ふさおとめの特徴・評判は?味はまずい?あきたこまちなどと違いも比較!

ふさおとめとはどんなお米の品種か知っていますか?特徴が気になりますよね。今回は、ふさおとめの<食味ランキング&等級・値段は安いか>などの特徴や、<美味しい・まずい>などの口コミ・評価を紹介します。ふさおとめとコシヒカリ・ふさこがねの違いや、おすすめ商品も紹介するので参考にしてみてくださいね。

目次

  1. ふさおとめとは?どんな特徴のお米・品種?
  2. ふさおとめは千葉県で開発されたお米
  3. ふさおとめは早場米なのが特徴
  4. ふさおとめの価格・値段
  5. ふさおとめの食味は?まずい?美味しい?【口コミ・評価】
  6. ふさおとめの等級・食味ランキング
  7. ふさおとめをまずいと感じる場合の理由・原因
  8. ふさおとめに向いている食べ方・合う料理
  9. ふさおとめとあきたこまち・コシヒカリの違いは?比較して紹介!
  10. ふさおとめとあきたこまちの違い
  11. ふさおとめとコシヒカリの違い
  12. ふさおとめとふさこがねの違い
  13. ふさおとめの美味しい炊き方は?
  14. ふさおとめの通販商品のおすすめ3選!安く買うならここ!
  15. ①令和3年産 千葉県産ふさおとめ5kg(2,600円)
  16. ②千葉産ふさおとめ 令和3年産精米5kg(1,900円)
  17. ③令和3年産 千葉県産ふさおとめ つきたて白米5kg(2,299円)
  18. ふさおとめを食べてみよう

ふさおとめとは?どんな特徴のお米・品種?

日本人の主食であるお米の、より美味しく育てやすい品種の研究は、かねてから取り組まれてきました。ふさおとめと呼ばれるお米は、そのような研究の中で開発された品種のひとつです。この記事では、ふさおとめの味や食感、他のお米品種との違いなどを紹介します。

ふさおとめは千葉県で開発されたお米

ふさおとめは、千葉県の農業試験場で1990年に誕生したお米です。福井県で開発されたハナエチゼンと、宮城県のひとめぼれを交配させて開発されました。ふさおとめという名前は、千葉県房総半島の房と、白くふっくらとしてつやのある炊き上がりをイメージした乙女が由来です。一般公募により1997年に名付けられ、1998年に初出荷されました。

ふさおとめは早場米なのが特徴

ふさおとめの1番の特徴は、早場米であることです。早場米とは、お米の通常の出荷時期よりも早い時期に、他に先駆けて出荷される米のことを指します。通常の新米の出荷時期は10月ですが、早場米の出荷は8月や9月、早いものであれば6月頃になるお米もあります。

ふさおとめが開発された千葉県では、お米の収穫時期に利根川の下流域で、洪水が発生する可能性が高いことが問題でした。この洪水を回避するために早場米の開発が行われ、誕生したのがふさおとめです。ふさおとめは、8月中旬から下旬にかけて収穫されます。関東地域では最も早く収穫されるお米であり、千葉県内でもよく見られるお米の品種として有名です。

ふさおとめの価格・値段

ふさおとめの価格は10kg当たり、3,500〜4,500円程度になります。有名産地のブランド米では10kg当たり6,000円以上もするお米もあるので、比較的購入しやすく安いお米であると言えます。

ふさおとめの食味は?まずい?美味しい?【口コミ・評価】

ふさおとめは千葉県で誕生した、収穫時期が早いことが特徴のお米です。お米は毎日口にするものなので、やはり味わいや食感が気になります。ここからは、ふさおとめの味わいや食味ランキングの結果、美味しい食べ方やふさおとめに合う料理について紹介します。

ふさおとめの等級・食味ランキング

ふさおとめは米の粒が大きくつやもあり、粘りが控えめであっさりとした食味が特徴です。毎年実施されているお米の食味ランキングで、ふさおとめの令和3年度の評価はA’でした。これは、審査の基準となる複数産地のコシヒカリのブレンド米と、同等の評価であることを示しています。

つまりふさおとめは、評価の基準となるコシヒカリと肩を並べる味わいであることを意味しており、ふさおとめは一般的に美味しいお米であると言えます。

はむママ

@kauta1111

TVで食品が色々値上がりしてるらしいけど、小麦粉やパンやマーガリン、ポテチとか。まあワシは今年は米を沢山食べる事にしたからあんまり影響ない。千葉県産の「ふさおとめ」旨いよ。冷めてもおいしい。5kgで1390円、安すぎて涙がちょちょぎれる。

