ポーチドエッグの電子レンジでの作り方は?爆発する?固めにするコツも紹介!

ポーチドエッグの電子レンジでの簡単な作り方を知っていますか?今回は、ポーチドエッグの電子レンジでの作り方を、爆発を防ぐポイントなどと紹介します。ポーチドエッグを2個以上まとめてレンジで作れるかや、100均でも買える便利グッズも紹介するので参考にしてみてくださいね。

目次

  1. ポーチドエッグを電子レンジで簡単に作りたい…
  2. ポーチドエッグの電子レンジでの簡単な作り方は?
  3. 材料・準備物
  4. 作り方の手順・ポイント
  5. ポーチドエッグを電子レンジで作る時のポイントは?爆発の危険性も?
  6. ポーチドエッグが爆発する危険性がある理由
  7. ポイント①黄身に穴を2〜3箇所開ける
  8. ポイント②深さのある容器を使い水に完全を浸ける
  9. ポイント③お酢を入れる
  10. ポイント④固めにしたい場合は10秒ずつ加熱して様子を見る
  11. ちなみにポーチドエッグを電子レンジで2個以上まとめて作れる?
  12. ポーチドエッグをまとめて作りたい時は鍋がおすすめ
  13. レンジでポーチドエッグが簡単に作れる便利グッズも!
  14. ①電子レンジエッグポーチャー(1,430円)
  15. ②レンジで簡単温玉風とろ~りたまご(438円)
  16. ③レンジで簡単ポーチドエッグ(110円)
  17. ポーチドエッグを電子レンジで簡単に作ろう

ポーチドエッグを電子レンジで簡単に作りたい…

ポーチドエッグは卵料理の一つですが、作るにはやや手間が掛かります。今回は、手間の掛かるポーチドエッグを簡単に電子レンジで作れる方法を紹介します。ヒルナンデスや家事ヤロウなどのメディアでも紹介され、作り方を知れば電子レンジで失敗せず、簡単に作れるようになるので参考にしてください。

ポーチドエッグの電子レンジでの簡単な作り方は?

ここからは、電子レンジを使ったポーチドエッグの作り方を紹介します。爆発させずに綺麗で美味しいポーチドエッグを作るために、事前に準備物などをしっかりと確認してください。

材料・準備物

・卵
・水
・爪楊枝
・深さのある耐熱容器
・ラップ(水を使わない場合)

作り方の手順・ポイント

レンジでのポーチドエッグの作り方やポイントは以下の通りです。

1、深さのある耐熱容器に卵を割り入れる
2、卵が完全に漬かるまで水を入れる
3、卵の黄身にほど2~3か所穴を開ける
4、600Wの電子レンジで50秒加熱する

500Wの電子レンジを使う場合は1分、700Wの場合は40秒ほどを目安に加熱して、様子を見ながら加熱時間を足してください。ラップを使わずに作る場合は、爆発を防ぐために必ず水を注いで卵に穴を開けてから加熱をします。

ラップを使う場合は、小さくて深さのあるカップなどにラップを敷いて卵を割り落とします。卵をラップで優しく包んで、カップごと500Wの電子レンジで50秒ほど加熱をしてください。ラップで包めば黄身に穴を開けなくても爆発の恐れは少ないですが、念のために数か所穴を開けておくと安心です。

ポーチドエッグを電子レンジで作る時のポイントは?爆発の危険性も?

卵を電子レンジで加熱させると、爆発をして火傷やケガを負う危険性があるので注意が必要です。ここでは、卵が爆発をする危険性の理由や爆発させないためのポイントを紹介します。

ポーチドエッグが爆発する危険性がある理由

生卵を電子レンジで加熱すると、卵の黄身が電子レンジの圧力に耐えられず、黄身を覆う卵黄膜が破裂するために爆発が起こります。爆発すると電子レンジの扉が開くほど大きな衝撃があり、ケガや飛び散った黄身や白身で火傷をする恐れがあります。爆発して散らばった黄身や白身の掃除も大変なので、電子レンジで卵を加熱する際は注意が必要です。

ポイント①黄身に穴を2〜3箇所開ける

黄身に爪楊枝やフォークで数か所穴を開けることで、卵黄膜の内側に溜まる熱の逃げ道ができ、爆発を防ぐことができます。大きな穴を開けると、卵黄が崩れてしまい綺麗なポーチドエッグにならないので、必ず爪楊枝など先の細いもので穴を開けてください。

