山形のさくらんぼ狩りの時期・季節はいつ?果樹園のおすすめも紹介!

山形のさくらんぼ狩りの時期・季節はいつか知っていますか?今回は、さくらんぼ狩りの時期・季節を〈山形・関東・北海道〉など場所や品種別に一覧で紹介します。山形でさくらんぼ狩りにおすすめな果樹園も紹介するので参考にしてみてくださいね。

目次

  1. さくらんぼ狩りの時期・季節は?名産地「山形」では何月がシーズン?
  2. 名産地「山形」のさくらんぼ狩りの時期は6〜7月頃が一般的
  3. 山形以外でのさくらんぼ狩りの時期・季節
  4. さくらんぼ狩りの時期・季節は『品種』によっても異なる
  5. ①早生種
  6. ②中生種
  7. ③晩生種
  8. 山形でさくらんぼ狩りに行くなら?果樹園のおすすめは?
  9. ①上山フルーツ園(山形チェリーランド)
  10. ②大町さくらんぼ園
  11. ③鈴木さくらんぼ園
  12. ④王将果樹園
  13. さくらんぼ狩りの時期・季節になったら行ってみては?

さくらんぼ狩りの時期・季節は?名産地「山形」では何月がシーズン?

さくらんぼは近年、高級な品種も販売されている人気の果物ですが、さくらんぼ狩りで新鮮なさくらんぼを味わえる時期や地域は限られています。さくらんぼの名産地で知られる山形でのシーズンについてなど、さくらんぼ狩りについて詳しく解説します。

名産地「山形」のさくらんぼ狩りの時期は6〜7月頃が一般的

山形でのさくらんぼ狩りの時期は6~7月頃が一般的ですが、さくらんぼの栽培はハウス栽培と露地栽培とで以下のような時期の違いがあります。

・ハウス栽培:4月下旬~6月上旬
・露地栽培:6月上旬~7月中旬


さくらんぼの名産地である山形では長い期間さくらんぼを楽しめるように、ハウス栽培と露地栽培とで期間をずらして栽培されています。しかし、さくらんぼ狩りができるハウス栽培の農園はほとんどないため、6~7月にかけて露地栽培のさくらんぼが最盛期になる時期がさくらんぼ狩りができる時期になります。

山形以外でのさくらんぼ狩りの時期・季節

山形以外でのさくらんぼ狩りの時期は以下のとおりです。

・関東:6月中旬~7月中旬
・山梨:5月下旬~7月上旬
・北海道:7月中旬~8月上旬
・長野:6月上旬~7月上旬


山形以外で最も早くさくらんぼ狩りができるのは、さくらんぼ以外のぶどうや桃狩りなどでも有名な山梨県です。山梨でのさくらんぼ狩りは2か月間と、ほかの地域よりも長い期間で楽しむことができるようです。どの地域でも言えることですが、農園によってもさくらんぼ狩りができる時期が異なるので、事前に確認することをおすすめします。

*山梨県にある観光農園「山口農園」では6月からさくらんぼを随時発送しています。もちろん直接行ってもいいですが、甘くて大きなさくらんぼを自宅で楽しめる通販もおすすめです!ちそうの編集部では山口農園で作っている人気品種「佐藤錦」「紅秀峰」を取材しました!気になる方は読んでみてください。

まるで食べる宝石!感動の大粒さくらんぼ【山口農園】

さくらんぼ狩りの時期・季節は『品種』によっても異なる

さくらんぼは品種によって収穫できる時期や季節が異なるので、さくらんぼ狩りをする時期によって穫れる品種が変わります。ここでは、さくらんぼの主な品種を時期ごとに解説するので、いつさくらんぼ狩りに行くか決める際の参考にしてください。

①早生種

さくらんぼの中で最も早い時期に収穫できる品種である、早生種に分類される品種は以下のとおりです。

・紅ゆたか:6月中旬
・紅さやか:6月初旬~中旬
・高砂:6月初旬


最も早い6月初旬頃から収穫できる品種を早生種と呼び、早生種のさくらんぼは全体的に小粒な品種であることが特徴です。小粒であるものの果肉の色づきは赤く、紅さやかは特に甘みがあり人気の品種で、早生種の中で最も収穫量が多いようです。

②中生種

さくらんぼの最盛期である、6~7月頃に収穫される中生種の主な品種は以下のとおりです。

・佐藤錦:6月中旬~7月上旬
・月山錦:6月上旬~7月中旬
・紅きらり:6月下旬


さくらんぼ全体の中でも最も収穫量が多いとされる品種は佐藤錦で、大粒で果汁も多く甘みが強いのが特徴で、等級によって高価な値段で売られているものもあります。ほかにも中生種の品種は数多くあるので、この時期が最もさくらんぼ狩りに向いている時期と言えるでしょう。

