卵焼きの保存方法・期間は?冷凍で日持ちできる?作り方や作り置きレシピのおすすめも紹介!

卵焼きの保存方法を知っていますか?今回は、卵焼きを<冷凍・冷蔵>で保存する方法・ポイントや、冷凍保存向きの作り方のコツに加えて解凍方法を紹介します。卵焼きの日持ち期間の目安や賞味期限が切れた場合の特徴、冷凍保存向きのレシピも紹介するので、参考にしてみてくださいね。

目次

  1. 卵焼きの保存方法は?冷凍できる?
  2. 卵焼きは冷凍保存で日持ちする
  3. 卵焼きを短期間保存する場合は冷蔵でも問題ない
  4. 卵焼きを保存する際のポイントは?
  5. ①空気に触れないようにする
  6. ②冷ましてから冷蔵庫に入れる
  7. 卵焼きを冷蔵での保存方法・期間は?
  8. 卵焼きを冷蔵保存する方法
  9. 卵焼きの冷蔵での保存期間
  10. 卵焼きの冷凍での保存方法・期間は?
  11. 卵焼きを冷凍保存する方法
  12. ポイント①小分けして冷凍保存する
  13. ポイント②急速冷凍する
  14. ポイント③フリーザーバッグやタッパーに入れる
  15. 卵焼きの冷凍での保存期間
  16. 卵焼きの冷凍保存向きの作り方・焼き方のコツは?
  17. ①しっかり火を通して作る
  18. ②マヨネーズを入れる
  19. ③砂糖や片栗粉を入れる
  20. ④だし汁は使わない
  21. 卵焼きを解凍する方法は?
  22. ①自然解凍する
  23. ②電子レンジを使って解凍する
  24. 卵焼きの賞味期限が切れた時の見分け方は?
  25. 卵焼きの賞味期限が切れた場合の特徴
  26. 冷凍向きの美味しい卵焼きの人気レシピ
  27. ①マヨネーズ入りの卵焼き
  28. ②片栗粉と砂糖入りの卵焼き
  29. ③顆粒だしのだし巻卵焼き
  30. 卵焼きをうまく保存して美味しく食べよう

卵焼きの保存方法は?冷凍できる?

卵焼きは、朝ご飯やお弁当の定番として人気のおかずです。毎日卵焼きを食べている家庭も多いですが、毎回卵焼きを作るのは手間や時間がかかります。卵焼きは多めに作り置きしておけると便利ですが、美味しく日持ちさせる保存方法はあるのでしょうか。

卵焼きは冷凍保存で日持ちする

卵料理は劣化が早いおかずであるため、卵焼きも調理後はすぐに食べ切るのが基本です。しかし、卵焼きは冷蔵あるいは冷凍で保存すればある程度は日持ちさせることができます。特に冷凍保存は長く保存することができるので、卵焼きをすぐに食べない場合におすすめです。

卵焼きを短期間保存する場合は冷蔵でも問題ない

卵焼きを翌日のお弁当のおかずに入れる時や数日のうちに食べる場合は、冷蔵室で保存しても問題ありません。なお、常温での保存は菌が繁殖しやすくなるため、数時間に留めてください。特に夏場などの暑い季節には、食中毒の危険性があるので卵焼きを常温で放置するのは避けましょう。

(*卵焼きの日持ち・保存方法について詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

卵焼きの作り置きは日持ちする?冷蔵庫・冷凍・常温など保存法別に比較して紹介!

卵焼きを保存する際のポイントは?

卵焼きの保存方法を間違えると、水分が抜けて乾燥し味も落ちてしまいます。卵焼きを美味しく保存するには、どのような点に気をつけたらよいのでしょうか。卵焼きを保存する際のポイントについて解説します。

①空気に触れないようにする

卵焼きを保存する際は卵焼きが空気に触れないようにすることが重要なので、卵焼きをしっかりとラップで包んで密閉式の保存袋に入れて空気を抜き、密閉して保存してください。こうすることで、卵焼きの酸化による風味や食感の劣化を防ぐことができます。

②冷ましてから冷蔵庫に入れる

焼いた卵焼きを冷蔵室に入れる前には、必ず卵焼きを冷ましておいてください。温かいままの卵焼きを冷蔵室に入れると、結露によって水滴が付いて傷みやすくなり、味や食感も損なわれます。卵焼きを保存する時は、卵焼きがしっかり冷めて粗熱が取れてからラップに包んで保存袋に入れましょう。

卵焼きを冷蔵での保存方法・期間は?

作った卵焼きを短時間保存するなら、冷蔵室での保存がおすすめです。卵焼きを冷蔵室に入れる場合は、どのような方法で保存したらよいのでしょうか。卵焼きの冷蔵保存方法や賞味期限について紹介します。

卵焼きを冷蔵保存する方法

関連する記事

×