ポイント②深さのある容器を使い水に完全を浸ける

ラップを使用せずに、爆発を起こさないようにするには水の量も重要です。卵を完全に水に浸けて加熱することで、黄身は半熟状態のまま白身だけ柔らかく固まります。耐熱容器の深さが足りないと、卵の表面が水から出た状態で加熱してしまう恐れがあるので、マグカップなどを使うのがおすすめです。

ポイント③お酢を入れる

お酢には、たんぱく質である白身を凝固させる働きがあります。そのため、お酢を入れると黄身を覆うように白身が素早く綺麗に固まります。水といっしょに小さじ1程度のお酢を耐熱容器に入れてから、ラップをせずに加熱してください。

ポイント④固めにしたい場合は10秒ずつ加熱して様子を見る

白身や黄身を固めに仕上げたい場合には、以下の加熱時間を目安にしてください。

・500W:1分20秒
・600W:1分
・700W:50秒


ポーチドエッグは、白身を割った時に流れ出る黄身が魅力の料理ですが、固めが好きな場合は好みで加熱時間を延ばしてください。加熱時間を延ばす際は、目安の時間で加熱後に10秒ずつ小刻みに延長させると加熱のしすぎを防げます。加熱をしすぎるとポーチドエッグではなく、茹で卵になってしまうので注意してください。

ちなみにポーチドエッグを電子レンジで2個以上まとめて作れる?

ポーチドエッグを2個以上まとめて作りたい場合でも、電子レンジで作れるのでしょうか。ここからは、2個以上まとめてポーチドエッグを作る場合におすすめの作り方を紹介します。

ポーチドエッグをまとめて作りたい時は鍋がおすすめ

ポーチドエッグをまとめて複数個作りたい場合は、電子レンジではなく鍋がおすすめです。複数個を電子レンジでまとめて作ると、加熱時間の調整が難しく失敗してしまう恐れがあります。鍋で作る場合は、約1lのお湯に対して50ml程度のお酢を入れて作ってください。

鍋で綺麗なポーチドエッグを作るにはコツが必要ですが、火加減などポイントを抑えて作れば簡単に作れるようになります。

レンジでポーチドエッグが簡単に作れる便利グッズも!

ここでは、電子レンジで簡単にポーチドエッグが作れる専用のグッズを3つ紹介します。専用グッズを使えば、耐熱容器などの準備をする手間が省けて、より綺麗に作ることができるのでおすすめです。

①電子レンジエッグポーチャー(1,430円)

出典:https://item.rakuten.co.jp/smart-technica/5028420201239/

水を入れて電子レンジで1分加熱するだけで、ポーチドエッグが作れるグッズです。蓋が付いているので熱の入りが良く、簡単で綺麗なポーチドエッグが作れます。ザルも付いており、出来上がったポーチドエッグの引き上げや水切りも簡単です。

電子レンジエッグポーチャー【楽天市場】

②レンジで簡単温玉風とろ~りたまご(438円)

出典:https://item.rakuten.co.jp/colorfulbox/352699/

特許を取得したたまごポケットの構造によって、白身が黄身を包み込んでくれます。卵がお湯の中心にくるので、均一に加熱され綺麗で美味しいポーチドエッグが作れる便利グッズです。爪楊枝で黄身に5か所ほど穴を開けてから加熱するので、爆発の心配も少ないです。

レンジで簡単温玉風とろ~りたまご【楽天市場】

③レンジで簡単ポーチドエッグ(110円)

出典:https://item.rakuten.co.jp/hyakuemon/sana-d5765/

こちらの商品は現在売り切れとなっていますが、ダイソーなどの100均で購入ができるグッズです。600Wの電子レンジで、1分20秒加熱するだけで簡単にポーチドエッグが作れます。安価なので、便利グッズを試しに使ってみたい人におすすめです。

レンジで簡単ポーチドエッグ【楽天市場】

ポーチドエッグを電子レンジで簡単に作ろう

電子レンジを使えば、鍋や大量の水を準備せずに簡単で美味しいポーチドエッグが作れます。爆発や失敗を防ぐためには、紹介したポイントを抑えて作りましょう。電子レンジでポーチドエッグが作れるようになれば、いつもの食事をワンランク上げることができるので参考にしてみてください。

関連する記事

×