サゴシの美味しい食べ方・料理は?刺身が一番?人気レシピ11選も紹介!

サゴシ(サワラ)の美味しい食べ方・料理方法を知っていますか?刺身がおすすめの魚です。今回は、サゴシの刺身の捌き方や〈炙り〉など食べ方にくわえ、刺身にする際の〈鮮度・アニサキス・日持ち〉など注意点を紹介します。サゴシの美味しい食べ方・人気レシピ11選も紹介するので参考にしてみてくださいね。

目次

  1. サゴシ(サワラ)とは?どんな魚?
  2. サゴシとサワラの違い
  3. サゴシの旬の時期は秋〜冬
  4. サゴシの捌き方は?
  5. サゴシの美味しい食べ方・料理方法は?刺身が一番?
  6. サゴシの食べ方は生刺身や炙りがおすすめ
  7. 刺身以外でサゴシに合う調理法・料理
  8. サゴシを刺身で食べる時の注意点は?
  9. ①新鮮なサゴシを選ぶ
  10. ②釣った場合はすぐに血抜き・内臓を取り除いて臭みを防ぐ
  11. ③冷蔵保存した場合は1〜3日以内に食べ切る
  12. ④アニサキス対策を忘れない
  13. サゴシの美味しい食べ方・人気レシピ11選!
  14. ①シンプルなサゴシの塩焼き
  15. ②サゴシの竜田揚げ
  16. ③サゴシのムニエル
  17. ④サゴシの洋風天ぷら
  18. ⑤サゴシの煮付け
  19. ⑥サゴシのフライ
  20. ⑦サゴシの西京味噌焼き
  21. ⑧サゴシの照り焼き
  22. ⑨サゴシの幽庵焼き
  23. ⑩昆布締め
  24. ⑪サゴシのピカタ
  25. サゴシを美味しく食べよう

サゴシ(サワラ)とは?どんな魚?

サゴシは魚の名前ですが、あまり聞きなじみがないという人も多いです。腰の部分が狭いので狭い腰と書いて、サゴシという名前が付けられたとも言われていますが、どんな料理に向いているのでしょうか。ここでは、サゴシの特徴や旬の時期などを紹介します。

サゴシとサワラの違い

サゴシはサワラの出世魚で、体長約50cm未満のサワラのことを指しています。サワラと同じスズキ目サバ科に属する回遊魚で、腹の部分が狭いサワラに対して腰の部分が狭くスマートな形が特徴です。カタクチイワシやイカナゴなどの小魚を食べて成長し、体長が80cm以上まで大きくなるとサワラと呼ばれます。

比較的温暖な海水温の地域で生息していて、日本近海でもよく獲れる魚です。サゴシのほか、サゴチやヤナギなどの別名もありますが、どれも同じサワラの出世魚です。

(*サゴシやサワラの呼び名について詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

サゴシとは?サワラとの違いは?旬の時期や捌き方なども紹介!
出世魚「さわら」は大きさで名前が変わる?順番は?地域での別名も紹介!

サゴシの旬の時期は秋〜冬

サワラは漢字で書くと魚へんに春と書くように、春に旬を迎えることで知られていますが、サゴシの旬は秋から冬にかけての寒い時期です。春ごろに産卵するため、産卵前の脂の乗った美味しい時期にあたり、臭みも少ないです。沖に出れば、新鮮なサゴシが釣れるので、釣り人からも人気があります。

サゴシの捌き方は?

サゴシは切り身を買っても良いですが、釣った新鮮な魚を料理しても美味しいです。以下に、サゴシの基本的な捌き方を紹介します。

1.よく洗い、胸びれから包丁を入れて頭を落とす
2.腹を裂き、内臓を取り出す
3.よく洗い流す
4.腹から切り込みを入れ中骨まで包丁を入れる
5.背から包丁を入れ中骨と身を切り離す
6.反対側も中骨と身を離して3枚におろす
7.腹骨をすき取る


サゴシは骨の位置もわかりやすく捌くのも簡単で、魚を捌くのが苦手な人でも取り掛かりやすいです。頭を落とし、中骨と身を切り離して3枚におろせば、色々な料理に使えます。内臓を取り出した後は、しっかり洗い流すことが重要で、血が残っていると臭みの原因になります。

サゴシの美味しい食べ方・料理方法は?刺身が一番?

サゴシはサワラの出世魚なので、味もよく似ていて美味しいです。新鮮なサゴシが手に入った時は色々な料理で楽しめますが、特におすすめの美味しい食べ方を紹介するので、サゴシを食べる時の参考にしてください。

サゴシの食べ方は生刺身や炙りがおすすめ

新鮮なサゴシは生刺身でシンプルに味わうのがおすすめで、魚の臭みもなく旬のサゴシは脂がのっているので格別です。タレは醤油のほか、ポン酢も美味しく、サゴシの脂の旨味も引き立ちます。しかし、サゴシは身が柔らかく皮が薄いので、皮引きが難しい魚です。皮をバーナーであぶった炙り刺身にすると、皮引きの手間を省けます。

刺身以外でサゴシに合う調理法・料理

新鮮なサゴシが手に入った時は刺身や炙りがおすすめですが、ほかにもサゴシに合う食べ方を紹介します。

・塩焼き
・煮付け
・揚げ物
・酢じめ


サゴシは比較的クセのない魚なので、簡単な塩焼きや煮付けも美味しいです。また、身が柔らかくしつこくないので、天ぷらやフライにするとふわふわした食感が楽しめて美味しいです。ほかにも、酢じめにするとさっぱりした風味にサゴシの脂の甘みが引き立つので、おつまみなどに最適です。

関連する記事

×