを用意する
②ボウルに卵を割り入れる
③マヨネーズを加える
④菜箸でざっくりと混ぜる


卵を混ぜた時にマヨネーズがダマになっていても、そのまま調理するのがポイントです。卵とじにするために調理する過程で、マヨネーズのダマは溶けてしまうので気にせずに加えましょう。すでに乳化されているマヨネーズを加えた卵とじは冷めても固まりにくく、長時間にわたってふわとろの食感を保ちます。

卵とじが綺麗にできない・失敗する原因と対処法は?

自分なり配慮しているつもりでも卵とじが綺麗にできない場合は、どこかでやり方を間違っている可能性が高いです。ここでは卵とじに失敗する時によく見られる、原因とその対処法について説明します。

①ふわとろにならず固まっている場合

卵とじがふわとろにならず固まっている場合は、卵を混ぜすぎていることが原因と考えられます。卵を混ぜすぎて白身のこしがなくなり、黄身が均一化することで同じような食感になってしまうのです。卵を混ぜる時には菜箸で白身を5~6回切る、溶き卵全体は3~4秒切るように混ぜることを徹底しましょう。

②汁気が強い・上手く卵が固まらない場合

料理の水分が多いことも、上手く卵が固まらない原因となります。卵とじをふわとろに仕上げたい場合は、卵1個に対しだし汁が80cc程度になるように調整しましょう。また鍋の汁やスープ並びに卵の温度が低いと、固まる前に水と卵が乳化してしまい上手に固まりません。汁気は少なめにしてしっかり沸騰させ、温めてから溶いた卵を加えるのがポイントです。

卵とじを使った簡単なレシピを紹介!

いつものメニューも卵とじにするだけで、栄養価も見映えもよくなります。ふわとろの卵とじが料理をラックアップしてくれるので、覚えておくと便利です。ここでは、卵とじを使った簡単なレシピを3つ紹介します。

①卵とじうどん

出典:https://recipe.rakuten.co.jp/recipe/1790010677/

冷凍うどんを使ったレシピで、あらかじめ電子レンジで加熱しておくことで調理時間を短縮しています。調味料を入れて混ぜたタイミングで溶き卵を加えて火を止めるので、ふわふわな食感に仕上がります。酒粕が入っているので、体が温まる一品です。

ぽかぽかふわふわ♪酒粕入りたまごとじうどん レシピ・作り方 by ぷう☆pou|楽天レシピ

②卵ふわふわカツ丼

出典:https://cookpad.com/recipe/3580060

卵をかき混ぜ過ぎないよう徹底して作る、ふわふわな食感のカツ丼です。卵を割って黄身を切ってから、3回しか混ぜないことがポイントとなっています。具材が煮えたら小鍋に卵を入れ、半熟になったら火を止めて盛り付けます。

カツ丼!ふわふわとろとろ!麺つゆで簡単! by Ima3 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが360万品

③白だしを使った厚揚げと水菜の卵とじ

出典:https://recipe.rakuten.co.jp/recipe/1040012191/

手早く副菜を一品増やしたい時に重宝するレシピで、切った厚揚げを白だしと水で煮てから水菜を加えて仕上げます。水菜を入れて1~2分で卵を回し入れ半熟で火を止め、好みの硬さになるまで余熱を入れて仕上げましょう。

白だしde厚揚げ・水菜の卵とじ☆ レシピ・作り方 by アルプスの乙女|楽天レシピ

卵とじのやり方をマスターしよう

今回は混ぜ方並びに加熱方法など卵とじのやり方や、フワフワな食感に仕上げるコツを紹介しました。卵とじはやり方を覚えてしまうと、どんな料理でもふわとろに仕上げられるようになります。卵の混ぜ方や火加減に注意して、美味しい卵とじを作ってみてください。

関連する記事