不自由な尻🌻

@SushiBae_61E

でもなんでかわかんないけど、私は北海道米と相性が悪い。「ゆめぴりか」も「ななつぼし」も炊き方いろいろ試したけどダメで、今月は本州に戻って千葉の「ふさおとめ 」初めて食べたけどサッパリしてておいしい!水量はコシヒカリと同じだし炊きやすい☺️🍚💕

Yusaku

@yusaku_c5

お米。ふだんは親戚から送ってもらっているが、今は千葉の「ふさおとめ」。つやつやもっちりでおいしい。早生だそうだから、来年は 9 月の新米でいただこうか。その頃は田舎からの供給がとだえがちなので。

ふさおとめをまずいと感じる場合の理由・原因

食味ランキングでは比較的高い評価を得ているふさおとめですが、中には味がまずいという人もいます。そのような人は、ふさおとめがそもそも口に合わない可能性があります。ふさおとめは粘りが少なくあっさりした食感が特徴なので、しっかり粘りがあって甘みやうま味を感じるお米が好きな人には、あまり美味しく感じられません。

ふさおとめがまずいと感じるのは、調理方法・保存方法に問題があることも考えられます。ふさおとめは粘りが少ないので、炊飯時の水量が少なければパサついた食感になってしまいます。長期保存は、味・つや・粘りなどの食味が悪くなる原因のひとつです。臭いが強いものと一緒に保存すると、臭いがお米に移ってしまうこともあります。

ふさおとめに向いている食べ方・合う料理

ふさおとめに向いている食べ方や合う料理は、以下の通りです。

【向いている食べ方】
・おにぎり
・弁当
・お茶漬け

【合う料理】
・丼物
・カレーライス
・卵かけご飯


炊き立てのふさおとめが美味しいのは言うまでもありませんが、冷めても美味しく食べられるのが、ふさおとめの特徴です。そのため弁当やおにぎりのお米にふさおとめを使うと、時間がたっても美味しく食べられます。ふさおとめの冷やご飯でお茶漬けを作ると、熱いお茶を注いでもお米がやわらかくなりにくく、お米の粒が立って食べごたえを感じます。

ふさおとめは丼物やカレーライス、卵かけご飯などのお米にもおすすめです。これらの料理は、水分含有量が少なく粘りが控えめな米がよく合うため、ふさおとめは最適です。ふさおとめは米自体の味わいがあっさりしているので、丼の具材やカレーのルゥの味わいを引き立てる役割も果たします。

ふさおとめとあきたこまち・コシヒカリの違いは?比較して紹介!

お米の品種改良が進み、現在は数多くのお米の品種が存在しています。ここからは、ふさおとめを他のお米の品種と比較したときの違いを解説します。

ふさおとめとあきたこまちの違い

ふさおとめとあきたこまちの違いは、以下の通りです。

・ふさおとめの方が炊き上がりの色合いや、つや感がよい
・あきたこまちの方が粘りがあり、食感に弾力を感じる

あきたこまちはコシヒカリなどを交配して開発された、秋田県で1984年に誕生したお米です。コシヒカリを親に持つ品種なので、味わいのバランスがよいのが特徴です。

粒の食感や味わいの強さはあきたこまちの方が若干強く、ふさおとめはあっさりした食味であることも違いに挙げられます。そのため丼物やカレーライスに合わせるならば、ふさおとめの方がおすすめです。

ふさおとめとコシヒカリの違い

ふさおとめとコシヒカリの違いは、以下の通りです。

・ふさおとめの方が炊き上がりの色合いや、つや感がよい
・コシヒカリの方が粘りや香り、甘みがある


コシヒカリは1956年に新潟県で誕生した、日本を代表するブランド米です。見た目・食感・食味に優れたお米で、夏でも気温が上がらない北海道を除く、日本各地で栽培されています。

コシヒカリは特徴がわかりやすいお米なので、ふさおとめとの違いも顕著です。コシヒカリの方が口に含んだときの甘みや香りは強く、ふさおとめは淡白な味わいです。弾力や粘りについても、コシヒカリの方がしっかり感じられます。