③晩生種

さくらんぼの中で最も遅い時期に収穫され、晩生種に分類される主な品種は以下のとおりです。

・紅秀峰:6月下旬~7月中旬
・七夕錦:7月上旬
・紅てまり:7月上旬~中旬


最も収穫量の多い佐藤錦の季節が終わる、6月下旬頃から収穫量が増えるのが、晩生種である紅秀峰と呼ばれる品種で大粒で甘く人気があります。果肉が硬めで日持ちが良いため、輸送にも適した品種として知られます。さくらんぼ狩りができるのは遅くても7月いっぱいなので、それまでに行くことをおすすめします。

山形でさくらんぼ狩りに行くなら?果樹園のおすすめは?

山形には数多くのさくらんぼ農園がありますが、さくらんぼ狩りにおすすめの果樹園を紹介するので選ぶ時の参考にしてください。

①上山フルーツ園(山形チェリーランド)

出典:https://www.k-fruit.jp/

・住所:山形県上山市三上1241-47
・営業時間:8時~16時
・料金:中学生から2,000円・3,000円・5,500円 
    小学生1,000円・1,500円・800円(税込) 未就学児無料
・主な品種:紅さやか、佐藤錦
・開催時期:6月5日~7月5日頃
・予約の有無:当日でOK


さくらんぼ以外にぶどうやプラムなどを栽培していて、時期によって様々な果物狩りを楽しめる果樹園です。さくらんぼ狩りは人気の紅さやかや佐藤錦のほかに、農園独自に開発した大将錦や、黄色いさくらんぼの月山錦なども楽しめます。品種によって料金や穫れる時期が異なるので、事前に確認するのがおすすめです。

上山観光フルーツ園

②大町さくらんぼ園

出典:https://twitter.com/ipxkOURZNGYa4sg/status/1275966332689760256

・住所:山形県天童市大町1880
・営業時間:9時~16時
・料金:大人1,500円、子供(3歳以上小学生以下)1,200円 
・主な品種:紅さやか、佐藤錦、紅秀峰
・開催時期:6月15日~7月7日
・予約の有無:当日でOK

大町さくらんぼ園は広い農園で、のびのびとさくらんぼ狩りを楽しめ、ペットも一緒に連れていくことも可能です。紅さやか・正光錦が6月から、その後佐藤錦・紅秀峰と、品種によって収穫できる時期が異なるので何が収穫できるか確認するとよいでしょう。

大町さくらんぼ園

③鈴木さくらんぼ園

出典:https://sakuranbouya.com/

・住所:山形県鶴岡市西片屋片貝112-1
・営業時間:9時~17時(16:20最終入場)
・料金:小学生以上1,500円
(税込) 、小学生未満800円(税込)、3歳未満無料 
・主な品種:紅さやか、紅ゆたか、佐藤錦
・開催時期:6月初旬~7月初旬
・予約の有無:必須(ホームページから予約可能)


有機肥料の使用や減農薬を心がけている鈴木さくらんぼ園では、広い農園でゆったりとその時期によって穫れるさくらんぼを味わえます。農園独自のイベントを開催する可能性もあるので、ホームページで日程などを確認してみてください。

鈴木さくらんぼ園

④王将果樹園

出典:https://twitter.com/py9AA4HgixtNiu7/status/1427131017396060163

・住所:山形県天童市大字川原子1303番地
・営業時間:9時~15時
・料金:大人1,650~2,700円

    子ども1,320~2,370円 未就学児770~1,820円
    ※時期による変動有り
・主な品種:佐藤錦、紅秀峰
・開催時期:6月初旬~7月初旬
・予約の有無:必須(ホームページから予約可能)


王将果樹園ではさくらんぼのほか、ぶどうやりんごなどの果物狩りを楽しめ、カフェやお店も併設しています。時期によって料金を変える変動料金制を導入しており、食べ放題の時間によっても細かく料金が分かれているので、詳しくはホームページを確認してください。

王将果樹園

さくらんぼ狩りの時期・季節になったら行ってみては?

つややかな見た目の甘いさくらんぼは旬の季節が短く、時期を逃すとなかなか食べられない果物です。さくらんぼ狩りの時期・季節には、農園に足を運んで新鮮なさくらんぼを味わってみてください。

関連する記事

×