燻製にすると美味しい食材ランキング22選!定番・変わり種別に紹介!

燻製にすると美味しいおすすめの食材を知っていますか?今回は、燻製にすると美味しいおすすめの食材のランキング22選を〈定番・変わり種〉など系統別に調理法とともに紹介します。意外と相性が良い自宅にある食材も紹介するので参考にしてみてくださいね。

目次

  1. 燻製にしたら美味しいものは?おすすめの食材は何?
  2. まずは燻製の種類を知っておこう
  3. ①冷燻
  4. ②温燻
  5. ③熱燻
  6. 燻製にしたら美味しいおすすめ食材|人気ランキングTOP12【定番】
  7. 12位:鶏のささみ肉
  8. 11位:簡単に作れるちくわ
  9. 10位:鮭
  10. 9位:ホタテ
  11. 8位:たくあん
  12. 7位:自家製スモークチーズ
  13. 6位:ポテトチップスでお菓子の燻製
  14. 5位:たこ
  15. 4位:ベーコン
  16. 3位:手作り燻製ナッツ
  17. 2位:ウインナー
  18. 1位:ゆで卵
  19. 燻製にしたら美味しいおすすめ食材|人気ランキングTOP10【意外・変わり種】
  20. 10位:カレー
  21. 9位:キャンプにおすすめのバームクーヘン
  22. 8位:梅干し
  23. 7位:ドライフルーツ
  24. 6位:餃子
  25. 5位:まずいイメージを払拭する燻製バナナ
  26. 4位:チーズみたいな燻製豆腐
  27. 3位:ししゃも
  28. 2位:明太子
  29. 1位:野菜が食べたい時におすすめの枝豆
  30. おすすめの食材を燻製にして食べてみよう!

燻製にしたら美味しいものは?おすすめの食材は何?

燻製は燻したスモーキーな香りが美味しく、食材をいつもと違った味わいで楽しめる調理法です。キャンプなどのアウトドアで楽しんだり、自宅で燻製器を使ったりする人も増えています。色々な食材を燻製にすることができますが、燻製に合う食材にはどのようなものがあるのでしょうか。今回は、燻製にしたら美味しい食材をランキング形式で22種紹介します。

まずは燻製の種類を知っておこう

燻製を手作りする時は、燻製方法の種類を知っておくと便利です。ここでは、基本的な3種類の燻製方法を紹介するので、自分で燻製を作る時の参考にしてください。

①冷燻

冷燻は名前の通り、低い温度で長時間じっくる燻製する方法です。基本の温度は15~30度程度で、2~4週間かけてじっくり食材を燻します。食材の中に残る水分はごくわずかとなり、しっかり乾燥するので、賞味期限も長くなり保存食を作る時にもおすすめです。

生ハムやスモークサーモンを作るときに使う燻製方法ですが、温度管理や湿度の管理が難しいので初心者には不向きです。冷燻を行う場合は専用の大きな燻製器が必要となり、アウトドアなどで簡易の燻製器で作ることはできません。キャンプなどのアウトドアで、簡単に燻製を楽しみたい人は、他の燻製方法で調理するのがおすすめです。

②温燻

温燻は冷燻よりも高い温度で食材を燻す方法で、30~80度前後で数時間燻製させるのが一般的です。燻製の代表といえば温燻を指すことが多く、食材の内側までしっかりと香りが染み込みます。手作りベーコンなどを作るときにおすすめの燻製方法で、市販の燻製器でも簡単に作れます。

燻製初心者にも人気があり、時間はかかりますが温度の管理が簡単なのでキャンプなどのアウトドアでも楽しめる燻製方法です。冷燻よりも食材の水分が残るので、仕上がりの食感も柔らかくなります。また、熱源とチップを離す必要があるので、少し大きめの燻製器を準備する必要があります。

食材の旨味を引き出すので、たこやホタテなどの魚介類や肉類の燻製にもおすすめです。しかし、出来上がった燻製の保存期間は冷燻よりも短いので、保存食作りには向いていません。

③熱燻

熱燻は温燻よりもさらに高い80度以上の温度で、短時間食材を燻す方法です。簡単で手軽に燻製が仕上がるので、キャンプなどのアウトドア時におすすめします。燻煙をかけながら蒸し焼きにするような調理法なので、食材の食感がしっとりと仕上がる燻製方法です。

高温で調理するため肉や魚の燻製や、加工食品の燻製など短い時間で食材の表面に燻製の香りをつけたい時に向いています。燻製器も販売されているので、キャンプだけでなく自宅でも簡単に燻製作りを楽しむことができます。

燻製にしたら美味しいおすすめ食材|人気ランキングTOP12【定番】

ここでは、燻製におすすめの人気食材を紹介します。スモークの香りがついた美味しい燻製はお酒のおつまみにも最適なので、簡単な作り方とあわせて参考にしてください。

12位:鶏のささみ肉

出典:https://twitter.com/greatpowder777/status/1505176109474017282

【作り方】

1.ささみの筋とりをする
2.しょうゆ、みりん、酒で調味液を作る
3.調味液につけて下味をつける
4.表面の水分をよくふき取る
4.温燻で1〜2時間程度しっかり火を通す

鶏のささみはたんぱく質が豊富で脂肪が少なく、ダイエット中や健康志向の人にも人気の食材です。適度に乾燥された噛み応えと、肉の旨味が凝縮してお酒のおつまみによく合います。先に下味をつけておくことで余分な水分が抜けて、しっかりした味わいに仕上がります。燻製前によく水分をふき取り、軽く表面を乾燥させると失敗もありません。

味付けは塩コショウだけでも美味しいですが、醤油やみりんなどを使って濃い目に味付けると鶏チャーシューのような味わいが楽しめる燻製になります。

黄鳩

@karaage_pgn

燻製肉もいいですね、ささみがすきです。たんぱくな味わいなので燻製の味がよく感じられると思います。

11位:簡単に作れるちくわ

関連する記事

×