ふさおとめに軍配が上がるとすれば、炊き上がりの色つやです。名前の由来にもなった、乙女を連想させる白くてつやのある炊き上がりは、コシヒカリに引けを取りません。

ふさおとめとふさこがねの違い

ふさおとめとふさこがねの違いは、以下の通りです。

・ふさおとめの方が色合いやつや感がよく、あっさりした味わい
・ふさこがねの方が米の粒が大きく、食感に弾力がある


ふさこがねは、ふさおとめなどを交配して2006年に千葉県で開発された品種です。千葉県ではコシヒカリの次に栽培されており、高い人気を誇っています。ふさおとめの血を受け継いでいるだけあり、ふさこがねの収穫も8月中旬頃から始まります。ふさおとめよりも病気や高温に強く、育てやすい品種であることも、盛んに栽培されている理由のひとつです。

味わいについては、ふさこがねの方がやや食味がよく、粘りや香りもあります。炊き立てのお米を美味しく食べたいのであれば、ふさこがねがおすすめですが、見た目の美しさに関してはふさおとめも遜色ありません。

ふさおとめの美味しい炊き方は?

ふさおとめの美味しい炊き方の手順は、以下の通りです。

①米は2〜3回水を変えながら、やさしく洗う
②米を水に漬ける時間は、夏場は30分、冬場は1時間程度
③炊き上がったらすぐに、しゃもじでほぐすようにかき混ぜる


最近は精米技術が発達しているので、力を入れてお米を研ぐ必要はありません。研ぎ汁が透明になるまで水を替えると、お米の旨味まで逃してしまうので、2〜3回程度で十分です。お米を水に漬ける時間について、古米は上記の時間でよいですが、収穫から間もない新米はお米の表面が固いため、2時間程度漬けるようにしてください。

炊き上がったら、ご飯をしゃもじですくい上げるようにして上下を返し、お米の粒をつぶさないように切るようにしてほぐします。空気に触れさせて余分な水分を飛ばし、米粒の間に空気を含ませることでほぐれやすく、食べやすくなるのです。

炊飯器によっては、お米の銘柄によって最適な炊飯になるよう自動調整する、銘柄炊き機能がついているものがあります。そのような機能も活用しながら、お米を美味しく炊き上げてください。

ふさおとめの通販商品のおすすめ3選!安く買うならここ!

ふさおとめは炊き上げたときの見た目が美しく、あっさりした味わいで食べやすい割に、値段が手頃なお米です。ここからは、通販で安くふさおとめが買える、おすすめの購入先を紹介します。

①令和3年産 千葉県産ふさおとめ5kg(2,600円)

出典:https://item.rakuten.co.jp/komeyatakagi/10000043/

千葉県内でお米の出荷量1位を誇る地域、香取で作られたふさおとめです。お米の品質を厳しく検査し、丁寧に梱包されて届けられます。鮮度を保ちやすい5kgという少量ずつ注文できて、送料無料なのが助かります。

令和3年産 千葉県産ふさおとめ 5kg 送料無料|米屋 たかぎ|楽天市場

②千葉産ふさおとめ 令和3年産精米5kg(1,900円)

出典:https://item.rakuten.co.jp/uchino-b/949644/

毎日食べるお米だからこそ、できるだけ低価格で購入したい、という望みを叶えてくれる商品です。送料はかかりますが、重いお米を家まで届けてもらえるのは助かります。お米が大好きで、毎日お米をしっかり食べたい家庭におすすめです。

千葉産 ふさおとめ 令和3年産 精米5kg|内野米穀|楽天市場

③令和3年産 千葉県産ふさおとめ つきたて白米5kg(2,299円)

出典:https://item.rakuten.co.jp/komean-sugasawa/1363701/

このふさおとめも、千葉県の香取で作れられています。発送直前に精米したお米を届けてくれるので、つきたての美味しさを味わうことができます。送料無料なので、食べたいと思ったときに気兼ねなく注文できるのがうれしいポイントです。

令和3年産 千葉県産 ふさおとめ つきたて 白米 5kg|こめ庵|楽天市場

ふさおとめを食べてみよう

ふさおとめは千葉県で開発されたお米の品種で、関東で最も早く、8月に収穫されるお米です。炊き上がりの美しさはコシヒカリに劣らず、あっさりした味わいは丼物やカレーライスによく合います。この記事を参考にして、千葉県で収穫された美味しいふさおとめを食べてみてください。

関連する記事

×